島村楽器公式ブログ

全国展開している総合楽器店のスタッフが、音楽や楽器の楽しさや、楽器店にまつわるお話をお伝えします。

ルシアー駒木のギターよもやま話 その82「RAIMUNDOが更なる風を吹かせるのです!」

みなさまこんにちは!
磁気ネックレスを本気で欲しくなっている
f:id:shimastaff-01:20180319131049p:plain
ルシアー駒木です。

予想以上の大好評をいただいている、こちらのブログ↓

動画の再生数も凄い事になっております。
RAIMUNDOエレガットギターの凄さに皆さんようやく気が付いて下さったのですね!
f:id:shimastaff-01:20180319111817p:plain
「クラシック」だけのギターではないという事を皆様に知って頂けて本当に良かったです。
ガットを導入すれば、ロックやジャズ・フュージョン系の皆さんもプレイの幅がグッと広がります。

だがしかし!それだけではまだ終わりません!
みなさん、RAIMUNDOのエレガットが風を吹かせるもう1パターンがある事にお気づきでしょうか。
そこで今回ご協力お願いしたのが、
イダセイコさん!!
f:id:shimastaff-01:20180701103125j:plain
idaseiko.jimdo.com

そう、私がRAIMUNDOエレガットをお勧めするのは、「歌を歌う人」です。
皆さん「弾き語り=フォークギター」って決めつけていませんか??

ガットでの歌って、いいですよ~
私大好きなんです。

是非皆さんにその良さを体験して頂きたいと思いまして、ルシ駒、イダさんにお願いしミニライブをして頂き、そのままを動画撮影させて頂きました。

まずは完成した動画をご覧ください。

youtu.be



いかがですか??
イダさんの声が素敵なのは勿論なのですが、RAIMUNDOの音、良いでしょう??
これ何と、外部マイクもRAIMUNDOのマイクもほぼゼロ、ピックアップからそのまま小さなミキサーに入れただけで、ラインでの音そのままです。
イコライジングも、実は全てフラット。凄いでしょ??
この雰囲気、スチールじゃ絶対出せません。

折角ですので撮影の様子を少しだけお見せしちゃいましょう。
お越し頂いたのは、シマムラストリングス秋葉原。


なんのギミックもなし。店内で生演奏をして頂き、そのままそれを収録しました。
今回のコンセプトは、嘘のない変に加工していない生のそのままの音がどれほど気持ち良いかを知って頂くためのもの。
f:id:shimastaff-01:20180629141346j:plain
という事で、「レコーディング」というよりは「スタジオライブ」的な感じで準備を進めていきます。
f:id:shimastaff-01:20180629141343j:plain

撮影スタッフとして同席してくれているのは、私のスペイン滞在回のブログでも登場している、イトヤマです。
彼はここ秋葉原ストリングスの店長でもあります。
f:id:shimastaff-01:20180629141349j:plain
良い具合で録れていますよ~
f:id:shimastaff-01:20180629141442j:plain
f:id:shimastaff-01:20180629141445j:plain
イダさんにも撮れたものを確認してもらいます。
f:id:shimastaff-01:20180629141450j:plain


撮影後は談笑しつつ
f:id:shimastaff-01:20180629141454j:plain
手には、イダサン使用モデル(660E)とは別モデル(633 E/S Narrow Body)のRAIMUNDOが、、、

そして、、、、
f:id:shimastaff-01:20180629123252j:plain
イダさん、気に入られてお持ち帰り(笑)

f:id:shimastaff-01:20180319131049p:plain
いかがでしたか?
是非島村店頭で店員捕まえて、歌のマイクとRAIMUNDO準備させて、「歌いながら試奏」してみて下さい。
フォークギターとは違う魅力に気が付けますし、自分のこれまでと違った歌声を引き出せるはず!

ルシアー駒木でした!

その他の「ルシアー駒木のギターよもやま話」を読みたい場合はこちら!

© Shimamura Music All rights reserved.