読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器公式ブログ

全国展開している総合楽器店のスタッフが、音楽や楽器の楽しさや、楽器店にまつわるお話をお伝えします。

ミュージシャンのための高音質カメラ「ZOOM Q2n」レビュー

http://info.shimamura.co.jp/digital/img/upload/shimastaff/2016/zoom_q2n_.jpg

こんにちはデジタルアドバイザーの上坊(ジョウボウ)です。

ZOOMのベストセラー・ハンディービデオレコーダー、Qシリーズの最新機種「Q2n」が発売されました!
www.zoom.co.jp


「演奏の録音?そんなのスマホで録ってるよ!」という方も多いのではないでしょうか?
しかし、そんな方にこそ、ぜひ一度試していただきたいのがこのZOOMの「Q2n」です。
ではさっそく紹介させてもらいます!

ミュージシャンのための高音質カメラ

Q2nは「ミュージシャンのための高音質カメラ」を謳っている、ミュージシャンの強い味方です。

細かい説明の前に、ZOOM公式、スティーブ・ガッド先生のドラム演奏をQ2nで撮った映像がありますので、まずはご覧ください!
youtu.be

いかがでしょう、ガッド先生のリズムワークを堪能できる高画質・高音質じゃないですか?

こちらはバンドのリハーサル風景
youtu.be

ではでは、まずはQ2nをはじめとしたQシリーズ、一般のビデオカメラやスマホのカメラとは、どう違うのか、から見ていきます。

スマホのカメラや一般のビデオカメラとどう違うの?

結論から言うと、

音質が良いので、心地よいだけでなく、細部の演奏まで聴き取りやすい

ので、

「練習やライブの反省会なら、細かいポイントまで検証できる」
YouTubeに公開するなら、再生回数増が期待できる」

という感じです!

実は、通常のデジタルビデオカメラは「映像優先」で作られているため、生演奏の録音に対して必要な機能を持っていないものも少なくはないのです。

しかし、演奏向けに作られているQ2nを使うことで、サウンド面でも大きくクオリティを上げることができてしまいます(最高24bit/96kHzのハイレゾ音質)。
さらには、映像の撮影に対しても、ミュージシャン目線のちょっと嬉しい機能が搭載されています。

それでは、少し細かく見ていきましょう!例えば、バンドの練習やライブを録画するとして、これだけの違いがあります。

「ミュージシャンのための高音質カメラ」ZOOM Q2nの特徴

このポイントは、Q2nだけでなく、楽器演奏用のレコーダー全般で程度の差はあれ、共通のポイントです。

http://info.shimamura.co.jp/digital/img/upload/shimastaff/2016/zoom_q2n_2.jpg

音質が良い!!

高性能コンデンサーマイクを内蔵していますので、録音の音質が非常に良いです。
YouTubeなどで動画を公開する際には、これが大きなポイントになります。
これで動画再生数も期待できますね。

ステレオで録音出来る!

スマホではモノラル録音になりますが、Q2nはステレオで録音出来ます!
臨場感に大きな違いがあるだけでなく、「ギターの音に集中して聴きたい」というように楽器ごとの音の聞き分けもやりやすいです!

練習後やライブ後に反省会する場合にもとても役立ちます!(問題点がバッチリ明確になるため、ケンカにならないように注意…!)

爆音でも音割れしない!

バンドサウンドを録音すると、スマホマイクだと、音割れをしてしまうことも多いです。
割れていなくても、少し音がつぶれた感じで不明瞭になっていることは珍しくないですね。
一方Q2nでは、爆音のバンドサウンドを録音しても、しっかりとクリアに録音することができます。

ここ、とくにバンドを録音する場合、一番重要です!
特に、人の話し声程度の音量さえ収音できればOKのスマホマイクと比べると、大きな差が出るポイントです。

Q2n ファースト・インプレッション

ではでは、Q2nの実機のレビューに移っていきます。まず、歴代Qシリーズを全て触ってきたワタシが最も印象に残ったのは…まずは操作面の快適さ!

