島村楽器公式ブログ

全国展開している総合楽器店のスタッフが、音楽や楽器の楽しさや、楽器店にまつわるお話をお伝えします。

限定HISTORYギター!希少素材にこだわった アディロン&ハカランダ登場。

さて。
お久しぶりです、開発担当ゴータロー です。
ブログ書くたびにお久しぶり、とか言ってるのですが・・・
今回のネタは・・・
島村楽器の誇るHISTORYより「希少木材てんこ盛りギター弾きなら弾いてみたくなるよねスペシャル!」
という、スペシャルなモデルのお知らせです。 
というわけでさっそく、ご紹介に行ってみます。

HISTORY ASHシリーズ

f:id:shimamura-music:20171124150416j:plain


実はこのギター、HISTORY ASHシリーズの第2弾企画として作られました。
ASHシリーズってなに?? という方は
第1弾企画のブログをぜひご覧いただいて…
info.shimamura.co.jp

f:id:shimamura-music:20171124150651j:plain
↑ASH(アナザーストーリーヒストリー)の第1弾企画のギターです。

この第1弾企画は
「希少木材てんこ盛りギター弾きなら弾いてみたくなるよね。しかもツウ好みのスモールボディギタースペシャル!」(長い。。。)
ということで大変ご好評をいただいたのですが、やはりみなさんから、ドレッドノートを望む声がたくさん届きました。

希少素材にこだわりました。

ですのでゴータロー、素材となる木を求めてさまよい歩きました結果。
ばばん。


f:id:shimamura-music:20171124150805j:plain
トップにはヴィンテージ・マーティンに使用されていたことでも有名なアディロンダック・スプルースという材を使いました。
高い剛性を持ちながら軽量であり、アコースティックギターのトップ材としては最適な材だと言われています。

そしてどどん。


f:id:shimamura-music:20171124150904j:plain
ボディにはボディの素材としては最高峰とされるハカランダ(ブラジリアン・ローズウッド)を使いました。希少性が高く、入手困難な素材の一つです。
独特の深みと奥行きがあるきらびやかなトーン、はハカランダの魅力だと思います。


やっぱりドレッドノートシェイプのギターをアディロンダック・スプルース&ハカランダで作ると、存在感がありますよね!
ネックはホンジュラスマホガニーを1ピースで使用し、指板とブリッジはエボニーを使用しています!

そして、ナットとサドルはなんとマンモス象牙を使用しました!
f:id:shimamura-music:20171124151146j:plain
(画:ゴータロー)マンモス象牙って、こんなのです。
そのまんまマンモスの牙、なのですが。
非常に密度が高く、立ち上がりの良さとクリアーな響きを持つ素材で、よく使用される「牛骨」と「象牙」の中間をとったような音だと言われています。

内部構造にもこだわりました。

と、まあ、素材に関しては
海〇雄山レベルのこだわりを見せました。

そして今回のASHは中の設計もかなり変わっています!
たとえば・・・
トップ材に使用しているアディロンダック・スプルースという材、実はかなり硬いのですが、アディロン独特のトーンを引き出すため、トップ材の厚さやブリッジプレートの素材やその他あれこれいろいろなところをコンマmm単位で手を入れています。

もちろん、ブレーシング(※1)のスタイルも見直し、「フォワードシフテッド・ブレーシング」を採用しました。
この「フォワードシフテッド・ブレーシング」を簡単に説明するとこんな感じです。
f:id:shimamura-music:20171124173609p:plain

  • 赤線フォワードシフトブレーシングの位置
  • 青線フォワードシフトじゃないブレーシングの位置
    • HISTORY NT-L3というモデルです。

図を見ていただくと、「ブレーシング」の交差するXの位置が前後に変化しているのが分かると思います。
すると、結果としてブリッジの下を通るブレーシングのかかり具合が変化します。
当然、「ブリッジの下に支えが少ない=フォワードシフト」の方が「ブリッジの下をキッチリ固めてある」そうじゃないブレーシングより、ボディトップの振動性が高まります。

一般的にトップは良く振動したほうがよい、と言われていますが、軟らかめの素材に対してあまり振動性を上げると、かえって芯のないトーンになってしまうなどということもよくあるのですが、今回のアディロンダック・スプルースのような硬い木にはフォワードシフトがよい影響を出すと考え、今回の設計を行いました。
(もちろん実際には、ブレーシングの位置だけですべてが決まるわけではなく「Xの交差角度」とか「ブレージング自体の形状」「ブレーシングを張る接着剤のタイプ」などによっても音はどんどん変わります。)


