読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器公式ブログ

全国展開している総合楽器店のスタッフが、音楽や楽器の楽しさや、楽器店にまつわるお話をお伝えします。

2016年春 弦楽器ヨーロッパ買付レポート プラハ編 その4

弦楽器の話

皆様こんにちは!島村楽器みなとみらい店 楽器アドバイザーの石井と申します。
この春、弊社マイスター茂木顕、島村楽器シマムラストリングス秋葉原 リペアマン鍵主有三と3人で、皆様にご紹介する楽器を買い付けて参りました。
今回は、プラハ、パリ、ブリュッセル、フランクフルト、そしてクレモナと各所を訪れ、たくさんの楽器・弓・人と出会うことが出来ましたので、報告させていただきます!

今回は前回までのプラハでのミッションを終え、次の土地パリへ出発!



その前に合間を見てプラハを弾丸観光。
f:id:shimamura-music:20160507175147j:plain


今回が人生初の海外旅行という鍵主さんのためにも、プラハのランドマークであるプラハ城を見に行かないわけには行きません。ということで、タクシーをピックアップして城内へ。
f:id:shimamura-music:20160507175205j:plain
f:id:shimamura-music:20160507175213j:plain
世界最大の城、プラハ城の象徴的建物がこの聖ヴィート大聖堂。高さ34メートル、奥行き124メートルの巨大なホールには色とりどりのステンドグラスがあしらわれ、特にチェコの画家アルフォンス=ミュシャの手がけた1枚は一際美しかったです!
f:id:shimamura-music:20160507175258j:plain


城から眺める街並みも、素敵でした。
f:id:shimamura-music:20160507175310j:plain


せっかくなので、プラハ城ほど近くのレストランで、郷土料理をいただくことに。
f:id:shimamura-music:20160507175320j:plain


お味は・・・いかにも郷土料理という感じでした。
f:id:shimamura-music:20160507175328j:plain


お昼は土産物屋でにぎわうカレル橋も、夜はライトアップされてムーディに。
f:id:shimamura-music:20160507175351j:plain
f:id:shimamura-music:20160507175405j:plain

どこを切り取っても絵になる町です。じっくり見て回りたいところですが、グッとこらえて次の目的地パリに向け、プラハをあとにしました。
f:id:shimamura-music:20160507175425j:plain

次回につづく

選び抜かれた楽器が一堂に会する祭典「第20回 楽器フェスタ」10店舗で開催!

テーマは「Paganini & his Guarineri “ Canone “ パガニーニのカノンガルネリ」

19世紀最大のバイオリニスト、パガニーニが愛用したバイオリンがガルネリでした。その強烈な個性でついたあだ名が「カノン砲(大砲の意味)」。今回そのガルネリモデルを、現代イタリアの名工が見事に再現した名品をご紹介します。同時に現地で選りすぐった様々な個性のモダン~新作の楽器と弓もご用意して、皆様のご来場を心よりお待ちしております。

2016年春 楽器ヨーロッパ買付レポート その他の記事はこちら








© Shimamura Music All rights reserved.