島村楽器公式ブログ

全国展開している総合楽器店のスタッフが、音楽や楽器の楽しさや、楽器店にまつわるお話をお伝えします。

普通じゃ売ってない!?あなたのギターを特別なピックガードにキセカエよう!

f:id:shimamura-music:20180810104610j:plain

ありそうでなかった!柄で選ぶピックガード!

みなさんこんにちは!Webサイト担当のニシナガです。
今日は最近始まったばかりの、ギター・ベース向けオリジナルカスタマイズのご紹介です。

島村楽器ギターリペア工房が送る、カスタマイズのご提案!

今回ご紹介するのは、全国の島村楽器で承ったギター・ベースなどのリペア・カスタマイズを行うギターリペア工房からのご提案です。

みなさん、買ったギターの色や形が友達と全く一緒だった!なんて経験はありませんか?

そんなときに、ギターやベースのルックスをちょっと変えたい場合はこんなパターンが多かったです。

  • ストラップをこだわってみる
  • 市販のピックガードでピックガードを交換してみる

中でも大きくルックスが変わるのはピックガード交換ですね!

みなさんの使っているギターやベースのピックガードって、どんな色ですか?
白、黒、べっ甲柄……パッと思い浮かぶのはこの3種類でしょうか?

f:id:shimamura-music:20180810110157j:plainf:id:shimamura-music:20180810110206j:plainf:id:shimamura-music:20180810110217j:plain
主なピックガードのカラーバリエーション

ピックガードはギターやベースのボディの中でも結構面積を占める部分なので、ピックガードの色が違うだけでも結構印象って変わりますよね!

f:id:shimamura-music:20180810110402j:plainf:id:shimamura-music:20180810110411j:plain
同じカラーの楽器でもピックガードが変わると印象が変わる

そこで今回、そのピックガードを市販されていないようなデザインにしませんか!?という企画がスタートしたんです!

ピックガード キセカエる?

f:id:shimamura-music:20180810110805j:plain
この写真は、今回用意されたピックガードのラインナップの一部です。
よく見てみると…ん?なんか薄くないですか!?

そうなんです!これはピックガードになる前の状態!
これを使ってピックガードを作るんだそうです!

和紙やウォールペーパーを使ったピックガード!

f:id:shimamura-music:20180810111310j:plain
和紙やウォールペーパーをアクリル素材でサンド

今回のピックガードは和紙やウォールペーパーをアクリル素材でサンドして作成します。
アクリル素材でサンドしているので、汚れ難くピックが当たり破けてしまう心配もありません。
※ピックガード外周に水分が付着すると紙が吸水し、シミになる場合があります。

いろんなタイプのギター・ベース用に作れます!

f:id:shimamura-music:20180810111523j:plain
ピックガードをボディに直留めするタイプの物であれば、メーカー・ブランドに制限なく製作できるそうですよ!
市販されているピックガードとは違い、板の状態から楽器に合わせてピックガードの形をつくってくれるので、「売ってなかったからピックガード変えられない…」という方も安心ですね!

気になるお値段は・・・?

今回紹介したキセカエピックガード、制作費はいくらくらいなんでしょう?ギターリペア工房のナカノに聞いてみました!

キセカエピックガード 制作&取り付け費
制作パターン 費用(税込)
CoolZのギター・ベース用に制作 ¥14,580+送料
島村楽器で購入した楽器用に制作 ¥15,552+送料
それ以外の楽器用に制作 ¥17,280+送料

島村楽器オリジナルブランドのCoolZ用に制作する場合は通常よりもオトクにできるみたいですよ!

ピックガードのバリエーションはこちらから!

今回のキセカエピックガードのバリエーションは、「島村楽器のリペア」ページで詳しく紹介されています。
ぜひ見てみてくださいね!

ご相談はお近くの島村楽器へ!

いかがでしたか?
気になった!お願いしたい!などなどありましたら、お近くの島村楽器でスタッフまで相談してくださいね!

いよいよ本番直前!!2組ご出演者をレポート!【ユアステだよりPart6】

こんにちは!音教企画課のタカセです。
毎日暑くて体調管理も難しいですが、皆さまお元気ですか?

