島村楽器公式ブログ

全国展開している総合楽器店のスタッフが、音楽や楽器の楽しさや、楽器店にまつわるお話をお伝えします。

ルシアー駒木のギターよもやま話 その134「こだわりのHistoryベース」

皆さまこんにちは!

食べるラー油食べるラー油でも、ラー油キクラゲにはまっている、ルシアー駒木です。

皆さん知ってます?
ラー油キクラゲ

え?今回の話題はあのレトロリロンさんだって!?

突然ですが、最近人気急上昇中のバンド「レトロリロン」ってご存じですか??
retroriron.com
最近様々なフェスに続々ご出演、音楽ファンの心を次々に鷲掴み!
業界の注目も集めています。
SNSでも露出度が最近グッと上がっているので、目にされてる方も多いはず。

実はルシ駒、
レトロリロンさん、特にベーシストの飯沼さんとご縁を頂きました。
凄い楽器の誕生に結び付きましたので、その物語をご覧頂けたらと思います。

それでは参りましょう!

飯沼さんとHistoryブランド&新宿店リペアマンとの物語

飯沼さん学生時代、Historyとの出会い

飯沼さんが地元広島で島村楽器広島祇園店のお客様だった、、
というところからすでに島村楽器とのご縁は始まっているのですが、

今に繋がるご縁となったまさに運命の分岐点は、
2017年 当時19歳の飯沼さん
島村楽器新宿店でGH-BJ5A M/CTMというモデルをご購入下さいました。
もしこの時に別ブランドの楽器を購入されていたら、、、
今回のドラマは生まれませんでした。

この時から飯沼さんは「History愛」を温めて下さったのです。

そして佐藤との繫がり

そして、飯沼さんがちょくちょく顔を出して頂くようになっていた新宿店に、2019年 大阪梅田店で店頭リペアスタッフをしていた佐藤が異動してきます。
新宿PePe店 佐藤 - ギターリペア スタッフ紹介|島村楽器のリペア
佐藤曰く、「最初に持ってきてくれた時はストラップピンの取付だったんですよ~」
との事ですが、
そこから、定期的なメンテナンスを行いつつ、ジャック位置変更・キルスイッチ増設・ノブ製作・フィンガーレスト製作・ピックアップ交換等、数々の改造を進めていきました。
良い音を追求しやセッティング等2人で色々試す、まさに試行錯誤の日々

来店間隔がどれほど空いた時でも1か月開いたことはなかったという、正に「常連様」だった訳ですね。

そしてレトロリロン結成~デビューへ

レトロリロン結成は2020年6月
佐藤にとっては「リペア常連のお客様が凄いバンドを組んで凄いライブをしているらしい」という事ですから、当然早い段階でライブ観戦をし、その時に「これは激推ししていくぞ!!」と決意していたそうなのですが、

何と所属が決まった事務所はあのラストラムさん!
www.lastrum.co.jp


そうです、ルシ駒がファンクラブの企画にも参加させていただいている、Official髭男dismさんの所属する有名な音楽事務所です。
もちろん、現場ではたくさんのスタッフの方々にお世話になっています。
ここで全てが繋がりました。


実は飯沼さん、プロとしてやっていく強い決意と共に、いつか愛するHISTORYで自分のモデルを出したいとの想いを持って下さっていたそうなんです。
ただご自身が、、まだ知名度や実力がそんなレベルに達していない・・・と思われていたそうで、あくまでも「いつかは」という夢のような感じ。

しかし、初めてレトロリロンのライブを見た時に、その演奏力や曲の完成度の高さに驚き応援したい気持ちを強くしていた佐藤、
ここで応援しなくてどうする!!
しかもルシ駒とも縁深いラストラムさん所属になったって!?
チャンス到来!!と

