島村楽器公式ブログ

全国展開している総合楽器店のスタッフが、音楽や楽器の楽しさや、楽器店にまつわるお話をお伝えします。

ルシアー駒木のギターよもやま話 その84「緊急速報!」

皆さまこんにちは。

念願かなって身に着けた磁気ネックレスの効果に驚愕している
f:id:shimastaff-01:20180319131049p:plain
ルシアー駒木です。

本日は緊急速報としまして、皆様にお届けしましょう!

ルシ駒のブログではもうお馴染みとなりました、
JIMMYWALLACE!



「日本人はお前にしか売らない」「お前がディストリビューター」と言ってもらえる信頼を得てきたルシ駒ですが、
私が橋渡し役として、プロミュージシャンの皆さまや、沢山のお客様にお届けして参りました。

そして、今回また新たにギターを愛する素晴らしいミュージシャンが、JIMMYの楽器を使って下さる事になりました。
私の作業部屋で実際に楽器をチェックしにいらしたので、チョットだけ、お見せしますね!
その方とは!!!
f:id:shimamura-music:20181005094855j:plain
新藤晴一さん!

続きを読む

音楽をより楽しく!島村楽器の管楽器リペアが大切にしていること

こんにちは。Webサイト担当のサトウです。
ギターリペア・管楽器リペア・楽器リペアの総合案内サイト『島村楽器のリペア』で配信している記事の中から、おすすめの記事をご紹介します。

技術、接客ともに日々磨きをかけレベルアップを続ける管楽器リペアスタッフですが、彼らはいったいどのような指導を受け、どのようにリペア技術を磨き、どのような接客技術を身につけて毎日リペアに励んでいるのでしょうか?今回はその様子を詳しく書いた、管楽器リペアセンターの横山の記事をご紹介します。

それでは早速ご覧ください!

こちらの記事は、島村楽器のリペア総合案内サイトの情報の中から、おすすめの記事をそのまま掲載しています。既に開催し終了しているフェア・イベント、販売が終了している商品情報の場合がございますので、ご注意ください。

続きを読む

いよいよ今週末から!HOTLINE2018エリアファイナルスタートです!

f:id:shimamura-music:20180912154720p:plain
みなさんこんにちは。Webサイト担当のニシナガです。
5月から募集スタートした、HOTLINE2018も8月にショップライブが終了しました!応募いただいたアーティストのみなさんありがとうございます!

次はいよいよエリアファイナル!

島村楽器全国132店舗でのライブ予選(ショップライブ)に参加したアーティストから選抜されたアーティストが各地域の有名ライブハウスやホールでジャパンファイナルへの出場権をかけて挑むのがエリアファイナルです。

エリアファイナルは全国11箇所で開催します!

開催日 エリア 会場
9月16日(日) 群馬・信越エリアファイナル 高崎club FLEEZ
9月16日(日) 神奈川・静岡エリアファイナル 新横浜 NEW SIDE BEACH!!
9月17日(月・祝) 中国・四国エリアファイナル 広島CLUB QUATTRO
9月17日(月・祝) 九州エリアファイナル 福岡イムズホール
9月24日(月・祝) 千葉エリアファイナル 柏PALOOZA
9月29日(土) 東京エリアファイナル 高田馬場CLUB PHASE
10月6日(土) 北関東・埼玉エリアファイナル HEAVEN’S ROCKさいたま新都心 VJ-3
10月7日(日) 東北エリアファイナル 仙台Rensa
10月7日(日) 中部エリアファイナル 名古屋CLUB QUATTRO
10月8日(月・祝) 北海道エリアファイナル 札幌KRAPS HALL
10月14日(日) 関西エリアファイナル 梅田CLUB QUATTRO

各エリアファイナルのページでは出場アーティストのショップライブでのライブ動画もご覧いただけます!

エリアファイナルにはゲストアーティストも出演!

