島村楽器公式ブログ

全国展開している総合楽器店のスタッフが、音楽や楽器の楽しさや、楽器店にまつわるお話をお伝えします。

銘木発見!! すげ〜っベース現れる!!

こんにちは、商品開発課ブログ担当ゴータローです。
まだまだ続く熱帯夜、みなさんいかがお過ごしでしょうか?
新型インフルエンザも元気いっぱいはびこって‥‥くれぐれもお気を付けくださいませ!!
ゴータローも、外から帰ったら欠かさず手洗い・うがいです。

貴重な銘木

さて、前回引っ張った「すげ〜っ」ってやつです。
こんなです!!↓

いわゆる「バリトラ」です。しかも、ボディはアルダーです。
CoolZの「ZJB1R/3TS」っていうベースです。
screenshot

CoolZ / クールZ ZJB1R 3TS ベース 3TS

CoolZ / クールZ ZJB1R 3TS ベース 3TS

アルダーで、こんなトラ杢出ることあるんだぁ‥‥‥
ゴータローは、初めて見ました。
工場開発担当者の方も、ギター製作人生ウン十年でやっぱり初めてだそうです。
ついつい、工場の片隅で2人で盛り上がってしまいました。
すげ〜〜〜っ!!!って。

「トラ杢(もく)」って?

そもそも、「トラ杢ってなに??」って方のために。
ギターやヴァイオリンに使われる木材に「トラ杢」と呼ばれる自然の木目が出ることがあります。
見た目がきれいなので、家具や装飾品などにも使われるようです。

こんなのです↓

「とらもく」とか「とらめ」などと呼ばれるこの木目、木材密度の疎密によって発生するそうです。
とくに「メイプル」という素材にきれいな「トラ杢」出ることが多いようで、ギターではよく使用されます。

実際、上の写真も「トラ杢メイプル」のストックです。
特に「トラ杢」がびっしりと現れたものは「バリトラ」などと呼ばれて珍重されます。
この「トラ杢」、どんな木材でも現れることはあるようです。
実際、バリトラのドラムスティックとか、たまに見かけます。

とはいえ‥‥‥
アルダー材でこんなにきれいに「トラ杢」が出たのは、ビックリ!!
きっと、ものすごいレアアイテムだと思います。

もし、「トラ杢アルダーで1本オーダー!!」って言われても作れません。
木材の入手ができないからです。

そんな貴重な1本に仕上がったこのCoolZベースですが、設計仕様上では、指定ボディ材は通常のアルダー
だから、生産時仕様違いということで不良品扱いに‥‥‥

するわけありません!!

ばっちり検品&セットアップをして送り出しました。

でも本当は‥‥
ゴータローも欲しかった‥‥‥‥‥‥(TT)

このベース、どの島村楽器のお店に行くんでしょう? ゴータローはそこまでは判りませんが……
もし、このベースに出会えた方!! オススメだと思いますよぉ〜!!

今日は、こんな素敵な1本に出会えて充実した一日でした。

そんな余韻を残して、今日はこの辺で。

© Shimamura Music All rights reserved.