島村楽器公式ブログ

全国展開している総合楽器店のスタッフが、音楽や楽器の楽しさや、楽器店にまつわるお話をお伝えします。

ルシアー駒木のギターよもやま話 その71「仙台にも店頭リペアブースが!」

皆さまこんにちは!

最近ペデストリアンデッキにはまっている、

ルシアー駒木です。

ペデストリアンデッキ」って何のことか分かりますか?(笑)

ペデストリアンデッキ(英語: pedestrian deck)は、広場と横断歩道橋の両機能を併せ持ち、建物と接続して建設された、歩行者の通行専用の高架建築物。略称はペデ、ペデデッキ。
道路の付属物である横断歩道橋とは区別される。

ペデストリアンデッキ - Wikipedia

さて、本日は東北地方の皆さまへ朗報です!
過去にも新規開設の都度ご紹介して参りました、「店頭リペアブース」ですが、ついに東北初のリペアブースが誕生しました!


やってきましたのは、仙台駅!

f:id:shimamura-music:20170918140545j:plain
仙台駅


仙台駅から地上に下りることなくペデストリアンデッキ(ここで登場 笑)で建物に直結しています。

f:id:shimamura-music:20170918140532j:plain
仙台駅ペデストリアンデッキ


1分程歩くとすぐに見えてきました、仙台イービーンズ!

f:id:shimamura-music:20170918140523j:plain
仙台イービーンズ


島村楽器は4Fです。エスカレーターを上がると、すぐお店の入口があります。

f:id:shimamura-music:20170918140508j:plain
島村楽器仙台イービーンズ店 入口


右側から店内奥にかけてはデジタルのコーナーやサロン、スタジオ。

f:id:shimamura-music:20170918140457j:plain
仙台イービーンズ店


左側がギターやベースですね。

f:id:shimamura-music:20170918140445j:plainf:id:shimamura-music:20170918140432j:plain
仙台イービーンズ店 ギター・ベースコーナー


そしてその奥に見えてくるのが、リペアブース!

f:id:shimamura-music:20170918140556j:plain
仙台イービーンズ店 リペアブース



いい雰囲気ですね!

常駐しておりますのは、遠藤です!

f:id:shimamura-music:20170918140422j:plain
仙台イービーンズ店 リペア担当 遠藤

実はこの遠藤、なかなかのキャリアを持っております。

出身は宮城県。地元愛強し。

学校で専門的な勉強した後、ギターの工場に就職。そこで製造に携わる事2年。

更にその後木工を中心とした工場へ。そこでは何と1人でギター部門を担当する事5年。

製造の現場で、木工や検品・セットアップ、ギターケーブルの作成までこなしてきた、まさに「現場叩き上げ」。しっかり経験を積んだところで、満を持して地元に帰って来ました。

ギターの技術はピアノ調律の様に国家資格ではありませんし、管楽器技術の様な「グレード」などもありません。目に見える技術の物差しが何もない訳です。
だからこそ自由な発想で新しい技術がどんどん生まれてきたと言えますが、同時に『自己流だったり腕がイマイチな状態だったりしても誰でも独立開業できてしまう』側面もあります。
実務現場経験がないままに独立してまうと「自分の技術力が業界内で客観的にどのレベルなのか気が付けない」「自分自身で出来ているのかどうかの判断が出来ない」為に、本人に悪気無く酷い仕上がりの修理品を納品してしまう工房も出てきます。
これは悪意があって仕上がりの悪いものを出すよりも実は根が深い問題です。

そんな中、経験を製造の現場でしっかり積み上げてきた技術者が店頭に立てる店舗は希少。下地のある技術というのは信頼できますよね。
技術のベースが「修理」ではなく「製作」。これは心強い。

現場上がりなのでシャイで口下手(笑)ですが、そこも彼の魅力です。

f:id:shimamura-music:20170918140606j:plain
仙台イービーンズ店 リペア担当 遠藤

写真を撮る時にこんな↑マニアックな工具を持つあたりが現場出身者(笑)、、え?何の道具かですか?? それは是非店頭で本人に聞いてみて下さい!!

仙台地区は勿論、東北の皆さまのお力になれる事間違いなし!

まずは気軽に遊びにいらしてくださいね!!

ルシアー駒木でした!

その他の「ルシアー駒木のギターよもやま話」を読みたい場合はこちら!


