読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器公式ブログ

全国展開している総合楽器店のスタッフが、音楽や楽器の楽しさや、楽器店にまつわるお話をお伝えします。

手軽で簡単な電子ドラム「JUG JOY DRUM」レポート「Vol.1 組み立て編」

こんにちは。バイヤータナカです。

先日、こちらのブログにてWebサイト担当オザワがお知らせしました「JOY DRUMモニターキャンペーン」ですが、ありがたいことに早くもたくさんのご応募をいただいているようです。

JUG JOY DRUMモニターキャンペーンについてはこちら↓

ドラムはご自宅の環境やスペースの問題で、いざはじめようと思ってもなかなか踏ん切りがつかず躊躇した方も多いはず。

そんなドラムをやってみたいという大勢の方のご要望に応えるべく、
JOYDRUMはみんなが手軽に簡単に楽しめるドラムセットをコンセプトに

  • スペースをとらないコンパクトな設計であること。
  • 電子ドラムなのでボリュームの調整ができ、ヘッドホンでも楽しめること。
  • 販売価格¥19,800(税込)というお求め安い価格設定であること。

を実現し誕生しました。

この話題沸騰中のJOY DRUMについてもっと詳しく知りたいというご要望にお応えし、その全貌を3回にわけてレポートさせていただきます。

今回は「組み立て編」題しまして、その特徴に迫ってみましょう。

この中にドラムが‥‥!驚きのパッケージ

じゃん!

なんとこの1つの箱の中にJOY DRUMのパーツが全てはいっております。

それでは早速組み立ててみましょう!

‥‥出来ました!

組み立てにかかった時間は約1時間半程度でしょうか?
パーツが多いため組み立てに多少時間はかかりましたが、組み立て自体は簡単です。

組み立て時のおおよその外寸は、(W)900 ×(D)520 ×(H)1080mm

数字だとちょっとわかりづらいですよね。

ためしに新聞紙の上に乗っけてみました。

JOY DRUMの大きさは新聞紙1枚分と同等のコンパクトサイズ。

使用しない時は‥‥

このように折りたたむことで更にスペース削減です。


折りたたんだ後は、持ち運びも楽!
重さは9.7kgですが、バー部分をつかめば片手で持てますよ。

それでは改めてそれぞれのパーツをクローズアップしてみましょう。


多彩な音源がつまったモジュールがこちらです。

この音源モジュールは11種類の各ドラムキットの音色にバリエーション音色が加わりトータル32音色プリセットしております。
音色が多彩なので、様々なジャンルで活躍できそうですね。



こちらが実際に叩くドラムパッド部分です。
ドラムパッドを叩く強さに応じて128段階で音量の強弱を表現します。



こちらはフットペダルです。

スイッチタイプペダルを採用したことで、
周りや階下にも振動が伝わりづらい静粛性を実現しました。

組み立て編 まとめ

外観の特徴を中心にお届けしました「組み立て編」いかがでしたでしょうか?

このレポートを書きながら、ふと学生時代を思い出しました。
タナカの友人が雑誌をドラムセットの高さにつみあげ擬似ドラムセットで練習していたことを(遠い目)‥‥。

タナカの学生時代にJOY DRUMがあれば、タナカの友人は毎回崩れるドラムセットと戦うことはなかったでしょう。

さて、このJOY DRUMは

  • ドラムをこれからはじめよう、という方
  • 自分はギタリストだけどドラムにも興味があるぞ、という方
  • 昔ドラムをしていたんだけど久しぶりに挑戦してみようかな、という方
  • この夏はドラムをはじめてシェイプアップだ、という方

みなさんにおススメです。

既に絶賛発売中ですので、ご興味のある方は是非お近くの店舗で実物をご覧ください。
島村楽器は、みなさんのご来店を心よりお待ちしております。

また島村楽器オンラインストアでも絶賛発売中です。

Amazonでも購入可能です。
[asin:B00573SYUS:detail]

次回はJOY DRUMの機能面に注目した「基本機能編」をお届けいたしますのでお楽しみに!

JOY DRUM発売記念!モニターキャンペーンを実施中です!!


さきほどもご紹介させて頂きましたが、JOY DRUMの発売を記念したモニターキャンペーンが実施中です!
抽選で選ばれた方にJOY DRUMをモニターしていただき、そのまま製品をプレゼント!というキャンペーンなんです!応募は簡単なので、ぜひ参加してみてくださいね!
詳しくはこちらをご覧下さい!

応募はこちらです!!

© Shimamura Music All rights reserved.