駒木に話を持ってきた訳です。

飯沼さんオリジナルベースの製作へ

改造を繰り返してきたHistoryを検証

製作の為に、まずは飯沼さんが佐藤と改造を繰り返してきたHistoryを工房に持ってきて頂き、ご本人に解説してもらうところからスタートしました。

細かなご要望もしっかり聞いておきます。

そして製作

メイン機であるGH-BJ5A M/CTMをもとにしつつ、サウンドイメージやカラーリングなど、ご要望をふんだんに取り入れたモデルの製作です。

木工を仕上げ
カラーリング
塗装の乾燥期間中に、配線も組んでいきます。結構複雑な配線です。

印象的なピックガード

佐藤と改造してきたメイン機の外観的な特徴にもなっているピックガード
※これまでのメイン機↓

こちらは飯沼さんのご友人でもある芸術家のshowchi.さんが手がけたもの。

今回のベースもshowchi.さんアートで彩って頂くために、私が先んじて楽器に合わせたPGを製作してお送りし、その表面を作品に仕上げて頂きました。

遂に完成

それではご覧ください!


Historyの基本的な偶数倍音が特徴的な鳴りをヘリテイジウッドのネックで作り、且つ少しふくよかさをプラスオンする為に、
ボディは木目が浮くほどのラッカー極薄塗装、ネックはそのバランスを見ながらウレタンで振動を抑えるように吹き、表面の仕上げでボディと違和感ないようにしました。

サイドは黒に見えますが、実はブラウンを重ねて吹いているので、ステージでスポットが当たると茶色ががって見えるようになっています。
ピックアップはJIMMYWALLACEの5
配線も飯沼さんこだわりの仕様となっています。
ネック&指板の杢も美しい
如何ですか?
気に入って頂ければ嬉しいです。

如何でしたでしょうか

きっと今後のライブで皆さんの目にも触れる機会があるはず!
今後とも全力技術サポートしてまいります!
ルシアー駒木でした。

その他の「ルシアー駒木のギターよもやま話」を読みたい場合はこちら!

ルシアー駒木のギターよもやま話 その133「晴れ舞台は筋肉バトル!?」

皆さまこんにちは!

梅から雪柳、桜へと咲いていくこの季節最高だよねと思いながら、
それが終わった後の毛虫発生に今から恐怖しかない

ルシアー駒木です

今回は久々ゴールデンギターの話題!

さて皆さま

ゴールデンギターの事はもちろんご存じですよね!

こちらの公式記事もオススメ↓

実はこのゴールデンギター、結構意図的なサウンドメイクをしていました。

マハさんがHistoryを長く使って下さっている事もあって、「らしさ」を全開に尖らせたというか、他のギターとある意味で対極に持っていく感じ。

ちなみに、ですが、皆さんこちらの拙著はご存じでしょうか??


こちらの本で今回の改造内容の根幹になるような理屈を解説しているので、もし詳しく知りたいという方はご一読いただければと思いますが、ゴールデンギターはパーツの選択などもすべて「音の為に」選択していました。

塗装もウレタンを使って少し厚めの仕上げ。ボディの振動を抑える目的です。

今でも「これはこれで一つの正解」だと思っていますが、バンドとのマッチング、他のギター機材とのサウンド差、音響さんの意見、etc...
様々な要因から、もう少し柔らかく、温かい方向にサウンドシフトを試みようという事になりました。

そしてゴールデンギターはVer2へ

まずパーツの変更から試していきます。様々なパーツを一旦つけてみて、耳で確かめ波形で計測し・・・
を繰り返しました。

巻きが楽っていうメリットもありますがそれ以上に「重量アップ」を求めて採用していたロックペグから軽量なものに変更してみたり

左がロック式ですね。

ブリッジも同様に「重量アップ」を求めて、重ための2点支持タイプを選んで固定して取り付ける、、などしていました。
これね。

幾つか試してみます。

結果、
今回ブリッジにはVEGATREMを採用。
このトレモロシステムは、通常「スムーズなアーミングと安定したチューニングを求めて!」みたいな理由で採用する方が多いと思うのですが、質量が元のトレモロに比べて格段に少なくなります。

まずこれが元のトレモロシステムのブロック部分

そして、VEGATREM

VEGATREMの取り扱いは、Solid Bondさん

代表の重田さんにはいつもよくしていただいています。


今回このゴールデンギターにはVEGATREMが今のところ一番よさそうというお話をさせて頂いたところ、重田さんが特別に1セット用意して下さいました。
重田さんありがとうございます!!