島村楽器のリペア情報はこちら!

info.shimamura.co.jp

神戸三宮店【SPIN BOX日本初公開!SPINBOXお披露目会行ってきました~】

こんにちは。Webサイト担当のトグチです。
全国の島村楽器 各店舗が配信している、店舗情報・イベントブログの記事の中から、おすすめの記事をご紹介するこのコーナー

ここ数年「手作り・DIY」というキーワードがよく目に入るようになって来ていますが、楽器の世界でもウクレレ・アコギ・エレキギターカリンバ等々沢山の手作り楽器キットが販売されています。

そんな中で今回は手作りという世界に縁がなさそうなDJが使う機材、「レコードプレーヤー」を手作りできてしまうアイテムが発表されたということで、神戸三宮のハギオが紹介した記事をご紹介します。
それでは早速ご覧ください!

こちらの記事は、島村楽器店舗ページで掲載している情報の中から、おすすめの記事をそのまま掲載しています。既に開催し終了しているフェア・イベント、販売が終了している商品情報の場合がございますので、ご注意ください。
続きを読む

「店頭でのリペア品受取レポート」 Web担当も自分の楽器をリペアに出してみた その3

こんにちは。Web担当のサトウです。
「Web担当も自分の楽器をリペアに出してみた」シリーズもいよいよ最終回です。

前回はリペアマン本田が修理の様子を一部始終レポートしてくれました!

どんどんきれいになっていく様子にワクワクどきどきを隠せない私の元に、受付店舗から修理品到着を知らせるお電話が。
待ってましたよ〜!さっそく錦糸町リヴィン店へGO!

いざ受取へ!

お店を訪れると、受付を担当してくれた木村さんがカウンターで待ち構えていました。
控えの伝票お渡しすると、
「今お持ちしますね〜」と、お店の奥から修理品のギターを持ってきてくれました。

f:id:shimamura-music:20170926152809j:plain

おお!私のギター!おかえりなさい!

まずは修理品の状態チェック

「じゃあ早速お会計して…」ではなく。

店頭で修理品を受け取る際は、必ずお店のスタッフと一緒に楽器の状態をチェックしていきます。
修理箇所がしっかり直っているか1つずつ見ていきましょう!

ジャック交換

f:id:shimamura-music:20170926152813j:plain

プレートも交換され、きれいに平らな状態に戻りました!
欠けた塗装はあえて直しませんでしたが、仕上がった状態をみてもほとんどプレートで隠れて気にならないので、個人的には提案してもらったジャック交換のみにして正解でした。

エスカッション交換

f:id:shimamura-music:20170926152816j:plain

2ヶ所ともヒビ、浮きのないキレイな姿になりました!

ストラップピン交換

こちらは上側のピン。

f:id:shimamura-music:20170926152819j:plain

そして下側のピン。

f:id:shimamura-music:20170926152823j:plain

指定した型のロックピンがしっかり装着されていますね!
今回ロックピンのカラーはブラックを選んだのですが、サイドの落ち着いた赤色に馴染んでくれてイイ感じになりました。

インレイ浮き修正

f:id:shimamura-music:20170926152827j:plain

どこが修理したインレイなのかわからないほどにキレイな仕上がり。
フレットもピカピカです!

実際に音を出して確認

念のため実際にアンプに繋げて音の鳴りを確認します。
そのまま楽器をもって売り場へ移動〜。

まずはお店のスタッフに一通り確認してもらいます。

f:id:shimamura-music:20170926152830j:plain

コードを鳴らしつつ、スイッチ、ボリュームノブ、トーンノブを1つずつ動かして音の変化を確認。
そのあとは全、全フレット1つずつ押さえて音を鳴らしていきます。

「うん、特に問題ないですね」

というわけで、私も念のためその場で弾いて確認。

f:id:shimamura-music:20170926152834j:plain

ウン!ちゃんと鳴ります!

預かり品確認

f:id:shimamura-music:20170926152841j:plain

受付の際、ケースに入れたままお預けしていたシールドストラップ、そして元々ついていたパーツ類、すべて戻ってきていることを確認しました。

せっかくなので…ロックピン装着!

せっかくストラップとギターが揃っているので、その場でロックピンを装着してもらいました。

f:id:shimamura-music:20170926152845j:plain

ストラップの穴それぞれにパーツを通し、くるくると回して挟み込むようにしっかり装着。

f:id:shimamura-music:20170926152848j:plain

本体に装着するときは、こんな感じで取っ掛かりの部分を手前に引いた状態で挿し込みます。

f:id:shimamura-music:20170926152852j:plain

カチャッ!という音とともにしっかりハマったことを確認。根本から引っ張ってもとれません!

f:id:shimamura-music:20170926152855j:plain

下側のピンも装着して完成!
これで二度とストラップ落ちはさせません。うーん、いい買い物をしました。

確認完了&お会計

f:id:shimamura-music:20170926152859j:plain

すべての確認が終わったら、ケースに楽器を戻してお会計へ。
これにて「店頭でのリペア品受取」完了です!