外見・操作性

とにかく操作が簡単!Q2nを触ってみて、一番良い!と思ったのが、まずこれ!基本の操作がすべて、画面を表示したままボタンを触れば出来てしまいます。

こ、これは便利…!

http://info.shimamura.co.jp/digital/img/upload/shimastaff/2016/zoom_q2n_3.jpg

これまでのビデオカメラなり、スマホでの動画撮影などでは、メニューをたどって設定をしていくことが多いですが、Q2nはボタンでほぼすべての操作が可能です。

操作として簡単であることも大きいのですが、必要な設定が画面に表示されていることで、「うっかり違う設定で録ってしまう」ということが防げるのが嬉しいですね。

逆に、うっかり撮影中にボタンを押してしまう場面も想定されるため、ボタンロックの機能があると良いなぁ、と思いました。(今後のアップデートでの対応に期待します!)

次に大きさですが、ホント小さい!(左から単三電池、Q2n、Q4)

http://info.shimamura.co.jp/digital/img/upload/shimastaff/2016/Q2n_11.png

私、身長が183cmある反動からか、小さいものには無条件で惹かれてしまいます。
そう、Q2nは小さいのです!少々厚さはありますが、ちょうど手のひらサイズです。

楽器フェア2016にて

http://info.shimamura.co.jp/digital/img/upload/shimastaff/2016/Gakki201601_35-1.png

「荷物にならない」というのは、常に持ち歩くのに対して、非常に重要なポイントです。

Q2nとGoPro

http://info.shimamura.co.jp/digital/img/upload/shimastaff/2016/Q2n_10.png

電源は単3電池2本、もしくはUSB給電ですので、スマホのモバイルバッテリーでも使えるのも嬉しいですね!
メカメカした外見も、ガジェット好きのココロをくすぐります。

画質

まず、思ったのは画角が広いこと!

http://info.shimamura.co.jp/digital/img/upload/shimastaff/2016/Q2n_animation2.gif

音質はもちろんですが、高画質というものQシリーズのメリットですね。
映像は最高1080p/30fpsのフルHD画質で撮影が可能です。

狭いスタジオの中、手持ちのカメラでは、どう頑張って設置しても、メンバーがひとり画面に入らない…なんてこともありますが、160°の画角を持つQ2nなら、全体を映しやすいです。

ちなみに画角は5段階で調整できますので、逆にピンでの弾き語りで、無駄に広いスペースが出来てしまうのも防ぐことができます。上記のGifアニメも5段階の画角で撮影しています。一番狭い画角を選択した場合でも iPhone6S よりも少し広いくらいですね。これなら、かなり狭めのスタジオでも全体を映すことが出来そうです。

音楽撮影に適した設定

演奏の時の撮影条件って、意外と過酷です。
暗いライブハウス、基本暗いけれど光の変化の激しいクラブ、炎天下の野外ライブ、などなど…。

しかしQ2nならそれぞれの条件にあった設定が簡単に可能です。
一般のビデオカメラなどでも「夜景モード」など、シーンに対する設定はありますが、結局どれにしていいか悩みますね。
しかしQ2nでは「ジャズクラブ」「コンサート」など、完全に音楽演奏用の設定が可能になっていますので非常にラクちん。

機能編

Q2nには撮った映像を活用できる様々な機能が用意されています。
ファイルの取り出しはmicroSDカードだけでなく、USBケーブルで接続して、パソコンやiOSバイス*1に簡単にコピーすることができます。

また、パソコン用の HandyShare*2というソフトが用意されていて、映像の切り取りや、音量を上げてくれたり、一発で迫力のある音にしてくれる機能も備えています。

動画をYouTubeに上げたものの「音が小さくて、なんかショボい」というあるあるなケースとはこれでおさらばできますね。
HandyShare のダウンロードはこちら

多機能

他にもQ2nの多機能なところをざっと挙げると

  • パソコンと接続してWEBカメラやUSBマイクとして使える!
  • iOSバイスと接続してUSBマイクとして使える!
  • ラインインプットでの録音が出来る!
  • スピーカー内蔵で録音をすぐに確認できる!
  • 三脚だけでなく、マイクスタンドに取り付けるためのアダプター(別売)が用意されている!