前回のユアステだより「番外編」では、ユアステオリジナルグッズを担当ツノダより紹介させていただきました。
ご出演者の演奏と共に、限定オリジナルグッズもお楽しみいただけたら嬉しいです。

間もなく本番!ご出演者の出演直前の様子をレポート♪

8月に入り、九州会場:8月4日(土)、東京会場:8月8日(水)~14日(火)の7日間で開催のユアステは、すぐそこまで迫ってきました。
5月15日にPart1を公開したこの「ユアステだより」も、ユアステ開催前の公開は今回がラストです!
ご出演直前の2組の、この夏の暑さにも負けない「熱い」裏側をお届けいたします。

8月4日(土)ご出演 九州大編成ビッグバンド 最後の合同練習レポート!

f:id:shimastaff-02:20180731110516j:plain
メンバーの皆さん、気合いの入った表情で会場入り!左は担当のカワシマ。

九州大編成ビッグバンドの本番前最後となる合同練習は、7月21日(土)に行われました。
合同練習も3回目ということで、1回目の顔合わせの時の緊張感はどこへやら、まるでこれまで長いお付き合いをしてきたかのような和やかな雰囲気でスタートしたそうです。

f:id:shimastaff-02:20180731103311j:plainf:id:shimastaff-02:20180731103316j:plain

仕上げに向けて 練習メニューと皆さんの様子♪

担当インストラクターカワシマより

演奏する「ムーンライトセレナーデ」「イン・ザ・ムード」の2曲、まずは過去2回の復習も兼ねてテンポやニュアンスの確認からスタート。細かく音量の変化もチェックしていきました。そして後半は、全体の流れを把握するための通し練習をして終了、という流れでした。

3回の練習で皆さんが大きく変化したことの1つ目は「周りの音を聴きながら」演奏出来るようになったこと!当たり前のように感じるかもしれませんが、自分の楽譜や指使いや音のコントロールを気にしながら周りの音を聴くのは大変で、自分の演奏に余裕が出てこないと難しいのです。

2つ目は、「p(ピアノ・小さく)」の部分を美しく吹けるようになったこと。小さい音を出すためには、単純に息の量を減らせば良いというわけではなく、小さくしようとすると音がかすれてしまったりするので、「f(フォルテ・大きく)」よりも息のコントロールが難しいのです。今回、p(ピアノ)がきれいに出るようになったことで、美しいピアノ~迫力のあるフォルテまで、全体の音量の差が広くなりダイナミックな演奏に仕上がりました。

「大人の魅力溢れるムーンライトセレナーデ」
「メリハリのあるスウィングジャズのイン・ザ・ムード」
聴きごたえのあるビッグバンドの演奏を、是非会場で聴いていただきたいです!

f:id:shimastaff-02:20180731103320j:plainf:id:shimastaff-02:20180731103325j:plain
演奏終了後、舞台上の動きも練習。指揮者カワシマのお辞儀を見守るメンバーの皆さん。

メンバー皆さんの練習後のコメント

「隣で吹いてる〇〇さん、最初より音の強弱の変化もついたし、ほぼ完ぺきになったよねー!」
「今までテンポに合わせるのが苦手だったけど、出来るようになってきたかも」
「ユアステが終わったら、次は別のパートの練習をしたいです!」
周りの音を聴けるようになった方、苦手だったことが出来るようになった方、あまり目立たないパートで・・と仰っていたのに意欲的になった方。全員のご紹介はしきれませんが、お一人お一人がそれぞれ、今回のビッグバンド参加によって変化されているようです。
苦手を克服した方は自信がついて、音色も良くなるのだそう。全体のサウンドがそうやって出来上がっていくのですね!

f:id:shimastaff-02:20180731103329j:plainf:id:shimastaff-02:20180731103333j:plain
カワシマからの皆さんへの感謝の言葉、そして「本番も楽しんで頑張りましょう!」と拍手で練習終了!

担当カワシマから メンバー皆さんへのメッセージ

YOUR STAGEで初めての九州会場、大編成アンサンブルも初めてで、楽譜のアレンジから合同練習まで初めてづくしの日々をビッグバンドメンバーの皆さんと歩んできました。とくに初回の合同練習はドキドキしましたが、アンサンブルを楽しもうという皆さんの意気込みに乗せられ圧倒されて、私自身も楽しみながら最後の合同練習を終えることができました。
さあ、あとはいよいよ本番!!ギリギリまでしっかり練習をして、舞台を楽しみまくりましょう!
演奏後の皆さんの満面の笑みを、楽しみにしています!