...と、ここまでは少し難しいお話になってしまいましたが

そんなこんなで完成したこのギター。

  • ドレッドノートならではの迫力ある音量感
  • バランス感の良さと分離の良さ
  • クリアーな立ち上がりとサスティーンの深み
  • ヴィンテージに寄せたスペック

で作ったギターですが
わざとらしいヴィンテージ感が無く、弾いていて気持ちの良いギターが完成したと思います。


さて、今回のこのモデル
HISTORY ASH-D/JSは12本の限定生産です。
すいません、それ以上はなかなか木材が集められません・・・
そしてなんとその12本の中には・・・
べべん!!
f:id:shimamura-music:20171124153700j:plain
こんなギターがいました。
分かりますか?ベアクロウ(※2)が入ったアディロンです。
杢好きの方にはたまらないのではないでしょうか?


最後に簡単にスペックをまとめておきます。

ボディトップ アディロンダック・スプルース単板
ボディサイド ブラジリアンローズウッド単板
ボディバック ブラジリアンローズウッド単板
ネック ホンジュラスマホガニー 1P(チタンサポートバー内蔵)
ブリッジ エボニー
指板 エボニー
ナット&サドル マンモス象牙
販売価格 (税抜)¥799,200(税込¥740,000)

ご興味を持ってくださった方、是非、島村楽器の店頭でお試しくださいね!
12本しかないので、お店にお取り扱いが無いこともありますが、近くのお店に取り寄せての試奏もできますよー。

HISTORYアコースティックギターブランドサイトはこちら

www.shimamura.co.jp


※1 ブレーシング=トップ材を裏で支えている素材で力木とも呼ばれます。
※2 ベアクロウ=スプルース特有の杢目でその名の通りクマが爪でキズをつけたように見えることからその名がつきました。

ルシアー駒木のギターよもやま話 その74「10月買い付け分が各店に入荷していますよ~!」その2

皆さまこんにちは!

鍋はヘルシーだから安心して食べすぎる

ルシアー駒木です。

さて、話題沸騰の前編に続きまして、後編をお届けします!

前編はこちら
blog.shimamura.co.jp


最初から飛ばしていきますよ!!皆さんついてきて下さいよ~!

いきなり日本初上陸のアンプから!!!

続きを読む

演奏のお悩みを解消!いま管楽器界で話題沸騰のリーフレックからビギナー向けの新製品!

皆さまこんにちは!管楽器担当のホリコシです!

今回は、いま管楽器界で話題沸騰の?!アイテム「lefreQue(リーフレック)」から、新たに発売された商品のご紹介です!

「そもそもリーフレックってなに??」と言う方、まずはコチラで商品をチェック!!

↓ lefreQue(リーフレック)公式ホームページ
f:id:shimamura-music:20171221110243j:plain
lefreQue (リーフレック) 当社代理店ブランド - 島村楽器



・・・・はい、お帰りなさいませ(笑)
まずは、リーフレックについての基本知識はお読みいただけたでしょうか?
リーフレックとは、一言で言うと、管楽器の響き・音量を増幅させるカスタムパーツです。もともとはオランダで開発されたアイテムなのですが、今から約3年ほど前から日本でも取り扱いを開始した商品になります。
今では、日本を代表する著名な奏者から、中高生の吹奏楽部員まで、多くの管楽器奏者に愛用して頂いております。



リーフレックについてもう少しご紹介

下の画像をご覧ください。
f:id:shimamura-music:20171218163146j:plain


管楽器には必ず、マウスピースと本体にジョイント部分が存在するわけですが、そのジョイント部分で響きが損なわれているのではないか?と言う疑問から開発がスタートしました。
確かに、サックスやクラリネットの場合は、ジョイント部分にコルクが巻かれているので、想像しやすいですが、フルートや金管楽器の場合は、ジョイント部分にコルクは巻かれていません。
・・が、隙間がゼロではない訳です。理屈としては、ホリコシも納得。
f:id:shimamura-music:20171220094643j:plain
サックスへの取り付け

f:id:shimamura-music:20171220094653j:plain
色々な管楽器への取り付け

そこで、プレートをマウスピース(フルートの場合は頭部管)のジョイント部分にリーフレックをブリッジさせる事で、マウスピースの響きを直接管体に伝えるアイテムなのです。
これがまたビックリするくらい吹奏感が変わるんですよ。ホントに(笑)
この話をしはじめると数時間しゃべり続けてしまうので、今回はこれまで・・・。

今回は、そんなリーフレックから新たにリリースされた新製品のご案内と言うわけでございます。

さて本題へ・・・。

まずはコチラをご覧ください。
f:id:shimamura-music:20171220100019j:plain

え・・ナニコレ?黒い・・(汗)
そう、今回新しく登場したリーフレックは黒いのです!
特殊樹脂で成形された、その名は「チュートリアルリーフレック」と申します!

