読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器公式ブログ

全国展開している総合楽器店のスタッフが、音楽や楽器の楽しさや、楽器店にまつわるお話をお伝えします。

長野店【『谷本成輝ドラムテックセミナー』レポート!】

おすすめ店舗記事

こんにちは。Webサイト担当のオクダです。
全国の島村楽器 各店舗が配信している、店舗情報・イベントブログの記事の中から、おすすめの記事をご紹介するこのコーナー
今回は長野店の小林さんがレポートしてくれている「谷本成輝ドラムテックセミナー」の様子をお届け致します!
「ドラムテック」とは、ドラムのチューニングのことで、谷本さんは代官山音楽院でドラムを教えるドラム・パーカッション総合科の講師さんです。
そんな現役講師さんのセミナーの様子を早速ご覧ください!

こちらの記事は、島村楽器店舗ページで掲載している情報の中から、おすすめの記事をそのまま掲載しています。既に開催し終了しているフェア・イベント、販売が終了している商品情報の場合がございますので、ご注意ください。

こんにちは!ドラム担当小林です!
8月8日(土)開催の『谷本成輝ドラムテックセミナー』のレポートです!
f:id:shima_c_nagano:20150520161917j:plain

谷本成輝氏プロフィール

ニューヨークのリズムセクションの学校、Drummers Collectiveを卒業。グレッチジルジャンジブラルタルのエンドーサーとして活動し国内外のアーティストとの共演、音楽関係企業との多くのプロジェクトに参加経験を持つ。講師、ドラムテック、海外アーティストの通訳、翻訳、楽器設計関連業務、教育プログラムの開発など活動は多岐に渡る。代官山音楽院ドラムパーカッション総合科に講師として所属。


f:id:shima_c_nagano:20150809113204j:plain:w540
入念にセミナーの準備をする谷本氏。なにやら工具がいっぱいですね。


f:id:shima_c_nagano:20150809113242j:plain:w540
セミナースタート!たくさんのお客様にご参加頂きました。


f:id:shima_c_nagano:20150809113257j:plain:w540
ドラムサウンド3種類の解説から始まり


f:id:shima_c_nagano:20150809113323j:plain:w540
フロアタム、タム、バスドラムのチューニング、そして

f:id:shima_c_nagano:20150809113342j:plain:w540
スネアドラムのチューニングという流れで解説して頂きました。シェル固有のピッチにあわせるチューニング方法は正に熟練の技で目を見張るものがありました。私ももっと修行しないと(笑)


f:id:shima_c_nagano:20150809113407j:plain:w540
続いて今回のセミナーの目玉企画『シンバル修理実演!』割れたシンバルやかけたシンバルを修理して頂きました。専用のこぎりでカット。


f:id:shima_c_nagano:20150809113422j:plain:w540
ドリルで穴あけ。


f:id:shima_c_nagano:20150809113436j:plain:w540
ヤスリで丁寧にバリを取りハンマリング。シンバル1枚に要した時間はたったの10分!
1000枚以上ものシンバルを修理してきた谷本氏の職人芸を堪能させて頂きました。


f:id:shima_c_nagano:20150809113523j:plain:w540
谷本氏が使用した工具と修理したシンバル。


f:id:shima_c_nagano:20150809113502j:plain:w540
最後にばっちりチューニングしたドラムセットと修理したシンバルで演奏して頂きました。
割れてノイズが発生していたシンバルはクリーンな音に復活しドラムセットは抜群に鳴っていました!

f:id:shima_c_nagano:20150809113131j:plain:w540
最後にツーショットを撮らせていただきました。
今後もドラマーさんに喜んで頂けるイベントを企画していきますのでご期待ください!
セミナーにご参加くださった皆様、谷本さんありがとうございました!

『谷本成輝ドラムテックセミナー』レポート! - 島村楽器 長野店 シマブロ

ドラムのチューニングの様子から、シンバル修理実演まで盛りだくさんの内容でしたね!
シンバルを修理する様子は初めて見ましたが意外と力仕事で、長年培われてきたカンのようなものも必要になってくる繊細な技術職だと感じました!
谷本さんが講師を務める代官山音楽院の情報もぜひチェックしてみてください!
www.daikanyama-ongakuin.com
それではまた次回!

© Shimamura Music All rights reserved.