8月9日(水)ご出演 ピアノのNさんのプレコンサートと現在の練習方法をレポート♪

定年退職を機にピアノを始められ、今回ユアステ初出演のNさんは、8月9日(水)の「Over50(オーバーフィフティー)公演」で演奏されます。

前回のNさんについての記事も是非ご覧ください

プレコンサートで「ペルシャの市場にて」を演奏されました

Nさんは初めてのサントリーホールの舞台を前に、7月22日(日)のミュージックサロン浦安会員様によるサロンコンサートに、ユアステのプレコンサートとしてご出演されました。

f:id:shimastaff-02:20180731145032j:plain
34℃と猛暑の中、午前中のリハーサルから参加されたNさん 

担当インストラクターワカタビより

ユアステ当日のNさんの出番は後半5番目ということで、プレコンサートもそれに近い6番目で、そしてNさんの前の方もユアステご出演者という、サントリーホールでの本番により近い環境で発表いただきました。

5分間のリハーサルでは、はじめに1回通して弾いた際、曲の出だしから前半にかけて少々緊張されている様子でしたので、その後、鍵盤の低音域側と高音域側の両サイドを眺めていただき、譜面台の高さや距離感もゆっくりとご覧いただいて、視野を広めてから、もう一度呼吸を整えて曲の出だし~前半を、ご自身のペースを取り戻せるように確認をいたしました。ご自身の音を客観的に聴くことができた時、リハーサルの弾き始めよりも安心感を持たれていたようです。

プレコンサート本番では、リハーサルよりも落ち着いて、テンポや強弱の変化をつけながら、Nさんらしく心を込めて演奏されていました!

Nさんのアンケート用紙には「”本日のご自身の演奏はいかがでしたか?” ⇒ 普通に〇印」「多少のミスはあったものの、取り合えず弾き切ることができたので」と書かれており、まずまずの手応えを感じて頂けたのではと思います。

演奏後には、他の方の演奏を熱心に聴いていらっしゃり、特にテナーサックス会員様の「異邦人」の演奏では、Nさんご自身のレッスンのテーマである「シルクロードの旅路」の中の1曲ということもあり、目を輝かせておられました。

f:id:shimastaff-02:20180731145043j:plainf:id:shimastaff-02:20180731145050j:plain
ユアステご出演の他の会員様も演奏されました 左:Part5で応援コメントをくださったトランペットのKさん 右:ユーフォニアムのSさん ピアノ伴奏はどちらもワカタビです

ユアステの舞台をイメージした、Nさんの練習メニュー♪

  • 曲の出だしのタイミングを上手くとるため、心の中で拍子をカウントしてから弾き始める練習
    (出だしはより躍動感が増すように、テンポを♩=95から♩=98にアップ)
  • 本番に合わせて、1回のみを集中して弾く ミスタッチがあっても弾き直しせず演奏を続ける練習
  • ダンパー(響きを加える)ペダルのタイミングが難しい部分は、右メロディーとペダルのみで練習
  • ご自身がグランドピアノを弾いているお写真をご覧いただき、ピアノに向かっている姿のイメージトレーニング

プレコンサートでは、特に「本番に合わせて1回のみ弾く」練習の効果を実感されていたそうです!

f:id:shimastaff-02:20180801145658j:plain
落ち着いて楽譜を目で追いながら弾けるようにカラーで☆印を付けた楽譜。フレーズのまとまりも把握しやすいように、スラー・ブレス(V)が新たに書き込まれています。

Nさんよりコメントをいただきました♪

当日はどうなるか分かりませんが、半年以上、一生懸命頑張って練習しているので、上手く弾けたらいいなぁと思っています。細かいところも今まで以上に気を付けて練習に励んでいます。やっぱり、まぁ練習だな~と思っています(笑顔)

これまで、ワカタビからの技術面・練習へのアドバイスをもとに、ご自身でも課題・克服のための練習方法を抽出しながら、ワカタビとの二人三脚で努力されてきたNさん。これまでの練習の積み重ねが感じられるコメントですよね。あらためて、皆で応援しています!!

f:id:shimastaff-02:20180801145712j:plain
ユアステコーナーで記念写真♪ 左から、スタッフオグロ・Nさん・ワカタビ。わたくしタカセも会場でNさんとお会いできることを楽しみにしております!

真夏の祭典はすぐそこです!

