島村楽器公式ブログ

全国展開している総合楽器店のスタッフが、音楽や楽器の楽しさや、楽器店にまつわるお話をお伝えします。

ルシアー駒木のギターよもやま話 その93「春はやっぱりダラスが熱い!」後編

みなさまこんにちは。

前回出張時、硬水対策に結構高いコンディショナーを買って行ったのに、そのコンディショナーを硬水で流すので結局バリバリになってしまい、
今回は「洗い流さないトリートメント」を購入していった、
学習能力抜群w
f:id:shimastaff-01:20180319131049p:plain
ルシアー駒木です。

いやあ、
前編、ちょっと予想を超えた盛り上がりになってますね!
f:id:shimastaff-01:20180319111639p:plain
特に、
Jeorge Tripps氏作のEric Johnson氏用Prototype!
絶対ほしい!って声多数。さてどうしましょうw
内部画像チラリ
f:id:shimastaff-01:20190520113720j:plain


さて、後編もすごいですよ~
早速まいりましょう!

今回、ジミー以外にもすごいのを入手したんです。
これ!
f:id:shimastaff-01:20190513154842j:plain
一見普通の楽器に見えませんか?
とんでもない!
実はこれ、
72年製のfenderストラトキャスターボディに、80年代にあのTom Anderson氏が自らネックを組み合わせ、
更には氏自身でリワインドしたピックアップ搭載、配線も完全に引き直し、コントロール自体も大幅に改造されています。
「Oreo」という愛称で愛用されていたという1本。ケースは72年fenderストラトキャスターオリジナルが付属。
f:id:shimastaff-01:20190513155348j:plain
こんな楽器が入手出来るのは、まさに買い付けの醍醐味!!
これぞ世界に1本のギターです。

ナット部分にもTom氏の拘りが垣間見えます。わかる人はピンとくる写真。
f:id:shimastaff-01:20190520113919j:plain
とにかくネックがすごい。ストレスゼロの握り心地。
f:id:shimastaff-01:20190520114015j:plain

ちゃんと、70年代ストラトの「あの」感じが残されたうえで、トムアンらしい風を感じる、そんなスペシャルな1本です。
技術者として、これほしい!!

f:id:shimastaff-01:20180319111639p:plain

そうそう、
前回のブログでPhil X氏とジミー・私の3ショット写真、結構話題になったようなのですが、
f:id:shimastaff-01:20190513160227j:plain
今回もミュージシャンは大勢いらしてましたよ。全員挙げているとそれでブログ終わってしまいますが、一部だけでも。
f:id:shimastaff-01:20190513155707j:plain
Mr.Andy Timmons&Mr.Eric Johnson

f:id:shimastaff-01:20190513160017j:plain
Mr.Philip Sayce

f:id:shimastaff-01:20190513160048j:plain
Mr.Matt Schofield

f:id:shimastaff-01:20190513160118j:plain
Mr.Eric Gales

f:id:shimastaff-01:20190513160318j:plain
Mr.Greg Koch

そして、いつも可愛いのに、これぞblues!
f:id:shimastaff-01:20190513160650j:plain
Ally Venableちゃん

とまあ、凄いメンツ。

毎日このメンツの音に囲まれて、
毎日この肉に囲まれて、
f:id:shimastaff-01:20190513161146j:plain
f:id:shimastaff-01:20190513161213j:plain
脳内はダラスに染まっていくのです。
f:id:shimastaff-01:20190513161322j:plain


今回、ベースも充実の買い付けになりました。
細かい事はトークショーでお話ししようと思っていますが、友人のBrianには今回ずいぶん助けてもらいまして、
f:id:shimastaff-01:20190513161913j:plain
結果凄いのをゲット。

これは説明不要ね。
f:id:shimastaff-01:20190513161958j:plain

そして、DingwallのLSの5、Leland Sklarモデル。
最近主流として流通しているアジア製ではなく、オリジナルです。今やオリジナルは希少!
f:id:shimastaff-01:20190513162347j:plain
本物がほしい人この機会逃しちゃダメです!