などなど、他にも盛りだくさんの機能が搭載されています。

以上、ZOOMの新製品、Q2nのレビュー、インプレッションでした!
やっぱりデジタルカメラは最新のものが良いですね!
はじめてのビデオレコーダーとしてはもちろん、以前の機種を持っている方の買い替えにもかなりオススメです!

この記事を書いた人

http://info.shimamura.co.jp/digital/img/digiland-shop/shopimg-139-staff01.jpg
デジタル楽器アドバイザー 上坊(ジョウボウ)
地元名古屋を離れ九州に移るにあたって、バンド活動から夜な夜なDTMerに鞍替え。
バンドの録音やミックス、頼まれPAなどをこなしている内に、気が付けば「デジタルな人」というポジションに。社内でも「え、ギター弾けるんですか?」と言われ続け、泣きながらデジタル機材の啓蒙に勤しんでおります。
ギタリストや楽器演奏者目線の「デジタル機材を使った、便利な音楽生活」をわかりやすく、かつ深くご案内していきます。

デジタル楽器のレビューは「Digiland」でチェック!

島村楽器株式会社のデジタルガジェット情報配信サイト「Digiland」
「Digiland」は島村楽器株式会社のデジタルガジェット情報配信サイトです。

デジタル関連商品、DTMMIDIシンセサイザー、レコーディング等に関する最新ニュース、役に立つ情報等を随時お伝えいたします。
島村楽器の専門スタッフが、新製品、各種イベント、コラム等、日々更新してまいります。

*1:iOSバイスとの接続には別売りのCamera Connection Kitなどが必要です。

*2:016/12/1現在、Windows版は提供停止中です。今年度中に提供再開が予定されています。

HISTORY KH-CYGNETギターデザインピックガードプレゼントキャンペーン!

f:id:shimamura-music:20170417112302j:plain
HISTORY担当のヨシザーです。KH-CYGNETの発売1周年を祝し「ピックガードプレゼントキャンペーン」が決定しました。期間中KH-CYGNETをご購入頂いた方にもれなく、個性あふれるデザインピックガード5種類の中から、お好みの1枚をプレゼントするというスペシャル企画。今回のブログで詳細をご報告しましょう。
www.history.gt

デザインピックガードって?

ピックガードというパーツ、ボディの真ん中あたりに大きなプラスチックの板が付いていますね?アレです。そのピックガードに今回特別に5種類のイラストをデザインしてもらいました。KH-CYGNET用特注ピックガードが完成!非売品です。


f:id:shimamura-music:20170417112452j:plain

  • Polka Dot (ポルカドット/水玉)
  • Newspaper (ニュースペーパー/英字新聞)
  • Checkered (チェッカード/格子柄)
  • Arabesque (アラベスク/唐草紋)
  • Panther (パンサー/豹柄)

各カラー20枚の限定生産。契約先着順にてご提供(準備数に到達し次第、期間中でもプレゼント出来ない場合もございます)

ボディカラーが5色・・・全部で25通りの組み合わせ


本体のカラーバリエーションが5色×ピックガードが5種類なので全部でなんと25通りの組み合わせ。あなただけの特別な1本を。

実際に付けてみました

f:id:shimamura-music:20170417112530j:plain

グリーンのボディに市松模様のピックガードをコーディネートしてみました。カッコイイですね!この取付作業は名古屋ギターショールームブログでレポートしています。交換方法が分からない方はぜひ参考にしてくださいね。
info.shimamura.co.jp


キャンペーン詳細

  • 公式ページ

history.gt

  • 期間:2017/4/20(木)~7/31(月)
  • ピックガードの準備数がなくなり次第終了

ご注意

  • 先着順でお渡しとなりますので、デザインはご要望に添えない場合もございます。
  • 模様は樹脂パネルにUV塗装による印刷です。ご使用の状況によっては塗装が剝がれてくる可能性がございます。
  • ハンドメイドのため多少の個体差や塗装ムラ等がある場合がございます。
  • PCモニターやスマートフォン画面、プリントアウトした画像等ご使用機器の設定により実物とは色が若干異なって見える可能性がございます。
  • 交換作業に不安がある方は楽器店にご相談ください。