九州大編成ビッグバンドの皆さん、そしてピアノで初出演のNさんの、本番までの裏側をレポートをこれまでお届けしてきたこの「ユアステだより」。いかがでしたでしょうか?
出演される方々の努力されている様子や想いが、少しでも皆さんに届いていたら嬉しいです。

次回はユアステ本番当日をレポート!

この「ユアステだより」、今回で終わりではありません!これまで裏側をお伝えしてきた2組の皆さんの、本番での様子もレポートさせていただきますので、ひきつづきお楽しみください。

会場でお待ちしています♪

九州会場は8月4日(土)FFGホール、東京会場は8月8日(水)~14日(火)の7日間 サントリーホールのブルーローズ(小ホール)で開催いたします。
ユアステの舞台で演奏される皆さんを、会場で応援しませんか?ご出演者の生の演奏と共に、お一人お一人の想いも感じることが出来るイベントです。是非会場へお越しください!

YOUR STAGE 詳細についてはこちらをご覧ください

その他のユアステだよりはこちら





ルシアー駒木のギターよもやま話 その82「RAIMUNDOが更なる風を吹かせるのです!」

みなさまこんにちは!
磁気ネックレスを本気で欲しくなっている
f:id:shimastaff-01:20180319131049p:plain
ルシアー駒木です。

予想以上の大好評をいただいている、こちらのブログ↓

動画の再生数も凄い事になっております。
RAIMUNDOエレガットギターの凄さに皆さんようやく気が付いて下さったのですね!
f:id:shimastaff-01:20180319111817p:plain
「クラシック」だけのギターではないという事を皆様に知って頂けて本当に良かったです。
ガットを導入すれば、ロックやジャズ・フュージョン系の皆さんもプレイの幅がグッと広がります。

だがしかし!それだけではまだ終わりません!
みなさん、RAIMUNDOのエレガットが風を吹かせるもう1パターンがある事にお気づきでしょうか。
そこで今回ご協力お願いしたのが、
イダセイコさん!!
f:id:shimastaff-01:20180701103125j:plain
idaseiko.jimdo.com

そう、私がRAIMUNDOエレガットをお勧めするのは、「歌を歌う人」です。
皆さん「弾き語り=フォークギター」って決めつけていませんか??

ガットでの歌って、いいですよ~
私大好きなんです。

是非皆さんにその良さを体験して頂きたいと思いまして、ルシ駒、イダさんにお願いしミニライブをして頂き、そのままを動画撮影させて頂きました。

まずは完成した動画をご覧ください。

youtu.be



いかがですか??
イダさんの声が素敵なのは勿論なのですが、RAIMUNDOの音、良いでしょう??
これ何と、外部マイクもRAIMUNDOのマイクもほぼゼロ、ピックアップからそのまま小さなミキサーに入れただけで、ラインでの音そのままです。
イコライジングも、実は全てフラット。凄いでしょ??
この雰囲気、スチールじゃ絶対出せません。

折角ですので撮影の様子を少しだけお見せしちゃいましょう。
お越し頂いたのは、シマムラストリングス秋葉原。


なんのギミックもなし。店内で生演奏をして頂き、そのままそれを収録しました。
今回のコンセプトは、嘘のない変に加工していない生のそのままの音がどれほど気持ち良いかを知って頂くためのもの。
f:id:shimastaff-01:20180629141346j:plain
という事で、「レコーディング」というよりは「スタジオライブ」的な感じで準備を進めていきます。
f:id:shimastaff-01:20180629141343j:plain

撮影スタッフとして同席してくれているのは、私のスペイン滞在回のブログでも登場している、イトヤマです。
彼はここ秋葉原ストリングスの店長でもあります。
f:id:shimastaff-01:20180629141349j:plain
良い具合で録れていますよ~
f:id:shimastaff-01:20180629141442j:plain
f:id:shimastaff-01:20180629141445j:plain
イダさんにも撮れたものを確認してもらいます。
f:id:shimastaff-01:20180629141450j:plain


撮影後は談笑しつつ
f:id:shimastaff-01:20180629141454j:plain
手には、イダサン使用モデル(660E)とは別モデル(633 E/S Narrow Body)のRAIMUNDOが、、、

そして、、、、
f:id:shimastaff-01:20180629123252j:plain
イダさん、気に入られてお持ち帰り(笑)

f:id:shimastaff-01:20180319131049p:plain
いかがでしたか?
是非島村店頭で店員捕まえて、歌のマイクとRAIMUNDO準備させて、「歌いながら試奏」してみて下さい。
フォークギターとは違う魅力に気が付けますし、自分のこれまでと違った歌声を引き出せるはず!

