読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器公式ブログ

全国展開している総合楽器店のスタッフが、音楽や楽器の楽しさや、楽器店にまつわるお話をお伝えします。

2016年春弦楽器ヨーロッパ買付レポート パリ編 その1

皆様こんにちは!島村楽器みなとみらい店 楽器アドバイザーの石井と申します。
この春、弊社マイスター茂木顕、島村楽器シマムラストリングス秋葉原 リペアマン鍵主有三と3人で、皆様にご紹介する楽器を買い付けて参りました。
今回は、プラハ、パリ、ブリュッセル、フランクフルト、そしてクレモナと各所を訪れ、たくさんの楽器・弓・人と出会うことが出来ましたので、報告させていただきます!

前回までのプラハを離れ、パリに到着!!

パリに到着した一行。到着日は休日だったため、弓製作家Sandrine Raffin氏のご好意で市内をすこしだけ観光案内してもらうことになりました。

f:id:shimamura-music:20160515094433j:plain

パリ市内を一望できる、最高の景色をみせてくれるということで案内してもらったのがこちら「モンマルトルの丘」

f:id:shimamura-music:20160515095142j:plain

天気にも恵まれ、大変な賑わいでした。

f:id:shimamura-music:20160515095200j:plain

凄腕を披露して喝采を浴びる人も。
続いてトルテが愛したというカフェも案内してくれました。

f:id:shimamura-music:20160515095216j:plain

f:id:shimamura-music:20160515095225j:plain

ここで、時の思想家やさまざまな人たちと交流を持ち、インスピレーションを受けて作品が生まれていったわけですね。歴史を感じます。
そして、リペアマン鍵主のリクエストにお応えいただきオススメのビストロを案内してくれました。

f:id:shimamura-music:20160515095259j:plain

f:id:shimamura-music:20160515095301j:plain

さすが食の都パリ!あまりに美味しすぎて、前菜はすっかり写真撮るのを忘れてしまいましたが、見た目も味も色彩豊かで目が覚めるような美味しさでした!
これからのパリ買い付けにますます期待感が増してしまいます。
パリも観光客向けのお店がたくさんあるので、しっかり見極めていかなければなりません。
買い付けと一緒ですね。サンドリーヌ、ありがとう!

と、いうわけでパリでの買い付けがはじまりました。つづく・・・

選び抜かれた楽器が一堂に会する祭典「第20回 楽器フェスタ」10店舗で開催!

テーマは「Paganini & his Guarineri “ Canone “ パガニーニのカノンガルネリ」

19世紀最大のバイオリニスト、パガニーニが愛用したバイオリンがガルネリでした。その強烈な個性でついたあだ名が「カノン砲(大砲の意味)」。今回そのガルネリモデルを、現代イタリアの名工が見事に再現した名品をご紹介します。同時に現地で選りすぐった様々な個性のモダン~新作の楽器と弓もご用意して、皆様のご来場を心よりお待ちしております。

2016年春 楽器ヨーロッパ買付レポート その他の記事はこちら








© Shimamura Music All rights reserved.