お問い合わせ先

くわしくは最寄りの島村楽器店舗にお問い合わせください。
http://www.shimamura.co.jp/shops/index.htmlwww.shimamura.co.jp

ルシアー駒木のギターよもやま話 その61「EIZOさん×ルシ駒×HISTORY×JIMMY=新しいギタリスト像!」

みなさんこんにちは!

野菜ジュースが好きなのですが、よくあるニンジンメインよりトマトメインが好きな、ルシアー駒木です。


ほうれん草が「一番好きな食べ物」なので、本当はほうれん草メインのジュースなら尚いいんですけど、、、私以外に売れなさそうです。

という事で、今回はタイトルが長いんですが(笑)
ルシ駒、現場のお仕事に行って参りましたので、ご紹介いたします。色々な意味で興味深く面白い現場になりました。

朝一で工房に向かい、工具をそろえたルシ駒、現場に向かいます。

f:id:shimamura-music:20170327113308j:plain:w400

え?、どんなイベントだったのかですか?

フフフ ( ^ω^ )

こちら↓ご存知ですか??

f:id:shimamura-music:20170327113328j:plain

ボイストレーニング用語を擬人化したボイトレ男子たちに、ボイトレ界の帝王・森山帝がありえないボイストレーニングを施し、“ボイスエクスタシー”へと導く、衝撃の番組!ラジオ大阪とニコニコチャンネルで大人気のコンテンツ、ボイトレ男子!!

ch.nicovideo.jp


今回お邪魔したのは、そのボイトレ男子のイベント、

f:id:shimamura-music:20170327113306j:plain

だったのです!!

声優の皆さんは歌も歌われており(これが上手い!)、勿論今回のイベントでもその素敵な歌を楽しめる内容になっていました。

そして、その楽曲提供&プロデューサーとして参加されてらっしゃるのが、そうです今ブログの主役、坂本英三さん!

f:id:shimamura-music:20170327113320j:plain:w400

www.eizosakamoto.tokyo


工房にも英三さんのサインが飾られていますよ~(^0^)

f:id:shimamura-music:20170327113327j:plain

英三さん登場のルシ駒ブログはこちら

blog.shimamura.co.jp


という事でルシ駒、こちらのイベントにギターテックとして参加させて頂きました。

ルシ駒会場到着。

f:id:shimamura-music:20170327113325j:plain

パスをもらって裏口からお邪魔します。

f:id:shimamura-music:20170327113326j:plain:w400

現場の仕事は所謂「作業台」がある訳ではないので、その場で許される環境に応じた作業スペースを確保させて頂いて、仕事をします。

今回は英三さんのご厚意で、英三さんの楽屋内に基地を設置!

f:id:shimamura-music:20170327113309j:plain

写真は向かって左から英三さん、英三さんのエンジニアをされてらっしゃるAMGMUSICの酒井章さん、私ルシ駒、です。

早速リハーサルの開始です。

今回はエレクトリックとアコースティック、2系統のラインで音を作っていきます。

f:id:shimamura-music:20170327113310j:plain:w400

エレクトリックは、

HISTORY GH-LSV(JIMMYWALLACE搭載)~足元(チューナー&歪みエフェクト)~JC~マイキングしてPA」という流れで、
アコスは、「HISTORY NT-C3~DI~PA」というどちらもシンプルな流れです。

リハスタート!まずはエレクトリックから。

f:id:shimamura-music:20170327113311j:plain:w400

いやあ、ズバリ、かっこいい!!