ルシアー駒木でした!

その他の「ルシアー駒木のギターよもやま話」を読みたい場合はこちら!

ユアステオリジナルグッズのご紹介♪【ユアステだより番外編】

f:id:shimastaff-02:20180726112625j:plain
こんにちは。初めまして!音教企画課のツノダです。

ご出演者の本番までの裏側をレポートしているこの「ユアステだより」。
普段はタカセが担当しておりますが、今回は番外編ということで、ツノダがお届けいたします。

ユアステ限定♪オリジナルグッズのご紹介!

ユアステでは毎年、会場に行かないと手に入らないオリジナルグッズを販売しております。
毎年、今年はどんなグッズにするか、音教企画課の担当スタッフも楽しみながら作成しています。
今年はわたくしツノダが、初めてグッズ作成担当になりました。

実は、ユアステは今年で15周年!!

なんと今年、ユアステは15周年の節目を迎えました。
たくさんの方にご支持いただいたおかげで、ここまで来ることが出来ました。あらためて、ありがとうございます!!
ということで、15周年にふさわしいグッズとは何か?どんなグッズにしたら皆さんに喜んでいただけるか?と毎日頭を悩ませ、もう1人のグッズ担当オザキとのミーティングを重ね、音教企画課スタッフにも相談し・・2種類のグッズが出来上がりました!

オリジナル 本革製キーホルダー♪

f:id:shimastaff-02:20180726112705j:plain
キーホルダーは毎年の定番グッズ♪ 今年は質感にこだわった本革。昨年は木製でした。
f:id:shimastaff-02:20180726112652j:plainf:id:shimastaff-02:20180726112637j:plain
デザインは、音楽をイメージさせる4種類♪♪

とにかく今年は「本革」にこだわりました。
カラーによって、イタリアンレザー・国産姫路レザーと、若干質感が異なる2種類の革があります。カラーはなんと全部で10種類!
会場にいらしたご来場者に、カラフルなキーホルダーでワクワクしていただきたい、たくさんのカラーから選ぶことができたら楽しいかなと思い、豊富なカラーバリエーションにしました。
お値段は¥500(税込)ですので、お好きな色を何色か組み合わせてのご購入もおススメです!

f:id:shimastaff-02:20180726112720j:plainf:id:shimastaff-02:20180726112742j:plain
カラフルな本革はバッグなどのアクセントにもなりそう♪(あと1色、紫色もございます)

オリジナル スマホリング♪

「スマホリング」皆さんご存知ですか?スマホ本体やケースの背面に張り付けて、リングに指を通して使うアイテムです。

f:id:shimastaff-02:20180726112758j:plain
ユアステグッズとしては初登場のスマホリング♪

使ったことのある方はよくご存知だと思いますが、特に手の小さい女性にとっては、リングがあることで片手での操作が楽になりますし、落下して画面バキバキ・・ということも防げる、そしてリングの角度を調整すればスマホスタンドとして、動画を観る時などにも使えるという、なかなか便利なものです。
その便利さを、ユアステを通じて知っていただけたら嬉しい♪と作成に踏み切りました!

f:id:shimastaff-02:20180726112824j:plainf:id:shimastaff-02:20180726112809j:plain
左:ブルーがシルバーの本体に合いますね!右:リングを立ち上げるとこのように♪

ト音記号をモチーフに、展開カラーはピンク・イエロー・水色・エメラルドグリーンの4種類、指を通すリング部分はステンレス製の艶消しシルバーです。
お値段は¥900(税込)!
今まで使ったことが無いという方には、この機会に是非お試しいただきたいですし、もちろん「リング使う派」の皆さんにもおススメです。とにかく実物を見てみてください!

f:id:shimastaff-02:20180726112835j:plain
可愛らしいキャンディーカラー♪ どの色にしようか迷ってしまいそう!

