読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器公式ブログ

全国展開している総合楽器店のスタッフが、音楽や楽器の楽しさや、楽器店にまつわるお話をお伝えします。

2017年 春 弦楽器ヨーロッパ買付レポート チェコ編 その2

弦楽器の話

皆さまこんにちは!島村楽器楽器シニアアドヴァイザーの扇谷です。

楽器ヨーロッパ買付レポート チェコ編も「その2」に。
その1では、チェコの名工シュピードレンの唯一の弟子にして現在のチェコにおいて若手第一の製作家、ヴァツラフ・ピクルト氏の自宅兼工房にお邪魔しました。

いよいよドイツ&ボヘミアヴァイオリンの本格仕入れ

いよいよドイツ&ボヘミアヴァイオリンの本格仕入れプラハの老舗ショップにやってまいりました。
今日の目的地のあるマンションに到着。

f:id:shimamura-music:20170309122504j:plain

f:id:shimamura-music:20170309122518j:plain

昨年はまだ改装中でしたが、現在はマンションのワンフロアを丸々使ったとっても素敵なアトリエに変身していました。

f:id:shimamura-music:20170309122530j:plain

f:id:shimamura-music:20170309122540j:plain

こちらのショップにはかなりたくさんの楽器があるため、選定にもしっかり時間をかけて取り組みます。

実際に楽器を演奏し、状態を確かめながら選定していきます

f:id:shimamura-music:20170309122556j:plain

f:id:shimamura-music:20170309122755j:plain
大体100年前後の古い楽器が多かったですが、1本1本個性が違い、試奏していてもキャラクターの違いにかなり選定を迷いました。
楽器の状態を茂木がチェックし、どんなに音が良くても基準を満たさないものは候補から外します。

f:id:shimamura-music:20170309122839j:plain

選定の結果選ばれた12本のヴァイオリンたち。

f:id:shimamura-music:20170309122851j:plain

良質なモダンジャーマンを中心に、分数やバロックも手に入れました。
最後に手に入れた楽器を手に写真撮影。

f:id:shimamura-music:20170309122908j:plain

プラハからミラノに移動してきてホテルに着いた時は夜中の1時を回っていました。
夜のミラノ駅。

f:id:shimamura-music:20170309122927j:plain

移動でフラフラなのか(笑)少し写真がぼけてます。でも夜のミラノ駅はライトアップされて荘厳な雰囲気でした。

f:id:shimamura-music:20170309122943j:plain

翌朝は快晴!散歩して写真を撮りなおしたのがこれ。
明日からいよいよクレモナに移動し、各工房を訪問していきます。

ではまた次回レポートでお会いしましょう。
島村楽器楽器シニアアドヴァイザーの扇谷でした。

2017年春 楽器ヨーロッパ買付レポート その他の記事はこちら

2017年春 楽器ヨーロッパ買付レポート その他の記事はこちら

blog.shimamura.co.jp
blog.shimamura.co.jp
blog.shimamura.co.jp
blog.shimamura.co.jp
blog.shimamura.co.jp
blog.shimamura.co.jp

© Shimamura Music All rights reserved.