他にもベースは、
90年代のModulus
f:id:shimastaff-01:20190513162423j:plain
f:id:shimastaff-01:20190513162450j:plain

これも説明不要ですね(笑)
f:id:shimastaff-01:20190513162653j:plain

そして65年製のEB-O
f:id:shimastaff-01:20190513162757j:plain

充実。
f:id:shimastaff-01:20180319111639p:plain

折角ですので、それ以外の買い付けもご紹介。
f:id:shimastaff-01:20190513163124j:plain
f:id:shimastaff-01:20190513163146j:plain

ナッシュのテレタイプも2本入手
f:id:shimastaff-01:20190513163224j:plain
f:id:shimastaff-01:20190513163335j:plain

みんな大好きCS
f:id:shimastaff-01:20190513163418j:plain

そして探している人も多いうえ、我々の買い付けだと相場より価格も優しいのでその点でも評判の良い、マスタービルダー。
今回も2本入手。
Todd Krause
f:id:shimastaff-01:20190513163608j:plain

Yuriy Shishkov
f:id:shimastaff-01:20190513163630j:plain

1946年Triumph
f:id:shimastaff-01:20190513163818j:plain
f:id:shimastaff-01:20190513163945j:plain
f:id:shimastaff-01:20190513164006j:plain

最高でしょ!
f:id:shimastaff-01:20180319111639p:plain

良い仕事をしたので、今回は気分よくTex-Mex cuisineも楽しんできました。
f:id:shimastaff-01:20190513164148j:plain
勿論我々は地元民が集まっているところへ突入しますので、確実に美味い!
f:id:shimastaff-01:20190513164223j:plain

アメリカのほかの地域で仕事するときには無い楽しみですからね。
f:id:shimastaff-01:20190513164345j:plain

今回は、街の中心地にも少し足を運んでみました。
少しだけですがその様子もご覧ください。
f:id:shimastaff-01:20190513164532j:plain
f:id:shimastaff-01:20190513164609j:plain
f:id:shimastaff-01:20190513164633j:plain

結構綺麗な街ですよね。

でも、
現地の人たちには笑われそうですけど、我々日本人が「アメリカ」を感じるのは、街の様子ではなく、全く違うところだったりもします。
例えば、
クッキーの専門店とか、
f:id:shimastaff-01:20190513164834j:plain
f:id:shimastaff-01:20190513164900j:plain

寿司のメニュー名がSex on the beachだったりとか
f:id:shimastaff-01:20190520140208j:plain

バーベキュー出来る庭があるのが当たり前だからこその売り場とか
f:id:shimastaff-01:20190513164933j:plain

ガレージがあるのが当然だからこその工具売り場とか
f:id:shimastaff-01:20190513165030j:plain

絵力抜群のスナックとか
f:id:shimastaff-01:20190513165130j:plain

油量強烈なベーコンとか
f:id:shimastaff-01:20190513165223j:plain

甘ーいフレンチトーストとか
f:id:shimastaff-01:20190513165253j:plain

自転車屋さんの自転車がカッコいいとか
f:id:shimastaff-01:20190513165404j:plain
f:id:shimastaff-01:20190513165431j:plain

ギターショーにこういう車で来ちゃうとか
f:id:shimastaff-01:20190513165505j:plain
f:id:shimastaff-01:20190513165527j:plain

質屋に買い物に行ったら、
f:id:shimastaff-01:20190513165702j:plain
やっぱり銃が売っていて怖かったりとか
f:id:shimastaff-01:20190513165744j:plain


でも私はダラスが好きですね。
f:id:shimastaff-01:20190513165827j:plain



色々書いておいてなんですが、
最後の食事は空港JALラウンジの寿司でした(笑)
f:id:shimastaff-01:20190513165938j:plain
おいしかった(笑)


そして結局帰国して荷物を開けると、毎回ブログの最後はこれで終わるという。
f:id:shimastaff-01:20190513170029j:plain
これさあ、「無作為」の検査じゃないよね(笑)絶対俺の工具狙われてる。

行きも帰りも
100%絶対検査される
f:id:shimastaff-01:20180319131049p:plain
ルシアー駒木でした!

その他の「ルシアー駒木のギターよもやま話」を読みたい場合はこちら!

今年もスタート!ご出演者の本番までの裏側レポート【ユアステだよりPart1】

f:id:shimastaff-02:20190510160529j:plain
初めてご覧いただいている皆さん、はじめまして!音教企画課のタカセと申します。

昨年に始まった、ユアステご出演者の裏側レポート。応援してくださった皆さん
ありがとうございました。
「ユアステだより」2年目もいよいよスタートします!

「YOUR STAGE」通称:ユアステ とは?