サントリーホールでグッズと共にお待ちしております

オリジナルグッズは、サントリーホールのブルーローズ(小ホール)のYOUR STAGE受付にて販売をしております。
毎年このグッズを楽しみにされているユアステのご出演者様、常連のご来場者様もいらっしゃいます。今年のグッズも、気に入っていただけたら嬉しいです!!
会場にいらっしゃる予定の方は、グッズコーナーにもぜひお立ち寄りください。

次回は、本番間近の2組のご出演者をレポートします

Part6では、7月21日に第3回目合同練習を終えた「九州大編成ビッグバンド」の皆さん、そして7月22日のプレコンサートにご出演されたピアノのNさんの、本番直前レポートをお送りいたします。九州の本番は1週間後です!!お楽しみに!!

ユアステだより本編はこちら






YOUR STAGE公式ホームページはこちら

チケットはお近くの島村楽器店舗でお求めいただけます。ご来場お待ちしております!

本番が近づくご出演者Nさんの近況レポート!【ユアステだより Part5】

こんにちは!音教企画課のタカセです。

真夏の暑さが各地で続いていますね。「YOUR STAGE」まで、あと2週間程になりました。
ここまで来ると、もうあっという間に本番当日がやってきます!

前回は、九州大編成ビッグバンドの第2回合同練習の様子をお届けしました。
1回目に比べてメンバー皆さんの熱意も演奏レベルもぐーんとアップしていましたね。本番の演奏が本当に楽しみです!

そして今回のPart5は、定年退職後にピアノを始められ、8月9日(木)Over50(オーバーフィフティー)公演に出演される、ミュージックサロン浦安のNさんが再びご登場。
本番間近の準備や練習の様子を担当インストラクターのワカタビによるレポートと共にご紹介させていただきます。

f:id:shimastaff-02:20180719160338j:plain:w450
ピアノサロン告知コーナーにて。Nさんの服装もすっかり夏仕様に。ポロシャツがよくお似合いです!

前回のNさんお話はこちらをご覧ください。

本番まで1ヶ月を切ったNさん♪ 現在取り組んでいることは?

ピアノを始めて約2年のNさん。ユアステへのご出演は今回が初めてです!
サントリーホールのブルーローズという大きな舞台で演奏をするために、本番前ならではの準備を始められているようです。担当のワカタビに、いくつか質問をしてみました。

舞台での衣装や靴は?

「スラックスにシャツを予定されています。少しでもリラックスして演奏ができればと、これまでに出演された発表会でも、普段の外出時と同じファッションスタイルでステージを楽しまれています。靴もお決まりとの事ですので、本番と同じ靴を練習でも履いて、ペダルを踏む感触を確かめておいていただく事をご案内しています。ご自宅で床に新聞紙を敷いて履いたり、レッスン時に持ってきていただくor履いてきていただいても、7月22日のプレコンサートで履いて演奏されるのも良いですし、ペダルの形状や重さはピアノによる個体差もありますが、ペダルが靴のソールに当たる感触だけでも体感しておくと安心です、とお伝えしているところです。」

お辞儀の練習などは?

「Nさんは過去に3回、発表会へのご出演経験をお持ちですが、ブルーローズのステージ上での距離感や、客席の見え方がこれまでの会場とは違う景色と感じることを想定して、ミュージックサロン浦安の広いレッスン部屋の空間を利用して練習を始めました。」

本番用の楽譜は?

「ユアステはNさんにとって大きなステージですので、Nさんに最適なアレンジの楽譜で練習&本番を迎えていただきたいと、私ワカタビがアレンジをしました。Nさんにとって大切な曲で、曲へのイメージも具体的におありでしたので、そのイメージをどのように盛り込んでいくか、Nさんの練習での上達具合なども含めて構成を固め、作成しました。その後、最初に作成した楽譜がかなり使いこまれてきましたので(Nさんがとても練習熱心でいらっしゃるので!)レッスン内で書き込んでいた強弱記号・表現記号なども追加して、作成し直しました。本番では緊張されることも想定して、少しでも見やすくなるよう、楽譜作成ソフトを使用しました。」