そして、パーツの選択は上手くいったのですが、もう少し大きく変化させてもいいかな、、、という事で、ルシ駒大決断!

塗装も薄くしちゃおうと!

という事で完成比較です。
どうですか??

(左)元の塗装、(右)新しい塗装



木目が浮き出るほどの薄さ且つ金ぴか度合いはむしろ増すようにルシ駒頑張りましたよ!



ご本人様にも無事納品。

ライブ当日

マハさん最初のギターテックは私だ!
と言えるのは本当に光栄なことですが、あれからライブの規模も大きくなり頻度も上がった今は、当然プロフェッショナルなテックさんが付いていて下さっていますので、製作者の私も安心です。

ちなみにこの日マハさんが使用した楽器は3本。
ゴールデンギター以外の2本(1本はウクレレ)も、「ルシ駒が米国から持ち帰ったルシ駒しか扱えないJimmyWallace」「ルシ駒がリフィニッシュ&再組み込みしたウクレレの2本です。

誇らしい!

ついにこの時が!!

ライブの詳細はご来場されたファンの方のみのものなので、ここでは差し控えますが、マハさんご本人がSNS投稿された写真をご覧ください!!
みてこれ!


マハさん×ゴールデンギターとmisamisaさんの
ギターVS筋肉!!

こんなの見たことないよ~

最高です。

マハバンド最高

マハラージャンの曲って、抜群のワードセンスで生み出された歌詞とfunkやsoulの影響も色濃い曲のmagicだと思いますが、これって、演奏が完璧でこそクールに仕上がる。演奏力が無いとこのセンス抜君のワードが単に面白い方向に行っちゃう。
マハバンドはその意味でもいつも凄まじいです。もう上手いとかそういう言葉で表現するのは失礼なレベル。

いつもお世話になっております!

皆さまいかがでしたでしょうか

今回のライブはもちろん最高でしたが、
まだまだ改善点は無限に。

とはいえ、まずは今回のライブ大成功にてブログも締めさせていただきます。

ありがとうございました!!

ルシアー駒木でした。

その他の「ルシアー駒木のギターよもやま話」を読みたい場合はこちら!

ルシアー駒木のギターよもやま話 その132「友情コラボ再び」

皆様こんにちは!

私はあまり紅茶は飲まない人生だったのですが、航空会社のラウンジにある紅茶をたまたま飲んだのがきっかけで、一気にはまってしまいました。
特に果物系のやつ。

皆さんのお勧め紅茶、教えて下さい。

ルシアー駒木です。

ギタラバ今年も始まりました!

さてさて、今年も始まっております、
ギタラバ!!

昨年はリアル催事として「ギタラバ東京」が開催され大好評!

多くの皆さまからの要望を受け、今年はリアル催事を全国エリアに拡大!盛り上がりを見せております。

昨年のギタラバで注目された、友情コラボ!

昨年、ギタラバ東京会場では私の買い付けなどは勿論ですが、ルシ駒との友情から販売の叶った特別な商品も沢山ありました。

OOPEGG 田鍋さん
GOODNESS GUITARS 新井さん
SOLID BOND 重田さん

そうなるとさ、皆さん期待が膨らむでしょ?
今年は特別なやつないの?って

今年もやりました!

という事で、今年も友情で助けてもらいました!
今年ルシ駒に力をかしてくれたのは、
Addictone Custom Guitars
代表の渡辺祐さん!!

実は祐さんとは何かとご一緒する機会がありまして、いつか特別なコラボが出来たらなあと思っていたんです。

↓以前はこんなトークをご一緒したことも


絶対に特別な1本をギタラバに用意したいと思ったルシ駒、

祐さんに工房に来て頂きミーティングをしたり
Addictoneさんの事務所にお邪魔したり
ランチミーティグしたり(笑)
製作途中でもお話させてもらいながら

ついに完成しました!!

ギタラバTOKYO、丁度1か月前となる11月10日、納品いただきました!!

