島村楽器公式ブログ

全国展開している総合楽器店のスタッフが、音楽や楽器の楽しさや、楽器店にまつわるお話をお伝えします。

九州ビッグバンド 第2回合同練習レポート!【ユアステだよりPart4】

こんにちは。音教企画課のタカセです。

暑い日が続いていますね。今年の「YOUR STAGE」は、初日の九州会場が8月4日(土)。東京会場は8月8日(水)~14日(火)の7日間です。

ということで、真夏のビッグイベントまで、ついに1ヶ月を切りました!この【ユアステだより】でご紹介させていただいているご出演者の皆様も、本番に向けてますますパワーアップしています!

前回のPart3では、定年退職後にピアノを始められ、ピアノソロで初出演されるNさんにご登場いただき、ピアノへの熱い想いや演奏曲の選曲秘話、現在の練習方法などをご紹介させていただきました。

そして今回は、Part2でご紹介しました「九州 大編成ビッグバンド」の第2回合同練習の様子を、担当インストラクターのカワシマによるレポートと共にお送りいたします。

進化するビッグバンド♪ 合同練習レポート第2弾!

1回目の合同練習から1ヶ月が経ち、「九州ビッグバンド」第2回目の合同練習がやってまいりました。
前回の練習開始前は、参加メンバーの皆さんのドキドキや不安が伝わってきて会場にも緊張感が漂っていたようですが、今回は、席が近い方同志で「どんな練習したのー?」「練習できてなくてやばいですー!」などとお話をしながら、ワイワイと和やかな雰囲気で賑やかに準備をされていたそうです。
初回に比べて、皆さんだいぶリラックスされていたようですね♪

f:id:shimastaff-02:20180709145520j:plain
写真だけでも演奏の迫力が伝わってきます♪ 担当カワシマ(左)の指揮も気合いが入ります

心強いサポートメンバーも加わりパワーアップ!

今回はご出演会員の皆さんのほかに、本番当日に舞台で演奏サポートをする講師・インストラクターも練習に参加しました。
ドラムのタシロ先生、トランペットのマエダ先生、ピアノのインストラクタークスモト、バリトンサックスのインストラクターネモトが加わり、前回にも増してゴージャスな厚みのあるサウンドに!

練習での変化は?担当カワシマに聞きました♪

カワシマより

今回は、テンポの速い「イン・ザ・ムード」から練習をスタートしました。
皆さん前回よりも、難しいリズムや早いフレーズも自信を持って吹けている方が多かったです。
仕上げまでの課題が多かったイン・ザ・ムードも、本番のテンポにかなり近づくことが出来ました。
前回アドバイスをした細かい音のニュアンスなども、皆さん1ヶ月間しっかりと練習されてきてとてもレベルアップしました。
指揮をしながら、すごいパワーと変化を間近で感じることができました。

そしてもう1曲、「ムーンライト・セレナーデ」。技術的にはイン・ザ・ムードのほうが難しいので、ムーンライト・セレナーデはあまり練習していなかったり、忘れていたりするかな?と、ちらりと不安がよぎりましたが、この曲もよく練習が出来ていてスムーズな流れになっていました!

アンサンブルで難しいのは「周りの音を聴きながら吹く」こと。
自分の演奏に集中しすぎると、他の人の音やメトロノームが聴こえなくなることがよくあります。
でも、前回の練習で課題とした「他のパートの音を聴く」「それぞれの役割を知る」ことを皆さんよく理解されていて、思わず指揮をしながら泣きそうになってしまいました。
メンバー皆さんの音の変化が、本当に嬉しかったです!

f:id:shimastaff-02:20180709145550j:plainf:id:shimastaff-02:20180709145604j:plain
左:アルトサックスの方々 右:バリトンサックスHさん マウスピースを新調して音量3割増し!

ビッグバンドの楽器と人数♪

この「ユアステだより」では今回で3回目の紹介になった「九州ビッグバンド」ですが、”そもそも、どの楽器の人が何人いるの?”と感じている方もいらっしゃるかもしれません。
せっかくなのでここで少し、基本的なビッグバンドと、今回の九州ビッグバンドの編成をご紹介したいと思います。

基本の編成とは?

ビッグバンドとは、大編成で演奏されるジャズのジャンルのことを指します。
一般的な人数は、

  • サックスが5名(アルト2名・テナー2名・バリトン1名)
  • トランペット4名
  • トロンボーン4名
  • リズムセクション4名(ピアノ・ギター・ベース・ドラム)

の計17名と言われています。
JAZZスタンダードでは「グレン・ミラー 楽団」が有名で、今回九州で演奏されるムーン・ライト・セレナーデも実はグレン・ミラーの曲です♪

九州大編成ビッグバンドの編成は?

全体の人数は49名と、一般的なビッグバンドのほぼ3倍の人数!
そして楽器の編成は、

  • サックスだけで41名!(ソプラノ1名・アルト28名・テナー9名・バリトン3名)
  • クラリネット2名
  • トランペット4名
  • リズムセクション2名(ピアノ・ドラム)

です。
サックスの人数が圧倒的に多いのが特徴ですね。
ソプラノサックスやクラリネットは基本的に編成には加わらない楽器だそうなので、大規模で面白い編成のビッグバンドと言えるのではないでしょうか。
使用している楽譜も、今回の編成に合わせて担当カワシマがアレンジしたもの。
どんなサウンドになるのか、仕上がりが楽しみです!

f:id:shimastaff-02:20180709145611j:plainf:id:shimastaff-02:20180709145622j:plain
テナーサックスリーダーのUさん(右)いつも「もっと大きく吹きましょうよー!!」とパートメンバーをパワフルに盛り上げてくださいます

サポートメンバーも本番に向けて気合いが入ります

メンバーに加わる講師・インストラクターも楽しみながら、サウンドを支えます。
応援コメント:

私もYOUR STAGE初体験でドキドキしています!一緒に楽しんでSwingしましょう!
(ドラム講師:タシロ)

皆さんと一緒に演奏できるのが今からとても楽しみです!精一杯サポートさせていただきます!
(ピアノインストラクター:クスモト)

f:id:shimastaff-02:20180709145528j:plainf:id:shimastaff-02:20180709145540j:plain
左:右奥がドラムのタシロ先生 右:ピアノの奥にピアノインストラクターのクスモト

合同練習は次回がラスト♪

3回行われる合同練習も、いよいよ次がラストの3回目。
本番は8月4日ですから、本格的にラストスパートに入ります。

カワシマより

この2回の練習で、それぞれの曲の細かい部分の確認が出来たので、3回目の練習では、ムーンライト・セレナーデは”美しくムードのある音色とハーモニーで”、イン・ザ・ムードは”テンポ140で切れ味鋭いニュアンスとリズムで”というテーマで、仕上げに入ろうと思います!

そして、『これはホールで聴かないともったいないですよ!!』と力強いコメントも!
ご興味のある方、お近くの方、ぜひ当日、福岡のFFGホールに聴きにいらしてください!

次回はピアノのNさんの近況をご報告!

Part5では、8月9日(木)サントリーホールにピアノでご出演されるNさんの、本番の衣装や、プレコンサート前の準備や練習など、本番当日まで1ヶ月をきったNさんのご様子をお送りします。お楽しみに!

ユアステだより記事一覧










YOUR STAGE公式サイトはこちら

© Shimamura Music All rights reserved.