f:id:shimastaff-02:20180719160317j:plain
これまでのアドバイス内容と、Nさんとワカタビの想いが詰まった、本番用の楽譜

本番はスタインウェイのグランドピアノ

YOUR STAGEの舞台では、世界最高峰のピアノと言われるスタインウェイの、コンサートグランドピアノを演奏することができます。
ピアノで出演される方にとって、特別なピアノで演奏出来るということもユアステの大きな魅力になっています。
なかなか普段触ることのできないピアノだからこそ、そのタッチや響きの違いに本番で驚くこともあるので、出来るだけ慣れておくことが大事。
今回Nさんもユアステに向けて1月・6月と、スタインウェイが常設されているピアノショールーム市川コルトンプラザ店での30分体験会にて、スタインウェイの弾き心地を体感されました。
Nさんはご自宅では、お嬢様が使われていたアップライトピアノを愛用されており、体験会では「やっぱり違うな!」と楽しんでいらっしゃったそうです。

f:id:shimastaff-02:20180719160509j:plain:w450
ミュージックサロン浦安のグランドピアノに向かうNさん。本番への気持ちも盛り上がります!

練習もより本格的に!

7月22日には、ユアステのプレコンサートも兼ねて「サロンコンサート」にもご出演予定のNさん。
サロンコンサートの日までに仕上げておきたいと、22日までの具体的な練習スケジュールをたてているそうです。

現在の主な練習メニュー

  • 本番のように、1回だけ集中して弾く練習
  • 右手のメロディーだけを暗譜で弾く練習
  • 机の上で、音が出なくても頭の中でメロディーを鳴らしながら右手の指を動かす練習
  • 曲の流れを確認しながら左手だけを弾く練習

このように本番を見据えて、より実践的な「弾き込み」を中心とした練習に移行されているとの事。

また、普段欠かさずやっている指のトレーニングも、演奏する「ペルシャの市場にて」でのタッチ感・音質とリンクさせながら行なっていて、タッチや音色の変化、レガート・スタッカートを始めとしたニュアンスの変化でより表現を高められるように、手首・腕・肩の柔軟性も取り入れながら練習されているそうです。

本番に向けての準備、万端ですね。計画的な練習、素晴らしいです!
気持ちを込めてピアノを弾いているNさんの姿が目に浮かぶようです。

ミュージックサロン浦安の、同年代のお仲間からのメッセージ♪

ユアステに今年ご出演されるトランペットKさんより

「緊張しますが、一度出演してみるとまたチャレンジしたくなるユアステージ。私は今年も出演しますので、お互いに頑張りましょう!」

以前のユアステに出演されたピアノのAさんより

「私も昨年・一昨年と出演出来たのですが、ユアステージのステージで弾くスタインウェイの音色は本当に綺麗です。ぜひピアノを楽しんでください!」

f:id:shimastaff-02:20180719160328j:plainf:id:shimastaff-02:20180719160310j:plain
左:トランペットKさんとスタッフオオノ。右:ピアノAさんと店長クワモト。皆さんとても良い笑顔でエールを送ってくださっています!

レッスン担当ワカタビからのメッセージ♪

「ユアステージご出演についてご相談をくださり約半年。Nさんならではの演奏に、より一層磨きがかかってまいりました!素晴らしいです!7月22日のサロンコンサートでのご演奏後は、サントリーホールのステージまであともう少し・・。引き続き、ユアステージに向けたサポート、そして、Nさんのレッスンテーマでいらっしゃる「シルクロードの旅路」のお供をさせて頂きます!」

f:id:shimastaff-02:20180719160321j:plain:w450
Nさんの応援隊長でもあるワカタビ。ユアステチラシと、サロンコンサートチラシを手に♪

Nさんご自身の、本番に向けて真摯に取り組むお姿と、ワカタビをはじめ浦安のスタッフの想い、そして応援してくださる皆さんの想い。
ご出演はNさんお一人ですが、いろんな「想い」が合わさって、強力なチームとして本番を迎えるのだなと感じました。

そんな、胸が熱くなる『YOUR STAGE』は、8月4日(土)の九州会場を皮切りに、東京会場は8月8日(水)~8月14日(火)の7日間で開催いたします。ご出演の皆さんの演奏を是非、会場でお聴きください!

次回は間もなく本番!!2組のご出演者の様子をお届けします♪

Part6では、第3回目合同練習を終えた「九州大編成ビッグバンド」の皆さん、そして今回も登場いただいたピアノのNさんの、本番直前レポートをお送りいたします。お楽しみに!!

その他のユアステだよりはこちら





YOUR STAGE公式サイトはこちら

詳細・チケット購入方法はこちらで確認できます。お近くの島村楽器店舗へ、是非お問い合わせください!

© Shimamura Music All rights reserved.