島村楽器公式ブログ

全国展開している総合楽器店のスタッフが、音楽や楽器の楽しさや、楽器店にまつわるお話をお伝えします。

調律師のとある1日Vol.4「ピアノの防音対策について」

みなさんこんにちは。島村楽器ピアノセレクションセンター 調律スタッフのイイダです。
ご愛用のピアノは、今日もステキな音色を奏でていますでしょうか♪

今回はピアノの防音対策のお勧め新製品についてお話したいと思います!

防音で悩んでいらっしゃいませんか?

うちは防音室があるから大丈夫!とか、近所に家がないので・・・と言う場合以外は、やっぱり気になるのが防音対策ですよね。調律に伺ったお客様からもよく質問をいただきます。

対策として、

  • 弱音ペダルを使う(真ん中のペダル、もしくは左手下のレバー)
  • 消音ユニット(電子ピアノのように音を出さずヘッドホンで聴ける機械)を後付けする

などがあります。
しかし、
「タッチや音色は変えたくない」「ヘッドホンを装着して弾くのは嫌!」
という方もいらっしゃいます。

他にも部屋の窓を二重にしたり、カーテンを厚手のものにしたり、お部屋自体を改造する方法もありますが、手間も費用もかさんでしまいます。

そこで今回ご紹介するのは、

  • 新製品ピアノ用吸音パネル
  • ピアノの後ろに置くだけ
  • 簡単・シンプルなのにしっかり吸音

その名は「ナンバーチューン」!です!

アップライトピアノの背面に置くだけでしっかりと吸音してくれる、工事のいらない吸音パネルなのです。

アップライトピアノの場合、背面からの音が一番大きく、その音圧が壁を伝わり隣室や周囲に音漏れします。それを吸音しちゃいましょう!というわけです。
実際にお客様のお宅にて取り付けてきました!

あれ?ピアノの大きさに比べて、サイズが小さいですね・・・。
ですが、心配はいりません。背面の音が抜けるスペースをふさいであげればいいわけです。

そしてこのナンバーチューンは、ピアノから出る反響音も吸収してくれるので、まとまりのある聴きやすい音になります。
お部屋の環境やピアノの状態にもよりますが、「どうもうちのピアノはキンキンした音がするなぁ」とお感じの方や、「長時間演奏すると耳が疲れる」といった症状も軽減されます。
取り付けから数日後お客様に使用感をお尋ねしてみましたところ、しっかりと吸音効果を実感していただけたようで、とても喜んでいらっしゃいました。「これまでと比べて音がやわらかくなり聞きやすくなった」とのお言葉を頂きました。

またこの商品は、設置したことにより音量が物足りなくお感じになる場合、パネルの真ん中から二分割し好みの音量に調節することができるのです!

動画でもご覧いただけます。やや強引ですが、演奏中にパネルを横にスライドさせて音量・音質の違いをお聞き取り頂けるよう島村楽器ピアノセレクションセンターのスタッフが頑張りました!ぜひご覧下さい。

表面はファブリック素材(ラグみたいな感じです)で、7色から選べますので、ピアノやお部屋のインテリアに合わせたコーディネイトもお楽しみいただけます。

音漏れ軽減・耳にやさしい・おしゃれ♪

これまでになかった新しい「ピアノ用吸音パネル」、いかがでしたか?
島村楽器アコースティックピアノを展示しているお店では、「ナンバーチューン」を実際に見て触ってその効果をお試し頂けます!ぜひ一度お越し下さいね!!
(店舗によって商品をご覧いただけない場合もございます。お越しの際は事前にご確認の上ご来店下さい)。

次回はイトウがお送りいたします。おたのしみに。

島村楽器ピアノセレクションセンターについて

ピアノセレクションセンターは、専用工房を併設したアコースティックピアノ専門のショールームです。

フロアには、新品・中古ピアノ、アップライト・グランドピアノを合わせて常時100台以上を展示しております。また、専用工房ではピアノの調整・点検・修理を行い、アフターフォローにもお応え致します。

「調律師のとある1日」他の記事はこちら」

© Shimamura Music All rights reserved.