YOUR STAGEは、島村楽器の音楽教室に通う大人の会員様のコンサート。
今年も全国から900名以上の方が出演される、真夏のビッグイベントです。

ユアステ本番当日は、練習を続けてきたことを思い切り表現し、舞台を楽しまれている
ご出演者の姿に心を打たれます。わたくしタカセも毎年感動しています!
そして、本番にむけてのレッスンや練習、本番直前のリハーサルや舞台袖など、客席からは
見ることの出来ないユアステの裏側には、出演者お一人おひとりのドラマが詰まっています。

そんな舞台の裏側もたくさんの方に見ていただきたい!と始まったのがこの「ユアステだより」。
昨年、このブログでご出演者を取材させていただいて、ご出演者ご本人の熱い想いはもちろん
ご家族、レッスンを担当しているインストラクター、スタッフが本番当日に向けて一緒にワクワク
ドキドキしながら精一杯ご出演者を応援している姿に、本当に感激しました・・!

昨年のユアステだよりはコチラ

今年も、実際に出演される2組のご出演者にご協力をいただき、本番に向けてのお気持ちや
レッスンでの様子などをご紹介しながら、本番当日までを数回にわたって追っていきます。
是非お楽しみください!

東京公演初の大編成!丸井錦糸町店アンサンブルの皆さん

昨年の九州公演で大きな盛り上がりを見せた「大編成アンサンブル」が、今年はいよいよ東京公演に登場します!

その中から、8月12日(月祝)に出演される丸井錦糸町店のアンサンブルグループ
「La fleur(ら・ふるーる)」の皆さんをご紹介します。

f:id:shimastaff-02:20190514173324j:plain
顔合わせにいらした8名の皆さんと、担当インストラクターのタマイ(左上)楽しそうな良い笑顔!

初めまして!まずは顔合わせから

大編成は人数も多く、初対面のメンバーも多くいらっしゃるため、本格的に合奏の練習に入る前に顔合わせからスタートします。
メンバー16名のうち8名の方が参加され、今後の練習日程やパート決めなどの打合せをしました。

会員さんから、是非やってみたい!という声をたくさんいただいて発足したこのアンサンブル。
憧れのサントリーホールの舞台に立ちたい!みんなと一緒なら挑戦してみたい!ということで今回ユアステへの参加が決まりました。

f:id:shimastaff-02:20190510151929j:plainf:id:shimastaff-02:20190510151857j:plain
顔合わせの様子 これから8月の本番まで、月1回の合同練習がいよいよ始まります

アンサンブルは初めての方がほとんどです

「La fleur(ら・ふるーる)」はフルート中心のアンサンブルで、フルートを始めて4か月の方から5年以上経験のある方まで、楽器経験も様々です。
ピアノやサックスの方もメンバーにいらっしゃり、幅広い楽器・年代の方がよくご存知で人気の曲にしよう、ということで演奏曲は一青窈さんの「ハナミズキ」に決定。
ソロでの本番経験がある方も多いですがアンサンブルは初体験の方がほとんどなのだそうです。
どんな仕上がりになるのか楽しみですね!

f:id:shimastaff-02:20190517152703j:plainf:id:shimastaff-02:20190517152458j:plain
(左)演奏曲の楽譜(右)ユアステ応援コーナーにて 左:タマイ 右:サックスインストラクターオカダ

担当インストラクターのタマイから一言

タマイ:ユアステは、年に一度大きな舞台に立てるイベントです。
今回の大編成アンサンブルは私にとっても初めての経験です。メンバーの皆さんにアンサンブルを楽しんでいただき、本番後のやりきった表情や笑顔を見られるよう、全力でサポートしていきたいと思っています。

会場のお客様に「フルートって素敵な楽器だな」と思っていただけるよう、そしてご出演の会員様には「一生の良い思い出」として心に残る演奏になるよう、頑張ります!

ピアノを始めてちょうど2年!初出演のUさん

もう1組は、吉祥寺店から初めてユアステに出演されるピアノのUさんです!
8月9日(金)に、担当インストラクターのサカイとの連弾でご出演されます。

f:id:shimastaff-02:20190514170604j:plain
担当のインストラクターサカイ(右)とUさん 色々なご縁が重なってレッスンが始まりました

ご入会のきっかけは?