全国11箇所で開催されるエリアファイナルにはショップライブを勝ち抜いたアーティスト以外にも、ゲストアーティストが出演するんです。

the tote (HOTLINE2014 JAPAN FINALグランプリ)

f:id:shimamura-music:20180912121044j:plain
2014年のHOTLINEでグランプリに輝いた、下北沢・横浜を中心に活動している4ピースポップバンド「the tote」

www.youtube.com

thetote.jp

twitter.com

karte (HOTLINE2017 JAPAN FINAL優秀賞)

f:id:shimamura-music:20180912124221j:plain
時に激しく、時に静かに。心を歌うロックバンド「karte」
昨年九州エリアファイナルを勝ち抜き、JAPAN FINALで優秀賞を獲得した彼らがゲスト出演!

www.youtube.com

karte 公式サイト
twitter.com

ゆるふわリムーブ

f:id:shimamura-music:20180912124231j:plain
広島発 ネガティブポップバンド「ゆるふわリムーブ」HOTLINEを始めとした数々のオーディションに進出し、確実にその名を広めているバンドがゲスト出演!

www.youtube.com

ゆるふわリムーブ 公式サイト
twitter.com

HOTLINE2018エリアファイナル みなさんのご来場お待ちしています!

今年はどのアーティストがJAPAN FINALへの出場権を勝ち取るのか!?
ぜひ実際に会場で見届けてください!
エリアファイナルのチケットは開催エリアの島村楽器で発売中です!
www.shimamura.co.jp

みなさまのご来場お待ちしています!

初出演のNさんの本番当日とその後をレポート!【ユアステだよりPart8】

こんにちは!音教企画課のタカセです。
真夏の祭典「YOUR STAGE」のご出演者の裏側をレポートさせていただいたこのユアステだよりは、2018年は今回が最後となりました。
これまで読んでいただいた皆様、ありがとうございます!

前回のユアステだよりはこちら

今回のPart8は、定年退職を機にピアノを始められたNさんの、初のユアステ本番当日、そして本番後のレッスンでのご様子を、担当インストラクターワカタビのレポートを交えてお送りいたします。

ピアノのNさん ついにブルーローズの舞台へ!

f:id:shimastaff-02:20180907171705j:plain
サントリーホールの正面入り口 手前はカラヤン広場です

Nさんは、8月9日(木)の「Over50(オーバーフィフティー:50歳以上の方限定)公演」に出演されました。
ユアステに出演のきっかけも、担当ワカタビに勧められて会場でご覧になった昨年のOver50公演だったというNさん。
色々なことに楽しみながらチャレンジされるNさんは、ご観覧後に「自分もやってみようかな」とご出演を決意され、これまでこの日のためにたくさんの準備を重ねてこられました。

Nさんのこれまでのご様子はこちら♪





本番の舞台でのNさん

Nさんの本番の日はわたくしタカセも会場におり、Nさんの演奏を担当インストラクターワカタビと一緒に客席で聴かせていただきました。
ユアステだよりでこれまで紹介させていただいた、Nさんのピアノへの想いや努力されてきたことを思い出すとドキドキして、Nさんが舞台に登場しただけでも感激してしまいました。
ワカタビはこの瞬間、「胸の高まりとともに温かく見守らせていただいていました・・!」との事。

舞台でのNさんは、ピアノと向き合って一音一音、その瞬間を噛みしめながら大切に弾いているように見えました。
緊張されていたと思いますし、ご自身としては悔しい部分もあったかもしれませんが、特に曲の中盤では、ペダルで響きをつけながら気持ちをたっぷりと込めて演奏されていて、音もホールによく響いてとても美しかったです。
そして後半はとても活き活きとした演奏でした。弾き終わりお辞儀をされたNさんは、客席からの大きな拍手に包まれていました。
私も、感動で胸がいっぱいになり、精一杯拍手をさせていただきました!

f:id:shimastaff-02:20180907162849j:plain
演奏直後のNさん(左)と ワカタビ(右) 衣装もとても素敵でした♪

本番直後にお話を伺わせていただきました♪

Nさんの演奏後、タカセはワカタビとともにNさんのもとへ駆けつけ、お話させていただきました。

ワカタビ:「本番の舞台は、どうでしたか?」
Nさん:「プレコンサートで弾いた時は、これはいけるかな?!・・・と思ったのですが、ピアノ演奏はおしゃべりと違うから、やり直しが出来ないしね。おしゃべりならいくらでもねえ・・・。ステージに出たら、緊張してしまいました(笑)!」
Nさんは教員でいらっしゃったとの事。人前で話すことと演奏では、また違った緊張感があったようです。

Nさん:「でも、来年はもう嫌だとか、そういう気持ちは全くなく、またやってみても良いかな。今回は初めてだったしね。何事も、やっぱり慣れが必要なんですね。場数を踏まないと・・・!」
「とにかく、チャレンジできて良かった!と思っています」

