島村楽器公式ブログ

全国展開している総合楽器店のスタッフが、音楽や楽器の楽しさや、楽器店にまつわるお話をお伝えします。

演奏のお悩みを解消!いま管楽器界で話題沸騰のリーフレックからビギナー向けの新製品!

皆さまこんにちは!管楽器担当のホリコシです!

今回は、いま管楽器界で話題沸騰の?!アイテム「lefreQue(リーフレック)」から、新たに発売された商品のご紹介です!

「そもそもリーフレックってなに??」と言う方、まずはコチラで商品をチェック!!

↓ lefreQue(リーフレック)公式ホームページ
f:id:shimamura-music:20171221110243j:plain
lefreQue (リーフレック) 当社代理店ブランド - 島村楽器



・・・・はい、お帰りなさいませ(笑)
まずは、リーフレックについての基本知識はお読みいただけたでしょうか?
リーフレックとは、一言で言うと、管楽器の響き・音量を増幅させるカスタムパーツです。もともとはオランダで開発されたアイテムなのですが、今から約3年ほど前から日本でも取り扱いを開始した商品になります。
今では、日本を代表する著名な奏者から、中高生の吹奏楽部員まで、多くの管楽器奏者に愛用して頂いております。



リーフレックについてもう少しご紹介

下の画像をご覧ください。
f:id:shimamura-music:20171218163146j:plain


管楽器には必ず、マウスピースと本体にジョイント部分が存在するわけですが、そのジョイント部分で響きが損なわれているのではないか?と言う疑問から開発がスタートしました。
確かに、サックスやクラリネットの場合は、ジョイント部分にコルクが巻かれているので、想像しやすいですが、フルートや金管楽器の場合は、ジョイント部分にコルクは巻かれていません。
・・が、隙間がゼロではない訳です。理屈としては、ホリコシも納得。
f:id:shimamura-music:20171220094643j:plain
サックスへの取り付け

f:id:shimamura-music:20171220094653j:plain
色々な管楽器への取り付け

そこで、プレートをマウスピース(フルートの場合は頭部管)のジョイント部分にリーフレックをブリッジさせる事で、マウスピースの響きを直接管体に伝えるアイテムなのです。
これがまたビックリするくらい吹奏感が変わるんですよ。ホントに(笑)
この話をしはじめると数時間しゃべり続けてしまうので、今回はこれまで・・・。

今回は、そんなリーフレックから新たにリリースされた新製品のご案内と言うわけでございます。

さて本題へ・・・。

まずはコチラをご覧ください。
f:id:shimamura-music:20171220100019j:plain

え・・ナニコレ?黒い・・(汗)
そう、今回新しく登場したリーフレックは黒いのです!
特殊樹脂で成形された、その名は「チュートリアルリーフレック」と申します!

チュートリアルリーフレック

チュートリアルと名前がある通り、今回の商品コンセプトは練習者用に開発されております。
主な対象は、中・上級者よりも、吹奏楽層等で楽器を始めたばかりの初心者層の方に特におススメしたいモデルです。
また、楽器を始めたばかりの小中学生が自分のお小遣いで買えるようにとの、開発者の願いが込められており、お値段は従来のlefreQueとは大きく違い、1つ2,700円(税込)と言うビックリプライス!
パッケージも今までとは少し違った感じですね。

↓こちらは従来のリーフレックのパッケージ
f:id:shimamura-music:20171218163722j:plain


↓こちらがチュートリアルリーフレックのパッケージ
f:id:shimamura-music:20171218163753j:plain


チュートリアルリーフレックは軽い!

それでは、ここでチュートリアルリーフレックの特徴についてご説明させて頂きます。

上記にも書きましたが、チュートリアルリーフレックは特殊樹脂を使用したモデルです(原料・配合分量非公開)。ホリコシも実物を確認しましたが、プラスティックと比較しても、明らかに頑丈なのがわかりました。そしてとにかく軽い!!
そう、チュートリアルリーフレックは軽くて丈夫な素材なのです!
実際に装着して演奏してみると、軽い吹奏感のまま息がドーンと入る感じです。でも楽器が「バカ鳴り」する訳ではないので、そこはやはりチュートリアルリーフレックがしっかり機能している証ですね。


チュートリアルリーフレックを付けるとこんな感じです
f:id:shimamura-music:20171218164057j:plain

上級者は使ってはいけない??

練習者用リーフレックと言う事は、上級者は使えないの?」と言う疑問を持たれる方もいらっしゃるかも知れませんが、もちろん使って頂いてもOKです!

ただ、従来の金属製のリーフレックと比較すると、チュートリアルリーフレックは軽い素材になるので、少し物足りなく感じる方はいらっしゃるかも知れません。

初心者の方の演奏の助けになれば・・・

管楽器を始めたばかりの時は、

  • 音程を合わせるのは大変
  • 高音域や低音域を出すのも一苦労
  • しかも部活の備品楽器だとコンディションが万全ではない

というような事があり、いろいろと大変ですよね。

しかし!このチュートリアルリーフレックを使用して頂く事で、息の流れがスムーズになり、様々な問題が解決されます。例えば、苦手な低音域や高音域が無理なく演奏できるようになったり、仲間と一緒にリーフレックを装着して演奏すると、より正確にピッチが合ってくれるので、ワンランク上のアンサンブルが楽しめます!もちろん、金属製のリーフレックでも効果大ですが、ビギナーの方の場合は、より吹奏感が軽いチュートリルの方が、演奏はしやすいかも知れません。
チュートリアルリーフレックはきっと楽器上達への手助けになってくれます。もっともっと毎日の練習が楽しくなりますよ!

気になるお値段は・・・

気になるチュートリアルリーフレックのお値段ですが、

33mm 2,700円(税込)
41mm 2,700円(税込)
76mm 2,700円(税込)
ダブルリード 2,700円(税込)


クリスマスプレゼントやお年玉でトライできる嬉しい価格です(笑)


また、初心者以外の方でも、

  • これから始めて金属製リーフレックにトライする方で、その前に一度チュートリアルで慣らし運転するのも良し
  • はたまた、既に金属製のリーフレックを使用しているが、より幅広い音楽シーンや奏法に対応する為にチュートリアルを持つも良し

様々な可能性を秘めた商品です。
ぜひ、店頭でお試しくださいませ!!

リーフレックのより詳細な情報は公式Facebookでチェック!

www.facebook.com

© Shimamura Music All rights reserved.