Uさんは2017年の5月に吉祥寺店ピアノサロンにご入会されました。
その春からお嬢様がピアノを習い始めたことで興味を持たれ、そしてちょうどその年の4月に吉祥寺店がオープンしたので、教室を見つけて足を運んでくださったそうです。

「コードで曲を弾けるようになること」「お嬢様との連弾」という2つの目標があり、とても熱心に練習をしてきてくださるというUさん。
レッスンでは、この部分の左手の動きがとっても良いですよね~!など、担当サカイと一緒に音楽の良さを感じあいながら楽しまれているそうです。

サカイからUさんへインタビュー いまのお気持ちは?

f:id:shimastaff-02:20190514170624j:plain
8月に向けてレッスンでも連弾開始! 二人三脚で曲を仕上げていけるのも連弾の醍醐味です

サカイ
ユアステへの出演を決断されたきっかけはなんですか?
Uさん
サカイさんが勧めてくれたから。人前で演奏することを経験したいと思ったから。
サカイ
今回「アイリッシュ・ジグ」「ロシアのワルツ」と連弾で2曲演奏することになりました。演奏曲について、現在の気持ちを教えてください!
Uさん
「アイリッシュ・ジグ」ではリズムや伴奏としての役割があるセカンド(下のパート)を弾き、音楽を支えるということを体験したい。今はそのための過程として、プリモ(上のパート)を譜読み中。果たして本番までにセカンドに辿り着けるのか…!?「ロシアのワルツ」はロマンティックな曲なので、いかに表現するところまで練習できるかが大きな課題です。どちらの曲も、本番までどう高めていけるか…!というところ。
サカイ
本番の舞台を楽しめるように、一緒に頑張っていきましょうね!

f:id:shimastaff-02:20190514170651j:plainf:id:shimastaff-02:20190514170705j:plain
「ロシアのワルツ」の楽譜 左ページがセコンド・右ページがプリモ 既にいろいろと書きこみが!

Part2では、丸井錦糸町店「La fleur(ら・ふるーる)」の第1回目合わせをレポート

ユアステだよりでは今後、東京大編成アンサンブル「La fleur」の皆さんと、吉祥寺店Uさんの2組の様子を交互にお伝えしていきます。

そして、今年の「ユアステだより」は、新しい作成メンバーとしてカタヤマが加わり二人体制でレポートしていくことになりました!よろしくお願いいたします!
次回は東京大編成「La fleur」の様子を、カタヤマが詳しくご紹介します。是非お楽しみに!
   
YOUR STAGEについて、詳しくはこちら。

島村楽器の音楽教室について、詳しくはこちら。

ルシアー駒木のギターよもやま話 その92「春はやっぱりダラスが熱い!」前編

みなさまこんにちは!

滞在先のダラスが400ppmほどの硬水の為、毎回髪の毛がゴワゴワのバリバリになってしまうため、
その対策として、先日結構バッサリと切りに(それでも長髪ですけど)美容院に行ったのですが、

美人の美容師さんに「え?失恋ですか?」とスーパーベタな事を言われ、
「え、、、ええそうです。。」と答えてしまった、
f:id:shimastaff-01:20180405161249p:plain
ルシアー駒木です。

という事で、今年も行ってまいりましたよ!春この時期といえば、DALLASギター買い付け!
今回は特に期待していた人もいたのではないでしょうか。

まず、それ、見せちゃいましょうか?w
f:id:shimastaff-01:20190513103736j:plain:w450
これでしょ?皆さん待ってたのは。

つまり、これね!
f:id:shimastaff-01:20190328111636j:plain:w450
そうです。ハルイチさんが使って下さったことで、話題騒然となっています、JimmyのVタイプ。
期待にお応えして、1本作ってもらいました。

という事で、今回も素晴らしい内容となった買い付けツアー。
早速ご覧いただきましょう!

歳を取ったのか、移動は身体に堪えますが(笑)、今回も無事到着。
f:id:shimastaff-01:20190513104115j:plain

早速レンタカーを借りて、買い付けに繰り出します。
f:id:shimastaff-01:20190513104537j:plain
初日は時差の関係で時間が戻りますから、要するに「朝飛行機に乗って、同日の朝に戻って到着する」感じ。
眠くてしょうがないやつですね(笑)
なので、
f:id:shimastaff-01:20190513104440j:plain
まあこうなるしかないですよね


まずは友人のお店へ。
f:id:shimastaff-01:20190513104611j:plain
ここは毎回お邪魔していますが、店頭でリペアも行う素晴らしいお店です。
f:id:shimastaff-01:20190513104654j:plain

この初日の朝、ネムネムで運転していたルシ駒の目を一気に覚ます凄い品を発見!!
f:id:shimastaff-01:20190513135319j:plain:w450
一見ただのFAZZFACE。
しかし、なんとこれ、Prototype!