ここで、最近英三さんとお仕事させて頂くたびに感じていた事を改めて強く感じたのですが、それは、バッキングでもソロでも、何とも情感たっぷりで、声のようなギターだという事。

私もこの仕事長いですから、それはそれは「テクニック的に上手い」ギタリストさん達は沢山いらっしゃいました。

ですが、英三さんのギターはその何方とも違う魅力。

これって、英三さんが「ボーカリストとして一度伝説のレベルまで到達した人」だからですね。

ギタリストってテクニック優先な方も多いんです。まず沢山テクニックを身に付けて、それを駆使してフレーズを考えていく。そういう人多いです。

ですが、伝説のボーカリストである英三さんは、まず先にフレーズ(というよリ歌というかメロディというか)ありきで、そのフレーズをどうギターで弾くか、なんですよね。だからこそ「最初からギタリスト」の人には絶対に弾けないギターです。

リハは進んでいきますが・・・

・・・うむむ、いい音だけどちょっと会場の響き的に高音域が抜けすぎかな~

ルシ駒即対応

f:id:shimamura-music:20170327113313j:plain

英三さんは任せて下さっているので、私の判断で丁度良い感じに造っていきます。

因みに足元はこちら。

f:id:shimamura-music:20170330102441j:plain

実にシンプルですが、Verocityの歪みがシンプルさのポイントでした。クリーンがしっかり出るアンプがあれば、これだけでアンプのような歪みが得られますし、HISTORY&JIMMYとも相性良かったですね。

続いてアコギチェック

f:id:shimamura-music:20170327113314j:plain:w400

いい感じ!!

英三さんのリハが完了して外に出てみると、開場前の準備真っ最中。

f:id:shimamura-music:20170327113317j:plain

私は本番に向けて、を張り替えます。

f:id:shimamura-music:20170327113312j:plain
f:id:shimamura-music:20170327113324j:plain

このの張り替え、ギタリストさんによってタイミングは皆さん違います。少し使ったが好きでLIVEの日から逆算して数日前に張り替える人、リハ前に張り替える人、本番前に張り替える人、弾く機会の度に張り替える人、本当に色々です。

英三さん、張り替え完了したギターで、早速慣らし中。

f:id:shimamura-music:20170327113322j:plain

これ↑貴重なショットですよね! ヾ(驚゚∀゚*)ノ゙

演者の皆さんはメイクルームで着々と準備を進めておられます。

f:id:shimamura-music:20170327113323j:plain:w400

いよいよ開場!本番です!

本番直前のショット!

f:id:shimamura-music:20170327113319j:plain:w400
f:id:shimamura-music:20170327113321j:plain:w400

ルシ駒袖で万一のトラブルに備えると共に、ギターの受け渡しや曲ごとのチューニング変更などもさせて頂きます。

f:id:shimamura-music:20170327113316j:plain

通常私がお邪魔する現場と違い、今回はオケに合わせてギターの生演奏。

HISTORYの整合感ある土台に、抜群の広がりとニュアンスを出すJIMMYが合わさったそのサウンドは、オケの上に「生演奏感」を見事にプラス。しかも声優さんの歌は邪魔しない。大げさでなく本当に気持ちの良い音でした。

現場にいたスタッフさんやエンジニアさんからもお褒めの言葉頂きました!

f:id:shimamura-music:20170327113318j:plain:w400

舞台袖からの貴重な一枚!

英三さん以外の皆さんのイベント中写真は諸事情にて掲載出来ませんが、

こちら演者皆さんの集合写真、終演後の演者さんのお一人山本和臣さんの写真。掲載OK頂きました。有難うございます。

f:id:shimamura-music:20170327113307j:plain

メインパーソナリティの森川智之さん、

ボイスエンジェル役の
坂本和弥さん
ボイトレ男子の山本和臣さん、河本啓佑さん、汐谷文康さん、角田雄二郎さん、木村大樹さん、大島佑さん、

そして我らが英三さん!

有難う御座います!

如何だったでしょうか。

イベントの裏側楽しかったでしょ(o→ܫ←o)

HISTORYのしっかりしたサウンドが、こういったイベント会場で「オケとも合う」「ボーカルを活かすサウンドも得意」である事が証明出来て良かったですし、

JIMMYWALLACEのピックアップはやっぱり抜けと演奏ニュアンス抜群でした。興味持たれた方は是非相談してくださいね!