チュートリアルリーフレック

チュートリアルと名前がある通り、今回の商品コンセプトは練習者用に開発されております。
主な対象は、中・上級者よりも、吹奏楽層等で楽器を始めたばかりの初心者層の方に特におススメしたいモデルです。
また、楽器を始めたばかりの小中学生が自分のお小遣いで買えるようにとの、開発者の願いが込められており、お値段は従来のlefreQueとは大きく違い、1つ2,700円(税込)と言うビックリプライス!
パッケージも今までとは少し違った感じですね。

↓こちらは従来のリーフレックのパッケージ
f:id:shimamura-music:20171218163722j:plain


↓こちらがチュートリアルリーフレックのパッケージ
f:id:shimamura-music:20171218163753j:plain


チュートリアルリーフレックは軽い!

それでは、ここでチュートリアルリーフレックの特徴についてご説明させて頂きます。

上記にも書きましたが、チュートリアルリーフレックは特殊樹脂を使用したモデルです(原料・配合分量非公開)。ホリコシも実物を確認しましたが、プラスティックと比較しても、明らかに頑丈なのがわかりました。そしてとにかく軽い!!
そう、チュートリアルリーフレックは軽くて丈夫な素材なのです!
実際に装着して演奏してみると、軽い吹奏感のまま息がドーンと入る感じです。でも楽器が「バカ鳴り」する訳ではないので、そこはやはりチュートリアルリーフレックがしっかり機能している証ですね。


チュートリアルリーフレックを付けるとこんな感じです
f:id:shimamura-music:20171218164057j:plain

上級者は使ってはいけない??

練習者用リーフレックと言う事は、上級者は使えないの?」と言う疑問を持たれる方もいらっしゃるかも知れませんが、もちろん使って頂いてもOKです!

ただ、従来の金属製のリーフレックと比較すると、チュートリアルリーフレックは軽い素材になるので、少し物足りなく感じる方はいらっしゃるかも知れません。

初心者の方の演奏の助けになれば・・・

管楽器を始めたばかりの時は、

  • 音程を合わせるのは大変
  • 高音域や低音域を出すのも一苦労
  • しかも部活の備品楽器だとコンディションが万全ではない

というような事があり、いろいろと大変ですよね。

しかし!このチュートリアルリーフレックを使用して頂く事で、息の流れがスムーズになり、様々な問題が解決されます。例えば、苦手な低音域や高音域が無理なく演奏できるようになったり、仲間と一緒にリーフレックを装着して演奏すると、より正確にピッチが合ってくれるので、ワンランク上のアンサンブルが楽しめます!もちろん、金属製のリーフレックでも効果大ですが、ビギナーの方の場合は、より吹奏感が軽いチュートリルの方が、演奏はしやすいかも知れません。
チュートリアルリーフレックはきっと楽器上達への手助けになってくれます。もっともっと毎日の練習が楽しくなりますよ!

気になるお値段は・・・

気になるチュートリアルリーフレックのお値段ですが、

33mm 2,700円(税込)
41mm 2,700円(税込)
76mm 2,700円(税込)
ダブルリード 2,700円(税込)


クリスマスプレゼントやお年玉でトライできる嬉しい価格です(笑)


また、初心者以外の方でも、

  • これから始めて金属製リーフレックにトライする方で、その前に一度チュートリアルで慣らし運転するのも良し
  • はたまた、既に金属製のリーフレックを使用しているが、より幅広い音楽シーンや奏法に対応する為にチュートリアルを持つも良し

様々な可能性を秘めた商品です。
ぜひ、店頭でお試しくださいませ!!

リーフレックのより詳細な情報は公式Facebookでチェック!

www.facebook.com

ルシアー駒木のギターよもやま話 その74「10月買い付け分が各店に入荷していますよ~!」その1

みなさまこんにちは!

肉が付いていたって寒いものは寒い

ルシアー駒木です。

今回もブログで大いに話題にして頂いておりました、10月のギター買い付け。

全てではありませんが、第一便が日本に届き、早速全国の島村楽器に展示されました。

各楽器を検品&セットアップしながらサウンドもしっかり確認して参りましたので、皆様にご紹介したいと思います。

どれも1本のみ!!早い者勝ちですよ!

それでは早速参りましょう!

続きを読む

使いやすさがさらにアップ!HISTORY ポリッシュ&指板面オイルにスリム容器登場です!