なんとなんと、
あのエフェクターデザインのカリスマ、Jeorge Tripps氏が自ら製作、
しかも、Eric Johnson氏の為に作ったプロトタイプなんです。
いいですか、皆さん!Signature Modelではないですよ!本人用のプロト!
一緒に作ったうちの1台は勿論エリック本人が所有。

こんなマニアックでストーリー性とドラマがあり、しかも音がいいエフェクター、他にありますか??
f:id:shimastaff-01:20180319111639p:plain
即買いですね。

この日はホテルに帰って、大満足のルシ駒でした。
f:id:shimastaff-01:20190513115253j:plain

この日はなんと62年製のSuperAMPも入手。
f:id:shimastaff-01:20190513115457j:plain

こいつらを眺めながら眠る、幸せな初日の夜となりました。

気持ちの良い朝を迎えた我々は、朝食にSUBWAYへ。
日本ではまず見ない、パワフルなサンドイッチの中から選びます。
f:id:shimastaff-01:20190513115939j:plain

そりゃあ、ミートボールも星になるってもんですよね。
f:id:shimastaff-01:20190513120027j:plain

朝から満腹な我々は搬入日となる会場に向かいます。
f:id:shimastaff-01:20190513121019j:plain
ちなみに、サングラスは必須。日差しが日本とは全然違います。カッコつけではなく、無いと運転できません。

会場に到着
f:id:shimastaff-01:20190513121133j:plain

早速ですが、まずはJimmyのところへ。
するとなんと、そこにはJimmyを訪ねてBONJOVIのPhil X氏が!
f:id:shimastaff-01:20190513121530j:plain
超ナイスガイでした。

浮かれてしまいますが(笑)仕事しないといけませんね。
今回の旅のパートナー、イマイに交渉事を任せ、
f:id:shimastaff-01:20190513121759j:plain

私は検品をしていきます。
f:id:shimastaff-01:20190513122010j:plain:w450

私を介さずJimmyWallaceの楽器が日本に入ってくることはありません。
今回も事前にお願いしていたものを含めて
f:id:shimastaff-01:20190513132512j:plain
どの業者よりも我々最優先で選定させて頂きました。
私たちが選定したものを全て我々のブースに移動してしまうと、主催者である彼のブースに物が無くなってしまうので、
こんな状態に(笑)
f:id:shimastaff-01:20190513132741j:plain
並んだ楽器がずらっとSold(笑)

我々の仕入れを見ていた現地業者の皆は、「あのアジア人スゲエなあ」みたいな雰囲気に(笑)なっていました。
ピックアップも準備してもらいましたが、数が多いので、ショー会場の裏側で。
f:id:shimastaff-01:20190513133232j:plain

そして、ここでJimmyからビッグサプライズが。
ドドン!
f:id:shimastaff-01:20190513133658j:plain:w450
まだ世の中にこの2台しか誕生していない、ハンドワイヤリングのエフェクター
当然彼が自分で使用するために組んで、使用しているものです。
そして、、、
f:id:shimastaff-01:20190513133811j:plain
譲って頂きました。
f:id:shimastaff-01:20190513133841j:plain

販売の方法や価格など、まだ全て未定ですが、Jimmyと相談中。
皆様にご案内できるようにぜひしたいと思っております。
まずはこのプロトをイベントに持っていきますので、試して頂きたいと思います。
イベント参加者限定で予約受付とかしちゃったり、、、、なんてね(笑)いや、ほんとにまだ全部が未定です。


それでは、Jimmyのところで入手したものを一気に公開して、ブログ前半を終えたいと思います。

ハルイチさん、本間さん絡みで話題騒然!待っている方の多いV・スペシャル・ジュニア系からどうぞ!
f:id:shimastaff-01:20190513141446j:plain
f:id:shimastaff-01:20190513141514j:plain
f:id:shimastaff-01:20190513141657j:plain
f:id:shimastaff-01:20190513141559j:plain
f:id:shimastaff-01:20190513141628j:plain
f:id:shimastaff-01:20190513143849j:plain
f:id:shimastaff-01:20190513143911j:plain
どうですか?やばいでしょ!!

