読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器公式ブログ

全国展開している総合楽器店のスタッフが、音楽や楽器の楽しさや、楽器店にまつわるお話をお伝えします。

世界で1台のみ!朱い龍を纏ったBadCatブラックキャット楽器フェアモデル

商品開発の話 ギター・ベースの話

みなさんこんにちは、島村楽器アーティスト・オリジナルブランド担当のキタです!

早速こちらの画像をご覧ください!
http://info.shimamura.co.jp/showroom/blog/img/uploads/2016/11/33546cbeaa4773fb42f7a4df247c4511.jpg

凄いインパクトがありますよね〜


実はこちら、昨年の楽器フェア2016で披露されたBadCatのブラックキャット楽器フェアモデルなんです。
BadCatの代表モデルであるブラックキャット30Rをベースにしながら、島村楽器楽器フェアのために企画した、世界で1台しか存在しないカスタム仕様のギターアンプです。
今回は、このアンプについて詳しくご紹介します。

外装について

http://info.shimamura.co.jp/showroom/blog/img/uploads/2016/11/3368d714194f89848c735e7f18bd0c06.jpg

通常、ブラックキャットには黒いトーレックスが外装として使われていますが、島村楽器ではこのアンプのために京都の西陣メーカーより朱い龍をあしらった生地を調達。
米国カリフォルニア州のBadCat工房へ送り、特例としてこの生地をアンプの外装素材に採用してもらいました。

グリル

http://info.shimamura.co.jp/showroom/blog/img/uploads/2016/11/b545e479e26a2766a519575e109097ea.jpg

外装に合わせて、グリルは通常仕様のダークゴールドよりも明るいライトゴールドを選択。また、コントロールノブも通常仕様のブラックではなく、クリームカラーの物を使用しています。

天面・背面

http://info.shimamura.co.jp/showroom/blog/img/uploads/2016/11/7edca2b100fbda4dfce5c6108f64a684.jpg

天面のハンドルも、通常のブラックレザーからオレンジレザーへ変更。

http://info.shimamura.co.jp/showroom/blog/img/uploads/2016/11/06ff4c8f8594d1df104c2cf40f484517.jpg

もちろん、背面まで全て同じ素材で巻かれています。


http://info.shimamura.co.jp/showroom/blog/img/uploads/2016/11/8fb944ca770ba3a3a99871873c88adb1.jpg

スペック上はセレッション製のBadCat特注スピーカーはじめ、ポイントトゥポイントワイヤリング、クラスA回路など、レギュラーラインナップのブラックキャットと同じパーツ・テクノロジーを採用。
プリアンプチューブ「12AX7」を使うCh1では甘く上質なミッドレンジを再現し、「EF86」を経由するCh2では透明感のあるクリーンサウンドからスムーズで音抜けの良いオーバードライブまで、極上のサウンドを創り出します。

通常仕様のブラックキャット・スペックはこちら

世界で1台のアンプ。気になった方は是非ご相談ください!

さらに、この楽器フェアモデルに限り、運搬に便利なハードケース(通常別売・税抜44,800円)も付属。
ご試奏をご希望の際は、お近くの島村楽器店舗へお問い合わせ下さい。

BadCat ブラックキャット楽器フェアモデル

http://info.shimamura.co.jp/showroom/blog/img/uploads/2016/12/11084bb7435042a0300b28c789dcdc97.jpg

販売価格(税込み) ¥538,920

島村楽器公式ブログ BadCat関連記事はこちら




名古屋ギターショールームについて

名古屋ギターショールーム島村楽器の扱うハイエンドギターブランドのショールームとなっております。
もちろん、全商品お試し頂くことができますので各ブランドのテイストを存分にご堪能下さい。
また、各ブランドの「詳細」や「商品について」のご説明をご希望のお客様につきましてはご希望日、ご希望の時間に、専任のスタッフが店舗にてご案内をさせて頂きますのでお気軽にご連絡をください。

© Shimamura Music All rights reserved.