読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器公式ブログ

全国展開している総合楽器店のスタッフが、音楽や楽器の楽しさや、楽器店にまつわるお話をお伝えします。

ミーナ町田店 【11月21日に行われた「ポール・ギルバート ギタークリニック」の潜入イベントレポート!】

おすすめ店舗記事

こんにちは。はじめまして!Webサイト担当のオクダです。
今回からおすすめ店舗記事紹介を担当させて頂くことになりましたので、どうぞよろしくお願いします!

全国の島村楽器 各店舗が配信している、店舗情報・イベントブログの記事の中から、おすすめの記事をご紹介するこのコーナー

今回は島村楽器50周年記念イベントとして、11月に行なわれた、ポール・ギルバート ギタークリニックについてミーナ町田店と、広島パルコ店が掲載してくれているレポートを順番に紹介していきたいと思います!
まずは、ミーナ町田店の鈴木さんがレポートしてくれたこちらの記事です!

こちらの記事は、島村楽器店舗ページで掲載している情報の中から、おすすめの記事をそのまま掲載しています。
既に開催し終了しているフェア・イベント、販売が終了している商品情報の場合がございますので、ご注意ください。

11月21日に行われた「ポール・ギルバート ギタークリニック」に
町田店ギター担当:鈴木が潜入してきました!
使用機材やセッティングなど、ファン必見のレポートをお届けします!

イベント詳細はコチラからどうぞ♪

当日16:00頃にポール氏が会場に入り、早速リハーサルがスタート!準備も最速です!
クリニックには慣れているポール。予定していた時間よりもスピーディに準備完了!

まず感じたのはアンプのゲインの低さ。
高速プレイを基本とするギタリストは、非常にアンプ・ゲインが高い方が多いのですが、
ポールのセッティングは非常にゲインが低く感じました。
「クランチセッティング」が基本のようです。(クリニックというのもあると思います。)


そこで早速、ローディの方にお断りして使用機材をチェック!!
今回、使用しているアンプはマシャールのDSL40×2でした。(ステレオにて出力)

今回は会場も踏まえて、あえて小型アンプ(40w)を使用する事でラウドな音圧を狙っているのでしょう。



何と!!!!クリーンチャンネルを使用しているではありませんか!!
基本セッティングはクリーンチャンネルでゲイン全開。(実際の出音は、クリーン〜クランチ程度です)
そしてEQはフラットセッティング・・・恐るべきポール・ギルバート・・・さすがです。


お次はポールの足元をお邪魔してきました♪こちらもファン必見のセッティング!


非常にシンプルな構成で、オーソドックスな歪みペダル以外は定番のフランジャーなど
至ってシンプルなセッティングですね。

最も左にある黒い斜めのペダルですが、これは左足でテンポを取る、
マイクが内蔵された「リズム・ボックス」です。
(恐らくこのアイテムもクリニック専用のアイテムだと思われます。)

この後、盛り上がりが最高潮に達してクリニックがスタート!

この時、私は最も後方のプレス席で撮影を行いましたが、最後方は撮影が難しい程に満員でした。

このままでは全く撮影が出来ない状況でしたので、バックステージに潜入!



熱い興奮がひしひしと感じる1枚ですね。


時折見せる往年の名曲フレーズにファンも私も大感激!!
興奮が止まないままに終演を迎えました。


最後はポールからファン・サービスタイム!
今回、ポールギルバートNewモデルを先行でご購入頂いた方に、
サインと2ショット写真をプレゼント!一生の思い出になる、感動の瞬間です。


完全に撤収後、特別に楽屋に潜入させて頂きました。
今回のツアーで使用していた「本人所有」のモデルの撮影。

本人が使用しているのは、特別に製作された高いモデルなんでしょ・・・と思っているそこのアナタ!
担当:鈴木が細かい箇所までチェックしてきました!



・・・何と!市販のモデルと全く同じモデルを使用しています!!ご安心ください!
(演奏性を考えて若干センターP.Uのみ下げたセッティングにしてあります)


最後にポール・ギルバート氏に楽屋にてポーズを決めて頂きました!
身長198cm!最高にカッコイイですね!

ありがとう!ポール・ギルバート!

11月21日に行われた「ポール・ギルバート ギタークリニック」の潜入イベントレポート! - 島村楽器 ミーナ町田店 シマブロ

ポール・ギルバートさんかっこよすぎです!
また、ミーナ町田店ではIbanezアーティストモデルご成約の方に、本人直筆サインをプレゼント!各限定1枚ですのでお早めに!

FRM100GB-MSTは、島村楽器オンラインストアでも販売しております!

次回は、広島パルコ店でのイベントの様子をご紹介いたしますのでお楽しみに〜!

© Shimamura Music All rights reserved.