初のベースも!
f:id:shimastaff-01:20190513142402j:plain

アンプもあります!
f:id:shimastaff-01:20190513141825j:plain
f:id:shimastaff-01:20190513142001j:plain
こちらのヘッドは、キャビももちろんあります。
アンプはほかにも、
f:id:shimastaff-01:20190513141927j:plain
f:id:shimastaff-01:20190513142038j:plain
大変な争奪戦となりそうですね。。。

f:id:shimastaff-01:20190513142216j:plain
f:id:shimastaff-01:20190513142250j:plain
f:id:shimastaff-01:20190513142321j:plain
f:id:shimastaff-01:20190513142453j:plain

そうそう、これ見て皆さん!
f:id:shimastaff-01:20190513142602j:plain
f:id:shimastaff-01:20190513142641j:plain
なんと、P90タイプのフロントPuが埋め込まれている。。。
f:id:shimastaff-01:20190513142755j:plain

f:id:shimastaff-01:20190513142823j:plain
f:id:shimastaff-01:20190513142845j:plain
f:id:shimastaff-01:20190513142907j:plain
f:id:shimastaff-01:20190513142940j:plain
f:id:shimastaff-01:20190513143036j:plain
f:id:shimastaff-01:20190513143104j:plain
f:id:shimastaff-01:20190513143142j:plain

これに関しては、ストラトタイプですが、音質は別種。
マホボディ(Jimmyも話していましたが、マホじゃないとこのTVイエローにはならんのですね)にウェンジネック。ヤバいこれ。
f:id:shimastaff-01:20190513143213j:plain
f:id:shimastaff-01:20190513143348j:plain
f:id:shimastaff-01:20190513143409j:plain
f:id:shimastaff-01:20190513143433j:plain

f:id:shimastaff-01:20190513143501j:plain
f:id:shimastaff-01:20190513143522j:plain
f:id:shimastaff-01:20190513143548j:plain
f:id:shimastaff-01:20190513143650j:plain
f:id:shimastaff-01:20190513143713j:plain
f:id:shimastaff-01:20190513143739j:plain
個人的に黒はカッコよすぎてもう大変です。よだれが。
f:id:shimastaff-01:20190513143803j:plain

これなんて、こうカッコよすぎて泣けてくる。
f:id:shimastaff-01:20190513143943j:plain
カラーも、ケースも良すぎ。
f:id:shimastaff-01:20190513144032j:plain
f:id:shimastaff-01:20190513144053j:plain
これなんてさ、皆さん見てよ
f:id:shimastaff-01:20190513144325j:plain
いやもちろん超かっこいいんですけど、Certificateにね
f:id:shimastaff-01:20190513144448j:plain
「NSN」って「ノンシリアルナンバー」のことかい!
流石Jimmy(笑)
ラストはネックがイケてるこいつで締め
f:id:shimastaff-01:20190513144706j:plain

どうですか?
今回は争奪戦!では済まない人気の楽器もありますので、公平を期す為に、早い者勝ちはやめます!たぶん!
情報を待て!

次回のブログは後半戦、ジミー以外の買い付け品(これもヤバいですよ)と周辺の様子をご紹介!

ルシアー駒木でした!
f:id:shimastaff-01:20180405161249p:plain

その他の「ルシアー駒木のギターよもやま話」を読みたい場合はこちら!

島村楽器・初のスマホアプリ「ギタトレ」を更に楽しむ有料コンテンツのご紹介

f:id:shimamura-music:20190425174954j:plain
皆さん、こんにちは。
開発担当フジモトです。

今回は、2018年9月13日(木)のメディア発表会にてデビューしました「ギタトレ」の有料コンテンツのご紹介をしたいと思います。

「ギタトレ」メディア発表会の様子はこちら!
www.barks.jp

ギタトレは、ギター初心者の方からアドリブ入門者の方がゲーム感覚で楽しみながらスキルアップできるコンテンツを多数搭載しています

  • ギターの専門用語がわかるQ&Aと用語辞典メニュー
  • 写真で押さえ方がわかるコード一覧表
  • ゲーム感覚で実践的な練習ができるライブモード
  • 演奏のレベルアップにチャレンジできる検定モード

他にも「アドリブ練習モード」も搭載していますので、アドリブを弾いてみたい方や練習をしたい方にも最適です。

幅広いジャンルの曲で練習したい!そんなあなたにオススメの有料コンテンツ

ギタトレは基本無料のiOS/Android用アプリですが、もっと幅広いジャンルで練習したいという方のために有料コンテンツも用意されています。

f:id:shimamura-music:20190425165439p:plain
ギタトレの無料・有料コンテンツ一覧

2019年5月31日まで期間限定セール実施中!!
通常840円(税込)のギタトレ有料コンテンツが86%OFFの120円(税込)でお求めいただけます!

