読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器公式ブログ

全国展開している総合楽器店のスタッフが、音楽や楽器の楽しさや、楽器店にまつわるお話をお伝えします。

ルシアー駒木のギターよもやま話 その51「半年振りの買付です!!」

ルシアー駒木のギターよもやま話

皆様こんにちは!

ダラスのレストランで食事をしていたら、大きなおばさんがやってきて、私のテーブルの「ダイエットドクターペッパー」を見て、

突然「Dr Pepper is GOOD!!!」と言われ(笑)、

あまりの唐突さに、「Ye、、yeeeeeah!」というのがやっとだった
ルシアー駒木です

さて、今年も春がやってきました。春と言えば、ギターショーの季節(笑)!!

ルシ駒、今回も良いギターを沢山入手しましたので、その様子を大ボリュームでご覧頂きます!

ちなみに、これ↓が、おばさんに声をかけられたときに私が飲んでいた「ダイエットドクターペッパー」ですが、
f:id:shimamura-music:20160503111033j:plain:w500
氷多すぎでしょ!!!!!


さて(笑)

これまでは比較的のんびりした雰囲気だった、ダラス・フォートワース国際空港。少し前にJAL便が就航するなど、最近はハブ空港の意味合いを大きくしてきたと聞いてはいたのですが、、、

混んでる!!!
f:id:shimamura-music:20160503111026j:plain


これまで見たことの無い人数で賑わっていました。
この日がたまたまだったのか、通常この位まで増えたのかは今回だけではまだわかりませんが、とにかく混んでいました。

ダラス空港は入国の際、Self Check-in Kioskが導入されており、入国審査が無人で出来るようになっているのですが、見事、機械を通過したのに、その先で私だけ止められ、もう一度有人の入国審査を受けさせられました。

なんで~?

ちなみに周りの日本人は相棒のカンノ含め機械だけでOK。私だけ2重入国審査となりました。

まあ、想定内ですね

そんなこんなで時間かかりましたが、
f:id:shimamura-music:20160503111027j:plain


空港到着。
f:id:shimamura-music:20160503111028j:plain


まずはホテルで作戦会議をしこの日は終了です。
f:id:shimamura-music:20160503111029j:plain
小さいけれど綺麗なロビーでした。



さて、行動開始となる初日は、ダラスショーの搬入日。
前回のブログでもご紹介しました通り、搬入するものが無い我々も(笑)搬入口から会場入りです。

売り手が誰も来ていないうちから買い手の我々が待ち構えているという(笑)
f:id:shimamura-music:20160503111030j:plain
f:id:shimamura-music:20160503111031j:plain
誰もいないとより広さを感じますね(笑)


そんな中、どんどん買付を進めていきましたが、時間の経過に伴い、各ブースも出来上がっていきます。

まずは、何は無くともルシ駒、この人に会わねば何も始まりません!

Mr.Jimmy Wallace !!

f:id:shimamura-music:20160503111032j:plain
私のブログやイベントではお馴染みとなった彼、もう解説はいりませんね(笑)今回も私たちのために特別なものを用意してくれましたし、そもそもこのトレードショーのボス!まずはご挨拶です。

後で今回の買付(このショー会場の外での買いつけも含めた)の中からいくつかご紹介しようと考えていますが、、まず凄いのお見せしちゃいましょうかね。

f:id:shimamura-music:20110207182916j:plain


ジャーン!
f:id:shimamura-music:20160503111125j:plain


どうですか!BOXの側面に輝く「HOT」の文字!!

そうです、実は以前からジミーと相談してきまして、大人気の60’sモデルに、HOTモデルを作ってしまいました!

勿論今回が世界初!

なんと限定5セットしかありません。
すぐ無くなってしまうと思いますので、これをご覧になって、興味をお持ちの方は、すぐに最寄の島村楽器(私がイベントでお目にかかった皆さんは名刺の電話でも結構ですよ!)にご連絡下さい!!
このブログ執筆段階で販売価格すら決まっていませんが、とにかくキープしないと!
f:id:shimamura-music:20110207182915j:plain

そして、

前回私たちの為に彼が作ってくれた楽器は大好評で即売。という事で、今回もお願いして作ってきてもらいましたよ~

どどんと!!