⇑リアル開けた瞬間

いやあ、最高過ぎるやつが完成しました。
御覧ください!

いつものアディクトーンさんとはちょっと異なったビンテージの風が吹いています
ピックアップはルシ駒コラボだからこそのJIMMYWALLACE!!
ブリッジ落とし込みはアディクトーンさんの十八番!
ネックの杢も強烈(ちゃんと反り対策が施されているので安心!)

カッコ良すぎでしょ!


テンションピン無しなので、ナットの上面を少し多めに残しているあたり、技術者目線で見てもニクイ

Spec

Body Alder
Neck Roasted Flame Maple
Fingerboad Madagascar Rosewood
Frets Jescar FW55090
Fingerboard Radius 10”
Scale 25.5"
Neck Pickup Jimmy Walace P.A.F.
Neck Pickup Jimmy Wallace ST single
Bridge Pickup Jimmy Wallace TL Bridge
Control 1Vol, 1Tone ( Pull for Middle Pickup-On ), 3way
Tuners Gotoh SD91
Bridge Joe Barden
Neck Joint Addictone original NV Neck Joint Plate
Color Aged Black

という事で、こちらのスペシャルギター、ギタラバ東京会場の浅草橋ブースでお披露目となります。

お楽しみに!!


ルシアー駒木でした。

その他の「ルシアー駒木のギターよもやま話」を読みたい場合はこちら!

ルシアー駒木のギターよもやま話 その131「USA短期集中大移動ツアー! 後編」

皆様こんにちは!

カップ麺を音叉で食べると、思いのほか金属の味がして美味しくないルシアー駒木です。

大好評のDonGrosh工房前編に続き、米国ツアーの後編です。
前回の記事はこちら
blog.shimamura.co.jp


それでは早速Go!

Nashvilleに移動

飛行機でNashvilleに移動します

前回も素晴らしい買い付けが出来たNashville滞在ですが、今回は私がずっと行きたくてタイミングが合わずにいた友人のショップをまず訪ねました。
その友人とは


Brian!
この写真はだいぶ前のDallasGuitarfestivalの時ですが、毎回Dallasで会う度に「店来いよ」と言われていて、でもなかなかその機会はなく。
今回どんな順番で回るかという話をしている時に、はっ!と思い出しまして。Brianの店 Nashvilleって言ってたじゃん!と。

ついに友人Brianのベース専門ショップ「LOWEND」へ

ようやく来れました。

宝探しをしていきます

他にもメジャーな店は勿論。小さな個人店も色々回って、交渉検品交渉検品


今回も素晴らしい買い付けが出来ました。


今回も楽器を積んでのロングドライブに備え、車はBIGなやつを借りています。
ドドン!

日産車ですが、まさにAmericanSUV!!

5.6LのV8で、最高出力は400hp(405ps)デカい!

いよいよDallasへのロングドライブ

買い付け品を積み込んでいざDallasへ移動です

途中Memphisで昼食休憩も定番のコース。ポテトがデカいw

いつ来ても良い感じの街だなあ


延々と続く直線道路

景色はこんな感じなので、ナビの画面もこんな感じですww


到着まで1~2時間という感じのタイミングで夕食
Dallasですからね、そりゃTex-Mex cuisineっきゃないでしょ!

私は「Clint Eastwood」(左)、イマイは「bo diddley」(右)。メニュー名の根拠はわかりませんw


Dallasに到着。少し道が混んでいる場所もあり、休憩も入れて14時間ほどの車移動になりました。

Dallasと言えば!?

そして翌日。Dallasと言えば勿論あの人のところからスタート

Mr.JIMMY Wallace

まだ買い付けたギターの詳細は秘密ですが、今回も凄いのを入手していますよ。
すこ~しだけお見せしましょう。

The Men's Guitar!

これ待ってた人多いよね

この色はカッコよすぎる

即売れちゃいそう

『JIMMYの考える、HR/HMギター」のプロトタイプ


な!な‼ナニコレ!! アッシュTOPコリーナBACKのGibson LP

アンプもやばいのGet!