初めてのユアステの舞台を終えたNさん、とても晴々とした表情をされていました。

f:id:shimastaff-02:20180907163048j:plain
ロビーにてもう1枚 少しお話をされて、リラックスした表情のNさん

本番の数日後 レッスンにて♪

ユアステ後の最初のレッスンでは、ワカタビと、次に取り組む曲や今後の抱負について、こんなお話をされたそうです。

Nさん:「次のレッスン曲は、映画音楽も良い曲が多いので、映画の曲を弾いてみて、その曲を今後のサロンイベントで発表したいです。」
ワカタビ:「映画音楽も素晴らしい曲がたくさんあって、素敵ですよね。」「いよいよNさんのテーマ、シルクロードの終着のトルコマーチに進まれるのかなとも考えていたのですが・・来年のユアステージのご出演はどのように考えていらっしゃいますか?」
Nさん:「映画曲のレッスンでの仕上がりや上達具合によって、来年出来るかどうかは別としても、またユアステージでの演奏をやってみようかな~とも思っています。」
ワカタビ:「ではその時に、念願のトルコマーチにチャレンジできるか様子を見て、選曲も考えてみましょうか?」
Nさん:「これからの様子次第でね!」

f:id:shimastaff-02:20180907162859j:plain
Nさんがお持ちの楽譜は60年代後半~70年代の名画・洋画のテーマや洋楽バラードの曲集です♪

次の曲のレッスンも始まっています!

ワカタビより:

次の曲は、Nさんの雰囲気にとても似合うので是非!とお勧めし、「マイウェイ」に決定しました!その後は『「虹の彼方に」をレッスンして、12月頃を目途にしてもう1曲出来たら、その中からサロンイベントでの発表曲を選んで・・!』と、Nさんから活き活きとご要望をいただきました。
「マイウェイ」は早速レッスンで、模範演奏の録音や、メロディーを譜読みしながらポイントの確認などを行っています!

またお会いできることを楽しみに

ユアステ初出演という大きな挑戦を終えられ、意欲的に次の目標に向かって進み始めているNさん。
これからレッスンされる映画の曲も、Nさんのテーマであるシルクロードの終着「トルコマーチ」も、Nさんらしく大切に、チャレンジしながら仕上げていかれるのだと思うと、私もとてもワクワクします。

Nさんにはこれからも、末永くピアノを楽しんで続けていただきたいと心から思います。
そしてまたユアステージでお会い出来ることを、楽しみにお待ちしております!

YOUR STAGE2019のユアステだよりでお会いしましょう!

「ユアステだより」も、2018年はこのPart8で終了です。これまで読んでいただいた皆様に、あらためて感謝申し上げます。
YOUR STAGEの魅力が少しでも伝わっていたら嬉しいです。
また来年、このユアステだよりでお会いしたいと思いますので、お楽しみに!!

ユアステだより記事一覧










YOUR STAGE公式サイトはこちら

ルシアー駒木のギターよもやま話 その83「音が『良くなる』って!?」

皆さんこんにちは。
街で、少年・青年時代に聴いた音楽が流れてくると、思わず涙がこぼれてくるお年頃
f:id:shimastaff-01:20180319131049p:plain
ルシアー駒木です。


先日、神奈川県のモザイクモール港北店でこんなイベントが開催されました。
f:id:shimastaff-01:20180810172922p:plain


楽しそうでしょ
f:id:shimastaff-01:20180319111817p:plain

今回の港北は3本立てイベントでしたが、その中の「調整会」は、こんな感じ
f:id:shimastaff-01:20180822151753j:plain
で、お客様とお話しながら店頭で作業をしていきます。

この、ルシ駒調整会、
実は、巷で物議を醸す事があるんです(笑)

要するに皆さん議論したくなっちゃうのは、「絶対音が良くなる」と銘打っているところ。

音って絶対良くなるなんてあり得るんでしょうか。

これ、実はルシ駒確信犯でこのタイトルにしているのですが、
ルシ駒思うに、「音が良くなる」事って実は無いと思っています。

爆弾発言(笑)
f:id:shimastaff-01:20180319111639p:plain

だって、「音」に良い悪いなんてそもそも無いと思いませんか?

え?イベントタイトルと矛盾しているって?