まずは、STタイプ2本!
f:id:shimamura-music:20160503111103j:plain
f:id:shimamura-music:20160503111104j:plain

f:id:shimamura-music:20160503111100j:plain

そしてTLタイプ3本!!!
f:id:shimamura-music:20160503111101j:plain
f:id:shimamura-music:20160503111102j:plain

f:id:shimamura-music:20160503111059j:plain

f:id:shimamura-music:20160503111057j:plain
f:id:shimamura-music:20160503111058j:plain

どうですか~

めちゃカッコいいでしょ!

今回はこれで終わりではありません。

更に凄いのが2本あるんですよ~

まずは、ジミーいわくその名も「テレバード!」
f:id:shimamura-music:20160503111053j:plain
f:id:shimamura-music:20160503111054j:plain

どうですか!こりゃカッコいい!!!!

そうそう、今回ジミーのギターは、ケースもカッコいい!
f:id:shimamura-music:20160503111055j:plain
f:id:shimamura-music:20160503111056j:plain

そして、更に凄いぞ!!なんと、ショースペシャルを島村楽器のお客様にだけ特別に!
f:id:shimamura-music:20160503111105j:plain
f:id:shimamura-music:20160503111107j:plain
f:id:shimamura-music:20160503111106j:plain

f:id:shimamura-music:20160503111108j:plain

勿論ですが、どれも1本限りの手作りです。争奪戦ですよ皆さん!すぐにご連絡を!!!!

さて、
我々の行動2日目以降はいよいよショーの開催日。
f:id:shimamura-music:20160504091303j:plain

会場は連日大賑わい。
f:id:shimamura-music:20160503111121j:plain
f:id:shimamura-music:20160503111122j:plain

面白い楽器も貴重な楽器も沢山並んでいます。
f:id:shimamura-music:20160503111129j:plain
f:id:shimamura-music:20160503111130j:plain
f:id:shimamura-music:20160503111131j:plain
宝探しですね(笑)

これは何だろう、、、

f:id:shimamura-music:20160503111124j:plain

と思っていたら、、、

ご本人いらっしゃいました(笑)

f:id:shimamura-music:20160503111123j:plain:w500

強烈ですね(笑)背高いな(笑)

他にはこんなブースも。
f:id:shimamura-music:20160504091430j:plain
こりゃ買っても日本に持ち込めませんね(笑)

スポンサーとしてTOYOTAが入っていますので、中で車も紹介されていました。
f:id:shimamura-music:20160504091510j:plain
しかし同じTOYOTA車でも日本で販売されている車種とはデカサが違いますね(笑)Mrカンノが小さく見える(笑)


さてさて、

それでは、おまちかね、

全部とはいきませんが、今回買い付けた楽器をいくつかご覧頂きたいと思います。

まずはこれ!
f:id:shimamura-music:20160503111109j:plain
実はこれ特別なギターなんです。

通常のモデルでも凄いギターである事は疑いの無いコリングス。この1本は更にそれがとんでもないものに仕上がっています。

皆さんはMr.Eric Johnsonをご存知ですか??

このギターはエリック氏が使う為に特別に改造されたという、驚きの1本です。

エフェクターの電池の違いも音で気が付く、なんて話も有名なエリック氏。
そんな方ですから、アコースティックギターに求めるものも当然拘りがあります。

まずは生音を殺さないまま、ライブ仕様にエレクトリック化。
f:id:shimamura-music:20160503111110j:plain


更に、アコースティックギターの弱点と言ってもいい、ピッチの不正確さを改善すべく、ナットとサドルの位置を絶妙にシフトさせてあります。そしてこの改造の作業レベルが高い!ルシ駒も納得の仕上がりになっています。
f:id:shimamura-music:20160503111111j:plain
f:id:shimamura-music:20160503111112j:plain

写真ではほぼ分からないレベル。

でも弾くと確実に分かります。音程感が全然違う!

今回の買付の際、実はルシ駒調整会のお客様から「私のギター探してきて!」ご依頼を頂いておりまして、この特別な1本はそのお客様に試して頂く予定。

どうですか?皆さんも探して欲しいギターがあれば、ルシ駒に一声かけてみては?

次は日本ではまずお目にかかる事のない珍しいNOVAESのガットギター。
f:id:shimamura-music:20160503111049j:plain
f:id:shimamura-music:20160503111051j:plain
f:id:shimamura-music:20160503111050j:plain

質の高さは写真でも分かります。カッタウェイ付きなのに、凄い鳴り方をします。
上質なクラシックギターを探している方は勿論、その中でも人とは違うのがいい、なんてあなた、どうですか??