皆どうよ

他の友人達のところも勿論訪ねていきます

Michael

Brian

killer Guys

皆いつもありがとう!

JIMMYとは大切な時間を共有しました

Thank you JIMMY &Amy!

そして今回の楽器はおそらく冬に控えた『ギタラバ』で展開するだろうことを見据えて、購入いただいたお客様へのギフトとして、オートグラフを書いてもらいました。

(左)私と妻からのお土産も喜んでくれました。 (右)この写真、自分がメチャ楽しそうな顔していて気に入っています。良い写真撮ってくれたNerissaに感謝。


ギャラリーにこんな看板が置いてあったんですが、出演者見てください。

このメンバーにPlayerとして名を連ねているJIMMY、やっぱり凄い人だ。

ほんとJIMMYのスタッフは最高。まさにFamily。

ありがとう!!また来るよ!

さて、如何でしたでしょうか?
Groshの動画も気になるでしょう?
入荷してくるのはどんなギターか!?

ちなみにルシ駒、ギタラバ、東京会場はもちろんですが、仙台と大阪にも行く予定。
乞うご期待!
ルシアー駒木でした。

Denverのホテルで食事ミーティングをされていた、サンタの皆さんでお別れです!

その他の「ルシアー駒木のギターよもやま話」を読みたい場合はこちら!

ルシアー駒木のギターよもやま話 その130「USA短期集中大移動ツアー! 前編」

皆さまこんにちは!

地方出張があったので「地元で愛される老舗楽器屋がどんなか、こっそり偵察してやろう。。。」とコソコソしながら入ったら、

「お!ルシアー駒木さんじゃないですか!!どうしたんですか??いらっしゃいませ!!」

って明るく迎えて頂き、全然偵察にならなかったルシアー駒木です。

米国出張に行ってきました!

お客様からの多くの強い要望もあり、今年も米国買い付けに行って参りました。

しかも、今回は買い付けのみならず、ギチギチにスケジュールを組んで「あの工房」にも再訪!!

早速ご覧いただきましょう!!

早速『あの工房』へ直行!!!

LAで巨大なラップを食べつつ飛行機を乗り継ぎ
やってきました。ロッキー山脈が見えるここは・・・そう、Denver!

GroshGuitars

Donとは弊社が代理店業務を開始した時に、日本に入荷するすべての個体をルシ駒が検品する、というところから関係が始まりました。

9年前の記事はコチラ⇒
blog.shimamura.co.jp


実は安定して入荷がなされる様になり、ルシ駒はその任を後輩に託したのですが、2021年に入るころから、再び技術的な担当に。
しかし時はパンデミック真っただ中。身動き取れずだった訳です。

しかし今はもうその心配も要りません。
更に輸入や営業面でGroshを担当し、同時に買い付けのパートナーでもあるイマイは、なんとまだ直接Donの工房には行った事が無いと。

それなら今回買い付けのタイミングで改めて会いに行こう!となった訳です。

何とDonご本人の作業が見られるなんて!!感動!!

今回はなんと工房の見学だけでなく、Donご本人の作業をたっぷりと見せて頂く事が出来ました。

写真にはありませんが、奥様Daniのピックアップ製作まで!
という事で、久々の訪問はとても充実したものになりました。

お別れ前には一緒に食事をさせて頂きました。良い時間


実は動画もガッチリ撮っていますので、是非Groshのイベントを開催して皆さんに見て頂ければと思っております!

そういえばですが

Denver到着日の夕ご飯、地元で有名らしいバーガー屋に行ったのですが、もうね、名前が最高なわけ

その名も Bad Daddy's Burger Bar

メニューも最高なわけよ

出てきたバーガーは「Bad Ass Burger」やべえ

お二人に感謝

旅のスタートDenverのGroshGuitarsはDon&Daniの素敵な人柄に支えられて、素晴らしい時間になりました。

ロッキー山脈の夕焼けで、前編は終了。

後編はいよいよ買い付け、Nashvilleに移動です!

ルシアー駒木でした!

その他の「ルシアー駒木のギターよもやま話」を読みたい場合はこちら!

© Shimamura Music All rights reserved.