では本日はそこんとこちょっと解説してみますね。
f:id:shimastaff-01:20180319131049p:plain


実は、先日とあるお客様からお受けしたご要望に対するルシ駒の作業が、その答えになっていたんですよ。

あるお客様が、1本のフォークギターを基本的には気に入って頂いたとの事。しかも、低音の開放の響きはかなりお気に入り
ですが、それに比べると、1・2の開放の音や、6のハイフレットのサスティーンに少々不満がある、という事でした。

つまり、基本的な音質、特に低音の開放などは変化させずに、1・2開放と、6のハイフレットのサスティーンを向上させてほしい、という内容。


多分、そのままではお受けしない楽器店も多いのではないでしょうか。特に「リペアショップ」は多分やる事が無いのでは?、、、だって、この楽器、壊れてないですからね(笑)。そもそも新品ですし、リペアする箇所がありません。

f:id:shimastaff-01:20180319111639p:plain

ここで私が駆使したのは、以前ブログでご紹介して、大反響となったこちらの技法!


どうなったのか、結果をご覧頂くと、、、、、

作業前の6開放と
作業後の6開放とを比べてみましょう!

※赤・・・ピッキングした瞬間の波形
 緑・・・3秒後の波形

f:id:shimastaff-01:20180810174602p:plain
作業前の6開放↑
作業後の6開放↓
f:id:shimastaff-01:20180810174659p:plain

殆ど一緒です。

  • アタック音はほぼ一致しています。
  • サスティーンにも特記すべき大きな変化はありません。
  • 加工後のサスティーンの方がやや大きく波形が複雑(倍音豊富)になりました。

つまり

6開放に関しては作業による大きな変化は無し

という事です。サスティーンを伸ばした音質が少しふくよかになった感じでしょうか。



次に、
1解放の作業前と、作業後

f:id:shimastaff-01:20180810174909p:plain
1解放の作業前↑
作業後↓
f:id:shimastaff-01:20180810174814p:plain

これは比べてみると、

  • アタック音はほぼ変化ありません。
  • サスティーン(グリーンのライン)は大幅な変化ありですね。倍音の構成比は変化ない(つまり音色の雰囲気には変化なし)ですが、100Hz~あたりの3秒後が持ち上がると同時に、1kHz以降は明らかに激変、プレーンで向上の難しい高い周波数の倍音においてサスティーンの向上が確認出来ます。

つまり、

1に関しては、アタックに大きな変化がないまま、サスティーンの大幅向上

という事です。


最後に、6の15フレットの波形は、
f:id:shimastaff-01:20180810175552p:plain
作業前↑と
作業後↓
f:id:shimastaff-01:20180810175522p:plain

  • アタック音はほぼ変化無しですね。
  • サスティーンは基本となる周波数中心に全体がグッと持ち上がったような形(高音同様周波数の構成は変わらないので、音色に変化は殆ど無いと言える)

つまり、

基本の音色をほぼ変える事無く、そのまま音が伸びる様な形での向上が確認出来た

という事です。


如何でしょう。
f:id:shimastaff-01:20180319111639p:plain

「基本的な音色は変えない」「開放の音は変えない」「低音ハイフレット&1・2のサスティーンを伸ばしたい」という目的はほぼ果たせていると思います。

つまりルシ駒は、
Playerの好みのサウンドに楽器を寄せていく事が出来るんです。

音に良い悪いなんて無いですよね。だって、すんごいノイズがバリバリ出ていても、「ノイズがロックだぜ!」って人は、そのノイズが良い音な訳ですから。
f:id:shimastaff-01:20180319111639p:plain
そこに在るのは「好きな音」か「嫌いな音」か、だけです。

つまりルシ駒のイベントは、持ち主の好きな音に絶対寄せて調整しますよ!って事。
だからそれが

「絶対音が良くなる」=「あなたにとっての良い音に絶対する」調整会

って事なんです。

どうです?こう聞いたら詐欺じゃないでしょ(笑)!

普通「調整」という言葉は、高とか、ネックの反り、とか、何か狂ったものを寸法的に整える事を指す場合が殆どだと思います。世の中の「調整会」は大概これですよね。
が、ルシ駒は違います。音を調整する調整会なんです。

お近くの店舗で開催される時には、是非ご参加下さいね!「音」の話をテーマにしたトークショーなども各地で開催中!
音質矯正したい方も、まずは店頭で相談だ!
島村楽器では私以外にも凄腕技術者達が工房で皆様の楽器をお待ちしています。店頭常駐店ならその場で解決しちゃうかも!?

まずはお近くの島村楽器へダッシュ!!!!!
f:id:shimastaff-01:20180319111817p:plain
ルシアー駒木でした。

その他の「ルシアー駒木のギターよもやま話」を読みたい場合はこちら!

© Shimamura Music All rights reserved.