皆さん、こんにちは。
開発担当フジモトです。

いよいよ、ギターやベースにとって決して快適とは言い難い季節が近づいてきました。
・・・もちろん人間にとってもですが。

楽器をベストな状態に保つには、乾燥時期に関わらずメンテナンスが欠かせませんが、マメにやられてる方とまったく意識していない方とに分かれるのではないでしょうか?

メンテナンスというと少し重たい感じがしますので、まずはクリーニングにトライしてみてください。意外と楽しくて、より一層自分の楽器に対する愛着が湧いてくるのではないかと思います。

今回はギター&ベースのクリーニング・グッズの中でもオススメの、HISTORYポリッシュと指板面オイルに新しい仲間が加わりましたので、ご紹介したいと思います。
f:id:shimamura-music:20171207122041j:plain

ミスト噴射式でクロスからこぼれにくくなりました!

HISTORY ポリッシュ(HPP3)

f:id:shimamura-music:20171206151932j:plain

ブランド 品番 販売価格(税込)
HISTORY HPP3 ¥1,080

HPP3は、これまでリクエストが多かったミスト噴射式ノズルを採用しています。
クロスに適量を軽く噴射することで、クロスへの浸透度も早く原液が垂れにくくとても使いやすいです。

効果はギター&ベースの塗装面の汚れ落としとツヤ出し、汚れをつきにくくします。金属部分にも使用できます。
適量をクロスに吹きかけ…

f:id:shimamura-music:20171206151958j:plain

ボディ表面を磨いてから…

f:id:shimamura-music:20171206163608j:plain

ボディの裏…

f:id:shimamura-music:20171206163622j:plain

ネックの裏…

f:id:shimamura-music:20171206163639j:plain

ヘッドなど…

f:id:shimamura-music:20171206163650j:plain

見落としがちな「ウラ」部分もチェックしてみてください。意外と汚れている場合もあります。(私的にも、ついつい見落としがちでした)
・・・そして最後に乾拭きで仕上げて完了です。
クロスはポリッシュ用と乾拭き用と2枚用意して使い分けていただくとベストです。

点眼式ノズル採用で、出しすぎ防止に効果アリ!

HISTORY 指板面オイル(HPO3)

f:id:shimamura-music:20171206152009j:plain

ブランド 品番 販売価格(税込)
HISTORY HPO3 ¥1,296

HPO3は、点眼式ノズルを採用いたしました。基本的にはクロスに少量含ませ指板の汚れを落としますが、狭い場所へも傾けて使用することができます。

指板面に潤いを与え、しっとりとしたツヤを出します。
フレットの防錆効果もあります。

まずは乾拭きで指板の汚れを落とします。
ここはフレットの両側に汚れが溜まりやすいのでそこを重点的にチェックしてみてください。

f:id:shimamura-music:20171206163815j:plain

その後、クロスにオイルを適量染み込ませて、指板にまんべんなく塗りこみ磨き上げていきます。

f:id:shimamura-music:20171206152021j:plain

指板がしっとりツヤツヤになったらお手入れ完了です。
写真は2フレットを磨いた後です。

f:id:shimamura-music:20171206163831j:plain

見た目も艶やかで美しく仕上がり、心なしかギターが喜んでいるようにも感じます。

スリム容器の特長

ノズルは、HPP3がミスト噴射、HPO3は点眼タイプと用途に合わせたものが採用されていて非常に使いやすく感じると思います。また、カドの無い楕円形ということもあり、ギターケースにそっと忍ばせておくにもうってつけです。

これまで売っていたものとの違いは??

・・・最後に、従来品であるHPP2/HPO2との違いですが:
大きな違いは容器で、内容液と容量(50ml)は同じものです。

なので、従来のモデルを使っている方は安心してそのまま使い続けてください。
「今回の入れ物、使いやすそうだなぁ~」と思ったら、無くなったあとで買い換えるのもよし!ケースに入れておくように買い足しちゃうもよし!
プロの技術者も使用する、安心のクオリティの製品ですよ!

楽器(ギター)のクリーニングについて紹介した記事もあるので合わせてご覧ください。
blog.shimamura.co.jp

本格的に冬に突入するこれからは楽器にとって厳しい時期となります。
常日頃忙しくなかなか時間が取れない方でも、交換のタイミングがチャンスです。
おかしい箇所はないかなど、全体を点検すると同時にクリーニングしていただければと思います。

どこで買えるの?

全国島村楽器、約100店舗にて取り扱いしております。
お求めの際にはお近くの店舗へ在庫の確認をお願いいたします。
店舗情報-島村楽器

従来品は島村楽器オンラインストアでも販売しています。



・・・皆様のご来店をお待ちしています。

© Shimamura Music All rights reserved.