ケースも上質。

f:id:shimamura-music:20160503111052j:plain

さて、もう少しだけ見せしましょう(笑)

f:id:shimamura-music:20160503111048j:plain
説明不要のギルモア!!!

そして何と今回、ギルモア2本GETしました!ファンの方急げ!!
f:id:shimamura-music:20160503111118j:plain
f:id:shimamura-music:20160503111119j:plain
f:id:shimamura-music:20160503111120j:plain
本人と全く同じ仕上げになっています。

音もよいですよ~

ベースも少しだけお見せしておこうかな(^^)

知る人ぞ知る、Ken Bebensee!!
f:id:shimamura-music:20160503111116j:plain

綺麗です(^^)
f:id:shimamura-music:20160503111117j:plain

更にSTATUS!
f:id:shimamura-music:20160503111113j:plain

勿論光りますよ~

f:id:shimamura-music:20160503111115j:plain
f:id:shimamura-music:20160503111114j:plain
どうですか?

アンプも一部おみせしますと、、、
BOOGIEのマーク2始め、
f:id:shimamura-music:20160504091819j:plain


ドクターZ!
f:id:shimamura-music:20160504091847j:plain


Matchless!!
f:id:shimamura-music:20160504091916j:plain


凄いでしょ!(^^)b
トータルで40数本買い付けましたので、
隠れたファンの多い、ビンテージのS1とか
f:id:shimamura-music:20160504092007j:plain


以前買い付けたSTタイプは即売れてしまったBanning!!
f:id:shimamura-music:20160504092039j:plain
f:id:shimamura-music:20160504092100j:plain


などなど、珍しいものやビンテージもまだまだ沢山あります。
入荷検品のときに他のものもご覧頂く予定!!!
お楽しみに!!!

連日会場の内外ひたすら楽器を選定し続けて、ヘトヘトですが、最終日、大切なお仕事が残っています。

楽器を確認し、日本に送るべくケース内を保護、PCで記録・登録し、日本入国後の準備をここで進めておく必要があるのです。

おなじみ買付の相棒カンノと分担で作業をしていきます。
f:id:shimamura-music:20160503111047j:plain
f:id:shimamura-music:20160503111046j:plain

全ての発送準備完了。

良いのたくさん手に入りました。
f:id:shimamura-music:20160503111126j:plain
f:id:shimamura-music:20160503111127j:plain

我々の発送作業が終わった頃には、他の業者もお片づけ。

なんだか寂しいですねえ。。。
f:id:shimamura-music:20160503115832j:plain
f:id:shimamura-music:20160503115831j:plain

そういえば、ギターショー会場でライブが行われている話は以前もさせて頂きましたが、今回も会場にはステージが3箇所設置され、連日常に凄い演奏で盛り上がっていました。
f:id:shimamura-music:20160503111035j:plain:w500


チラリと室内ステージを覗くと、丁度Johnny Hiland氏の演奏中!
f:id:shimamura-music:20160503111034j:plain
私たちは買付業務が忙しく、演奏を聴いている場合ではないので、残念ながら基本的にLIVE鑑賞とはいかないのですが、今回、たまたまなのですが、発送作業まで終え丁度「今回の仕事全て完了!」というタイミングで、凄いギタリストがLIVEをスタート!

最後の最後に1ステージ聴く事ができましたv(^^)v

しかも!

Mr.RobbenFord !!
f:id:shimamura-music:20160503111133j:plain
f:id:shimamura-music:20160503111132j:plain
f:id:shimamura-music:20160503111134j:plain:w500


いやあ、素晴らしい演奏でした。

ギターショーのステージは、全ての演奏が、会場にいる方皆さん無料なんですよ~。





今回のブログはこのあたりで終えたいと思うのですが、最後に、オマケを。

昼食に出たときに、たまたま見かけた自転車屋さん!