今回は有料コンテンツの中から4タイトルをピックアップして、実際に演奏したチャレンジ動画をご紹介いたします。

ライブモード:JP Pop Rock

www.youtube.com

ストロークとカッティング奏法とのコンビネーションです。ローコードのカッティングはコードを押さえる手を緩めるだけでは開放の音が止まらないため、ストローク後に手の平の側面でを押さえる(の上に手を乗せる感じです)ことで開放も止められますので試してみてください。

アドリブ練習モード:Minor Rock

www.youtube.com
ロックの王道ともいえるコード進行で、マイナーキーのアドリブ練習には最適です。多くの楽曲に応用が利きますので、ぜひハイスコアを出せるよう何度もチャレンジしてみてください。コツは、速弾きよりもコードトーンをフレーズに取り入れることです。

検定モード:HR Star(3級)

youtu.be
パワーコード全開のハードロック・パターンです。スピード感がキモとなりますが、音の粒立ちにも注意することでタイトでインパクトのある演奏になります。パワーコードは基本的に全てダウンピッキングで弾けるようにすることがポイントです。

検定モード:Blues Rock(2段)

youtu.be
シャッフル・ブルースの基本形のコード進行です。途中で転調する難易度の高い曲ですがスケールは平行移動で対応が可能です。この曲では、3フレットを軸にしたスケール・ポジションから6フレットを軸にしたスケール・ポジションへ移動させればOKです。(移動のタイミングを覚えてしまうのがコツです)

ギタトレとギターの音をアンプから出すセッティング

今回の動画で紹介した、「ギタトレとギターの音を実際にアンプから出して楽しみたい!」というのはアプリ公開当時からたくさん頂いていた要望です。

そこで今回、ギタトレ専用のアクセサリーセットをご用意しました!

f:id:shimamura-music:20190509175103j:plainf:id:shimamura-music:20190509175110j:plain
ギタトレ専用アクセセット

スマホアダプターを中継することで、ギターの音をスマホ/タブレットへ入力しています。
ギター音のモニターにはルイスのギターアンプ”LGA-15S”を使いました。

f:id:shimamura-music:20190425170044j:plain
ギタトレとギターの音をアンプから出すセッティング

www.shimamura.co.jp

セッティング方法についてはこちらの動画をご覧ください。
www.youtube.com

これがあればすぐできる!ギタトレ専用アクセセット

f:id:shimamura-music:20190509175103j:plainf:id:shimamura-music:20190509175110j:plain
ギタトレ専用アクセセット

商品名 ギタトレ専用アクセセット
内容 スマートフォン用アダプター・Y字ケーブル・ミニSTケーブル
備考 ギターアンプは含みません

store.shimamura.co.jp

ビギナー以外もしっかり楽しめるアプリなんです!

ギタトレは、ギター初心者の方からアドリブが苦手な方まで、楽しく遊んでいただけるコンテンツを搭載していますので、多くのギタリストの方に体験していただきたいと思います。

  • ギターを始めたいけれど練習方法がわからない方
  • 昔ギターをやっていたけどしばらく弾いていなかった方
  • 曲のコピーはできるけれどアドリブが苦手な方
  • こっそり練習してギターが上手くなりたい方

上記に当てはまる方も当てはまらない方も、気軽にゲーム感覚でギター演奏が楽しめるギタトレをぜひインストールしてみてください。
そして演奏後に表示されるスコアを更新してスキルアップを目指してください。

それではまた!開発担当フジモトでした。

八王子店 【待望の消音ピアノシステムが我が家にやってきた!!~消音ピアノ納品レポート~】

こんにちは。Webサイト担当のサクラザワです。
全国の島村楽器 各店舗が配信している、店舗情報・イベントブログの記事の中から、おすすめの記事をご紹介するこのコーナー

今回の記事は、東京の八王子店 ピアノインストラクターのノダが紹介した、グランドピアノに取り付けることができる消音ピアノシステムの取り付けレポートです。

日本の住宅環境とは切っても切れない騒音問題。
でも、お仕事の都合などで「夜にしかピアノを弾く時間が作れない」という方はとても多いですよね。
電子ピアノも選択肢の一つですが、アコースティックピアノで練習したいという方は特にこの騒音問題でお悩みなのではないでしょうか?

そんなあなたに役立てるかもしれないコルグの「KHP-5000」。
取り付けの様子からどのような仕組みになっているかまでお送りします。

こちらの記事は、島村楽器店舗ページで掲載している情報の中から、おすすめの記事をそのまま掲載しています。
既に開催し終了しているフェア・イベント、販売が終了している商品情報の場合がございますので、ご注意ください。

消音ピアノシステム納品レポート

こんにちは。ピアノインストラクター野田です。
この度、自宅の私物グランドピアノに消音ピアノシステムを取り付けました!
どのような作業をするのかなかなか見る機会が無いと思いますので、レポートいたします!
消音ユニットをご検討中の方はもちろん、ピアノが好きだよという方もぜひぜひご覧ください!