帰宅後…さっそく弾いてみる

ピカピカのギターを担いで帰宅後、さっそく自宅で弾いてみました!

まず感じたのは、「スライドがとってもスムーズ」
コードでも1音ずつでも "ヌルっ" と滑る感じが新鮮……いや、これが本来の弾き心地なんですね!

しかも「音がよくのびる」
ヘッドホンから聴こえる音の余韻が以前よりも長く、あれ、こんなにエコーかけてたっけ?なんて設定を二度見しちゃいました。

そして、当然といえば当然ですが…「ジャックからのノイズがない」
以前はどのシールドに繋げても、ジャックに触れるとガサガサッという音が出ていたのですが、スッキリなくなりました。


うーん!大満足!です!

まとめ

さて、3本立てでお送りしてきた「リペアの流れ」。
せっかくなので簡単に振り返ってみましょう!

その1:店舗で受付

  • お近くの島村楽器(どこでも大丈夫!)に楽器を持っていく
  • 直したいところ、気になるところを店舗スタッフに相談し、見積を依頼、楽器を預ける
  • 店舗から工房へ修理品を発送される

その2:工房で見積&リペア

  • 店舗から送られてきた修理品実際にみて見積が出される
  • 店舗から見積連絡がきたら、内容をきいて正式に依頼 or キャンセルするかを決める
    • キャンセルの場合は手数料がかかります
  • リペア完了後、工房から店舗へ修理品が発送される

その3:店舗でお引渡し(この記事です!)

  • 店舗から到着連絡がきたら、修理品を受け取りに行く
  • スタッフと一緒に状態チェックを行い、お支払完了後、楽器を受け取る


いかがでしょう?
みなさんも「自分の楽器をリペアに出してみた」イメージ、湧いて来ましたか?

今回、修理だけでなく調整もお願いしたおかげもあり、ギターが本来持っているチカラをググッと引っ張り出してもらうことができました。
もしかしたらみなさんの楽器も、もっと弾きやすく、もっといい音になるポテンシャルを秘めているかもしれません。

この記事をキッカケに「楽器の状態見直してみようかな〜」と思っていただけたら嬉しいです!
みなさんからのご相談、全国各地の島村楽器でお待ちしています!

Web担当のサトウでした。

リペア総合案内サイト『島村楽器のリペア』について

ギターリペア、管楽器リペア、楽器リペアの情報をまとめてみることができるサイトです。

詳しくは以下の紹介記事をご覧ください。

「リペアマン本田のギター修理レポート〜パーツ交換&全体調整〜」 Web担当も自分の楽器をリペアに出してみた その2

皆さま、こんにちは。
ギターリペア工房の本田です。

今回はWeb担当のサトウがお送りしている連載記事「Web担当も自分の楽器をリペアに出してみた」の第2弾、修理レポート編になります。

前回のレポートは、ストラップ落ちしたギターをお店に持ち込み、後日見積連絡を受けたサトウが修理を正式に依頼するところまででしたね。

f:id:shimamura-music:20170902111804j:plain

果たしてあのギターはどう生まれ変わったのか!?
一部始終をお見せしたいと思います。

続きを読む

イオンモール神戸北店【田中の愛すべき商品達~おもしろピック編~】

こんにちは。Webサイト担当のトグチです。
全国の島村楽器 各店舗が配信している、店舗情報・イベントブログの記事の中から、おすすめの記事をご紹介するこのコーナー

突然ですがみなさんはピックを何枚持っていますか?
最近は自分が演奏しやすいピックを選ぶだけでなく、可愛いデザインや有名アニメをモチーフにしたものなど、雑貨・鑑賞用にもピックを購入される方が増えてきています。女の子同士で交換したりして楽しむ事もあるみたいです。

という訳で今回は、イオンモール神戸北店のタナカが、独断と偏見で選んたピック ベスト5をご紹介します。
それでは早速ご覧ください!

こちらの記事は、島村楽器店舗ページで掲載している情報の中から、おすすめの記事をそのまま掲載しています。既に開催し終了しているフェア・イベント、販売が終了している商品情報の場合がございますので、ご注意ください。
続きを読む

© Shimamura Music All rights reserved.