明らかに盛り上がっているのが遠くからも見えます。
f:id:shimamura-music:20160503111036j:plain


近くまで行ってみましょう!
f:id:shimamura-music:20160503111037j:plain


おおお!!!こ、これは!!
f:id:shimamura-music:20160503111038j:plain
f:id:shimamura-music:20160503111039j:plain


なんというカッコよさ!!!
f:id:shimamura-music:20160503111040j:plain
f:id:shimamura-music:20160503111041j:plain


ほしい!!!
f:id:shimamura-music:20160503111042j:plain
f:id:shimamura-music:20160503111045j:plain


これ↓なんて、電動アシストどころか、エンジン付いちゃってる!!
f:id:shimamura-music:20160503111043j:plain:w500
f:id:shimamura-music:20160503111044j:plain


凄いですよね。

持って帰る事が可能なら買ってしまいたいと思いました。ホント。

という事で、大ボリュームでお届けした、ダラス買付。

いかがでしたか?

次回ギターの国内入荷検査に合わせて、今回ご紹介出来なかった楽器をお見せしたいと思います!お楽しみに!!

ルシアー駒木でした!!

その他の「ルシアー駒木のギターよもやま話」を読みたい場合はこちら!

2016年春 弦楽器ヨーロッパ買付レポート プラハ編 その2

弦楽器の話

皆様こんにちは!島村楽器みなとみらい店 楽器アドバイザーの石井と申します。
この春、弊社マイスター茂木顕、秋葉原店リペアマン鍵主有三と3人で、皆様にご紹介する楽器を買い付けて参りました。
今回は、プラハ、パリ、ブリュッセル、フランクフルト、そしてクレモナと各所を訪れ、たくさんの楽器・弓・人と出会うことが出来ましたので、先日から島村楽器公式ブログにて報告させていただいてます!


今回はプラハでの買付け二日目。この日はマンションの一室を工房にしている職人さんを訪ねました。
f:id:shimamura-music:20160502162146j:plain


13年前、筆者が卒業旅行でプラハを訪れたときもこんな感じの楽器屋さんに飛び込みで入ろうとしましたが、その時はまったく相手にされず門前払いを受けた記憶が蘇りました。もちろん今回はアポを取っていましたのでスムーズに入室。
親父さんから譲り受けたという広々としたマンションに通されました。しばらくして、キッチンに次々と運びこまれる楽器たち。
f:id:shimamura-music:20160502162147j:plain
f:id:shimamura-music:20160502162148j:plain


つい昨日まで風邪で寝込んでいたという職人さん。
かなり具合悪そうにしながらも、ひとつひとつ丁寧にセットアップして持ってきてくれました。
ボヘミアン楽器の造詣の深さは、マイスターも感服!思わず聞き入ってしまいます。
f:id:shimamura-music:20160502162149j:plain


ここでのミッションも、昨日同様、チェコ・ドイツ系の良質な楽器を出来るだけたくさん仕入れることです。
達筆すぎてほとんど読めないリストと楽器を何とか照合しながら、ひとつひとつチェックしていきます。
f:id:shimamura-music:20160502162150j:plain


焦茶色のニスが特徴的なウィーン系のオールド楽器もチェコでは多く見られます。今回もたくさんのオールドウィーンスクールを見させてもらいました。
中にはこんな個性的な楽器も!
f:id:shimamura-music:20160502162151j:plain
ありえないほど膨らんだボディは、つまみ上げられるほど!
マイスター茂木も困惑の表情を隠せないこちらの楽器は、今回のフェスタの目玉商品として登場・・・することはありません。
残念ながら面白いだけでは仕入れできないのです。
1800年前後の楽器は、とにかく状態がネックで、ポストクラックやバスバークラックなどの致命的な怪我を負っている楽器も多くありました。
こういった楽器は、どんなに音が良くても、今後の不安が残るためやはり仕入れは致しません。
チェコには、ドイツとの境界付近に位置するシェーンバッハという町に、古くからドイツ系の職人が移り住み製作活動をおこなってきました。
そのため、そういった楽器も豊富にあります。この日の買付けでは、1890年の良質なモダンジャーマンも仕入れることが出来ました!

f:id:shimamura-music:20160502162152j:plain
f:id:shimamura-music:20160502162153j:plain
珍しい素杢の裏板。杢が全くない素朴な感じが、かえってカッコよく見えてしまうのは筆者だけでしょうか?
状態も良く、音色も程よく乾いた鳴りの良い響きで、満場一致で購入を決定しました。