KORG KHP-5000

今回ピアノに取り付けたシステムは、コルグの「KHP-5000」。
商品を購入し、取り付け作業工賃を店頭で支払った上での訪問作業となります。

消音システムを導入したワケ

私、つい最近引っ越しをしました。グランドピアノを所持していると、グランドピアノ搬入可・演奏可物件を探すのは実は結構苦労するものです…。
やっとの思いで見つけた賃貸物件でしたが、演奏できる時間は19時まで。
それでは仕事で帰りが遅い私にとってはピアノの練習がちっともできない!!となり、夜中でも練習できるように消音システムを取り付けることに踏み切りました!

取り付け作業開始!

今回取り付け作業をしてくださった方は、島村楽器の調律師でコルグの認定技術者でもある方。
ベテラン感が漂っており、安心してお任せすることができました!

ピアノの状態チェック!

ピアノの状態チェック!
賃貸物件なのですがこの部屋には楽器演奏のために「調音パネル®(YAMAHA)」が設置されています。おかげさまで自宅でスタジオのような心地よい響きで演奏できています。
学生時代にかなり弾きこんだピアノですが、調律師さん曰く状態は良いとのことで…ホッと一安心です。
ピアノの状態だけでなく、部屋の残響についてもアドバイスしていただきました。

気になる商品箱の中身

横幅1m以上もある大きな箱。持ち帰った際は鍵盤と同じサイズの何かが入っているのかしら?と思っていましたが…
いざ開封。

ワクワクして覗きましたが、素人には全く分からない機械が詰め込まれていました。(笑)

ピアノ内のクリーニング

ピアノ内のクリーニング
掃除機で隅々まで綺麗にしていただきました!電子システムにはホコリが大敵とのこと。ホコリを溜めないように心がけます!

鍵盤を外して、ピアノ内部に配線をしていきます。

鍵盤を外して、ピアノ内部に配線をしていきます。
ピアノの中を覗き込む事なんて貴重!!
ピアノの中を覗き込む事なんて貴重!!

鍵盤の調整作業です。

鍵盤の調整作業です。
鍵盤の並びが均一になるように丁寧に調整していきます。
鍵盤の並びが均一になるように丁寧に調整していきます。
ハンマーの持ち上がり方にも差が出ないように整備していくそうです。
ハンマーの持ち上がり方にも差が出ないように整備していくそうです。
私のピアノのハンマーはもうだいぶ削れておりました…よく言えば頑張った証…?

光センサーの設置です!

光センサーの設置です!
鍵盤を乗せる土台の上にセンサーが敷かれました。これでスイッチを入れると電子音に切り替わるようです。

アップで見てみると物凄い精密機械!!

その間、土台から外された鍵盤たちはバラバラと落ち着きなく並んでいました。(笑)

敷かれたセンサーの上に鍵盤が設置されました!!

消音機構の取り付けです。


ハンマーがに当たると音が鳴ってしまうので、ハンマーを上がりきらなくするためのパーツをとりつけていきます。

持ってみると軽いアルミ製のパーツでした。ハンマーの衝撃を受け止める部分は硬いフェルトのようなものでした。

ペダルスイッチの取り付け

ペダルスイッチの取り付け
ペダルも電子信号に変換できるように配線します。
ハーフペダルまで感知してくれるので安心。

動作確認

動作確認
電源が入り、正常に動くか動作確認をして……
ついに完成!!
アコースティックも電子も楽しめるハイブリットなピアノに生まれ変わりました!!!!

さいごに

消音ピアノユニットを取り付けたことで、夜中でも周りを気にせずに演奏ができるようになりました!
夜中だけに限らず、周りを気にして思いっきり演奏できずに苦労していらっしゃる方も多いのでは?
気になる方はぜひ八王子店ピアノインストラクターまでお問い合わせくださいね。

お問い合わせ

店舗名 島村楽器八王子店
電話番号 042-656-7321
待望の消音ピアノシステムが我が家にやってきた!!~消音ピアノ納品レポート~ - 島村楽器 八王子店 シマブロ


音の問題でアコースティックピアノでの練習を諦めていた方も、これならいつもより遅い時間でも練習が楽しめそうですね!

今回紹介した消音ピアノシステム、コルグの「KHP-5000」についての詳細はこちら
www.shimamura.co.jp

それではまた!

© Shimamura Music All rights reserved.