最後に、英三さん、改めてありがとうございました!!

「新しいギタリスト像」見た気がします!!

ルシアー駒木でした!!

その他の「ルシアー駒木のギターよもやま話」を読みたい場合はこちら!

楽器フェア2016アーティストデモ レポート「佐々木亮介」氏

みなさんこんにちは、島村楽器アーティスト・オリジナルブランド担当のキタです!

島村楽器公式ブログでは、何回か昨年開催された楽器フェア2016のレポートなどを紹介していますが、楽器フェア2016では、島村楽器が正規代理店、また当社のオリジナルブランドに関わるアーティストによるデモも数多く開催しました。

その中でa flood of circleのヴォーカル&ギター佐々木亮介氏にBadCatのアンプを使用して弾き語って頂きましたので、今回はその時のレポートをご紹介します!

http://info.shimamura.co.jp/showroom/blog/img/uploads/2016/11/B060069.jpg

a flood of circle について

youtu.be

2006年結成。ブルース、ロックンロールをベースにしたサウンドとメロディ、そして佐々木亮介氏の強烈な個性を持った声が特徴のバンド。
佐々木亮介氏はBadCatのアンプ“ホットキャット30R”、とエフェクター“SiameseDrive”を愛用中。

デモ演奏レポート

http://info.shimamura.co.jp/showroom/blog/img/uploads/2016/11/B060091.jpg

BadCatアンプ2台に囲まれて登場した佐々木さん。
右のアンプがホットキャット30、そして左にはど派手なモデルが!!
これはブラックキャット30Rをベースにした楽器フェアモデルです。

このモデルの詳細はこちらのブログをどうぞ。
<リンク>

1曲目~Christmas Time~

youtu.be
まずは左側の楽器フェアモデルから。
ベースとなっているブラックキャット30Rはクリーンサウンドに特化したモデルで、リハーサル中から「これめっちゃいいなあ!」と気に入ったご様子!


http://info.shimamura.co.jp/showroom/blog/img/uploads/2016/12/B060080.jpg

「もっとやりたい、もっとクリーンにこだわれそうだからいっぱい色んな事が出来そう!」と、クリーンサウンドを追求したモデルだからこその可能性の大きさを感じて頂けました。

2曲目~Black Eye Blues~

youtu.be

続いて右側のホットキャット30で演奏。ハイゲインなディストーションサウンドが特徴のモデルで佐々木さんは普段これにリバーブが付いたホットキャット30Rを愛用しています。ライブでの佐々木さんのセッティングを特別に教えて頂きました!(チャンネル1)↓↓↓


レコーディングではチャンネル2を大音量で鳴らして使うそうです!

http://info.shimamura.co.jp/showroom/blog/img/uploads/2016/12/B060084.jpg

「弾いた瞬間に音が出るから、ちょっと触っただけのノイズも出る。
ごまかしが利かないから自分のプレイをそのまま聴けて新しいことを発見できる。」と語る佐々木さん。
音の反応が良いのでピッキングのニュアンスで様々な表現が出来ますよね、というBadCat担当スタッフの言葉に強く頷いていました。

以上、佐々木さんのBadCat愛を感じるデモンストレーションでした!
BadCatアンプのサウンドをライブでも聴きたい!という方はa flood of circleのライブへGO!!

島村楽器公式ブログ BadCat関連記事はこちら




名古屋ギターショールームについて

名古屋ギターショールーム島村楽器の扱うハイエンドギターブランドのショールームとなっております。
もちろん、全商品お試し頂くことができますので各ブランドのテイストを存分にご堪能下さい。
また、各ブランドの「詳細」や「商品について」のご説明をご希望のお客様につきましてはご希望日、ご希望の時間に、専任のスタッフが店舗にてご案内をさせて頂きますのでお気軽にご連絡をください。

© Shimamura Music All rights reserved.