ここでの買付けを終えて帰ろうとしたその時、何やらマイスターが交渉しているのに気づきました。
f:id:shimamura-music:20160502162154j:plain
f:id:shimamura-music:20160502162155j:plain
どうやら砥石を見せてもらっているようで、念入りに試し磨りをして、悩んだ末にこちらも購入。
実は、秋葉原の工房にはこうして手に入れた良質な工具がたくさんあるそうです。
情報交換も買付けの大事な仕事のひとつです。

と、いうわけでこの後は、名門シュピードレン一族の四代目、ヤン・シュピードレンのもとに勤めながら製作活動を行っているVaclav Pikrt,(ヴァーツラフ・ピクルト)さんの自宅兼工房にお邪魔させてもらい、いろいろとお話を伺うことになりました。

次回につづく

選び抜かれた楽器が一堂に会する祭典「第20回 楽器フェスタ」10店舗で開催!

テーマは「Paganini & his Guarineri “ Canone “ パガニーニのカノンガルネリ」

19世紀最大のバイオリニスト、パガニーニが愛用したバイオリンがガルネリでした。その強烈な個性でついたあだ名が「カノン砲(大砲の意味)」。今回そのガルネリモデルを、現代イタリアの名工が見事に再現した名品をご紹介します。同時に現地で選りすぐった様々な個性のモダン~新作の楽器と弓もご用意して、皆様のご来場を心よりお待ちしております。
www.shimamura.co.jp

2016年春 楽器ヨーロッパ買付レポート その他の記事はこちら

2016年春 弦楽器ヨーロッパ買付レポート プラハ編 その1

弦楽器の話

皆様こんにちは!島村楽器みなとみらい店 楽器アドバイザーの石井と申します。
この春、弊社マイスター茂木顕、島村楽器シマムラストリングス秋葉原 リペアマン鍵主有三と3人で、皆様にご紹介する楽器を買い付けて参りました。
今回は、プラハ、パリ、ブリュッセル、フランクフルト、そしてクレモナと各所を訪れ、たくさんの楽器・弓・人と出会うことが出来ましたので、報告させていただきます!
今回買い付けてきた楽器は、今月29日、秋葉原島村楽器シマムラストリングス秋葉原より始まります楽器フェスタにてご紹介させていただきますので、どうぞご覧ください。

f:id:shimamura-music:20160429114359j:plain
今回の買い付けメンバー 左よりマイスター茂木、リペアマン鍵主、筆者

成田空港で、馴染みの製作家への手土産を購入した一行は、ブリュッセル経由でプラハに向かいました。
半日以上のフライトは久々でしたが、まだ見ぬ出会いに思いを馳せた筆者は、結局一睡もせずブリュッセルに到着。
乗り継ぎのため1時間程度待つことになったので、小腹を満たすため空港のカフェで軽食。空港のショップなんてどうせ・・・と思ってたらこれが予想外にうまい!
ヨーロッパに来るといつも感動するのがパンの味。安くて美味しいから、ついつい食べ過ぎてしまいます。


f:id:shimamura-music:20160429114413j:plain
日本時間にして夜中の1時過ぎ、日本から14時間かけてプラハに到着しました。


チェコは通貨がユーロではなくチェコクローネのため、3日分の滞在費を交換。
f:id:shimamura-music:20160429114427j:plain


無事の到着を祝して、チェコビールで乾杯。
f:id:shimamura-music:20160429114451j:plain

滞在ホテルのすぐ横にあるPALLADIUMというショッピングセンターで最初の晩餐。
チェコ初飯は、安定の中華。明日から始まる長い長い買い付けに向け、エネルギーを蓄えることが出来ました。
f:id:shimamura-music:20160429114502j:plain

買い付けスタート!

一夜明け、いよいよ買い付けがスタートしました!チェコ楽器製作の歴史は古く、多くの製作家が200年以上前から伝統的にバイオリンを作ってきました。
優秀な製作家も数多く、数々のコンクールを総なめにしたシュピードレンファミリーはあまりにも有名です。

ここでのミッションは、良質なチェコ・ドイツモダンバイオリン&チェロを入手すること。
比較的お求めやすく、鳴りの良いチェコモダンは、楽器フェスタでも人気のラインナップになりますので、出来るだけ沢山、ご紹介できるように買い付けたいところです。
まず最初に訪れたのが、自身が製作家でもありディーラーでもあるMiroslav Bures氏の工房。
f:id:shimamura-music:20160429114517j:plain


一年ぶりに訪れた工房は、引越してより広く、ブレス氏のセンスが光る工房に様変わりしていました。
f:id:shimamura-music:20160429114536j:plain
f:id:shimamura-music:20160429114550j:plain


クラシカル、かつセキュリティーも完璧な什器。お店に欲しい!
f:id:shimamura-music:20160429114603j:plain


今回も、事前にこちらの欲しいものをオーダーしていたので、セレクションルームにはすでに大量のバイオリンが・・・
f:id:shimamura-music:20160429114622j:plain
試奏しているそばから次々と楽器が運び込まれてきました。はなからテーブルに置ききれないので、床置き・・・。


チェロも大量に用意してもらっていたので、二手に分かれて選定開始。マイスター茂木と鍵主は、まず状態チェック。
f:id:shimamura-music:20160429114636j:plain
f:id:shimamura-music:20160429114644j:plain
ライトとミラーを使って中までくまなくチェック。状態の悪いものはまず候補からはずします。


バイオリンは100本程度、チェロは20本程度をすべてチェック。その隙に筆者はひたすら試奏。
f:id:shimamura-music:20160429114703j:plain
結局、楽器の状態も良くて音も良い!と思えるもので残ったのがバイオリン14本とチェロ2本。
ここからさらに細かくチェック。解体して、エンドピンからのぞいてみると、思わぬ修理後が見つかることも。チェロは、修理跡など問題があり、購入を断念。。バイオリンは10本ほど購入することが出来ました。
ここでの一押し楽器はこちら!

Homolka Workshop 7/8 Size 1844年製

f:id:shimamura-music:20160429114725j:plain
f:id:shimamura-music:20160429114732j:plain
チェコの名門ホモルカの工房製で、貴重な7/8サイズバイオリン。フルサイズよりやや小さい7/8サイズは、手の小さい女性にとても人気ですが、鳴りもコンパクトで物足りない、というものが多いもの。しかしこの楽器はそれをまったく感じさせません。


掘り出し物に、思わずマイスターもにんまり
f:id:shimamura-music:20160429114755j:plain

プラハ編二日目につづく・・・

無事に初日の買付けも終了!この日はブレス氏行きつけのお店でカフェ飯。赤ワインで煮込んだ牛肉とニョッキをいただきました。
オススメと言われ、全員同じものを注文するわれわれを見てやや当惑気味の店員さんを横目に、美味しくいただきました。

f:id:shimamura-music:20160429114812j:plain

選び抜かれた楽器が一堂に会する祭典「第20回 楽器フェスタ」10店舗で開催!

テーマは「Paganini & his Guarineri “ Canone “ パガニーニのカノンガルネリ」

19世紀最大のバイオリニスト、パガニーニが愛用したバイオリンがガルネリでした。その強烈な個性でついたあだ名が「カノン砲(大砲の意味)」。今回そのガルネリモデルを、現代イタリアの名工が見事に再現した名品をご紹介します。同時に現地で選りすぐった様々な個性のモダン~新作の楽器と弓もご用意して、皆様のご来場を心よりお待ちしております。
www.shimamura.co.jp

奈良店【1/24(日)鈴木智貴氏によるウクレレライブ&ワークショップレポート】

おすすめ店舗記事

こんにちは。Webサイト担当のオクダです。
全国の島村楽器 各店舗が配信している、店舗情報・イベントブログの記事の中から、おすすめの記事をご紹介するこのコーナー
今回は奈良店の田中さんがレポートしてくれている、「鈴木智貴氏によるウクレレライブ&ワークショップ」の様子をお届け致します!
今年の2月にハワイで行なわれるウクレレコンテスト世界大会に日本代表として出場が決定した鈴木智貴氏によるセミナー。
鈴木智貴氏について詳しくは公式HPをご覧ください。
tomo-guitar.jimdo.com
ミニライブに、ワークショップと盛りだくさんな内容で開催されました!早速ご覧ください!

こちらの記事は、島村楽器店舗ページで掲載している情報の中から、おすすめの記事をそのまま掲載しています。既に開催し終了しているフェア・イベント、販売が終了している商品情報の場合がございますので、ご注意ください。
続きを読む

© Shimamura Music All rights reserved.