読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器公式ブログ

全国展開している総合楽器店のスタッフが、音楽や楽器の楽しさや、楽器店にまつわるお話をお伝えします。

ペダルチューナー徹底比較!【まとめてみた】


ペダルチューナーに求めるものは人それぞれです。

大きさや機能、頑丈さやデザイン、ディスプレイの見やすさなど・・・今回は各機種のポイントを比較し、まとめてみました!

BOSS TU-3

ペダル・チューナーの定番と言えるBOSS TU-3

クロマチックモード以外に、ギター/ベース・モードも搭載しています。

ギター/ベース・モードでは、番号を表示する7ギターや6ベースにも対応。フラットモードでは、ギター最大6半音、ベース最大3半音下げが可能です。

高輝度モードをONにしてみました!めっちゃ明るいでしょ。

メーター視認性を高める高輝度モードの搭載からもわかる通り、ステージや野外ライブでの使用を想定していますね。

BOSSチューナーお家芸、アキュピッチ・サイン機能はもちろん搭載。
チューニング完了をメーター表示で知らせてくれるので、やはり使用していて安心感がありますね。ピタッとあった実感があります。

またパラレルDCコード PCS-20A(別売)を接続すると、エフェクターなどのPSAアダプター対応機器に電源供給が可能なため実用的ですね。
※電池動作時には供給できません。
※PSA-100シリーズには、最大出力電流が200mAと500mAの2種類のタイプがあります。PSAアダプター対応機器に電源供給する場合、全機器の消費電流の合計がお使いのPSA-100シリーズの最大出力電流を超えないようにしてください。

まとめますと・・・

おススメポイント

  • クロマチック/ギター/ベースモード搭載
  • メーター視認性を高める高輝度モード搭載
  • チューニング完了をメーター表示で知らせてくれるアキュピッチ・サイン機能搭載
  • 電源供給可

こんな場面で活躍

ライブでの使用に安心な定番モデル

ペダルチューナーに求める基本機能をしっかり搭載しており、抜け目のない機種です。

実際チューニングしてみても、ギター/ベースともに使いづらい印象はありません。安心して使用できる1品ですね。

store.shimamura.co.jp

販売価格 ¥9,720(税込)


KORG DT-10

BOSS TU-3と並ぶペダル・チューナーの定番KORG DT-10
頑丈なボディで人気のある機種ですね。

クロマチックモードのみという男気あふれる潔さ。
あえて特筆すべき点はない超シンプル設計です。

フラット・チューニングは最大7フラット(3音半下げ)まで対応していますよ。

おススメポイント

  • 必要な機能のみに絞ったシンプル設計
  • 存在感のある頑丈ボディ

こんな場面で活躍

ただチューニングだけしたいんです!という方におススメ

シンプルな外見ながら、ペダルボードに組み込んだ時の存在感は抜群!
余計な機能はなくても良いから!ただチューニングがしたいんだ!!という方におススメ。
このシンプルな外観がかっこいいんです!

筐体が大きい分、メーターが長く、視覚的にも安心です。

store.shimamura.co.jp


販売価格 ¥6,566(税込)


ちなみに・・・
KORG DT-10といえば、様々な限定カラーが発売されていたことも印象深い機種です。
例えば、PaulReadSmithのギターをご購入いただくとプレゼントされた限定カラーもありましたね。
ここでは、そんな限定カラーの一部をご紹介!
今は手に入れることができないレアな機種ばかりですので、お持ちの方は大事にしてくださいね。


KORG pitchblack PB-01

コンパクトながら視認性の高いペダル・チューナーです。
ディスプレイ部分が演奏者に向けて斜めになっていることもあり、見やすい印象です。

また、チューナー・オフ時は、音質を重視したTrue Bypass仕様となっているので、音質こだわり派にはポイント高いですね。

クロマチックモードのみというシンプル設計ながら
多彩なディスプレイ・モードを搭載しているので、使っていて飽きません。

メーター / ストロボ1 / ストロボ2 / ミラーと豊富なディスプレイがクセになりますね。

またパラレルDCコードを使えば、他のエフェクターに電源供給可能です。

ちなみに接続するエフェクト・ペダルの消費電流の合計200mA以内が推奨ですので、ご注意ください。

まとめますと・・・

おススメポイント

  • 音質重視のTrue Bypass OUT
  • 小型ボディでエフェクターボードに組み込んだ際に場所をとらない。
  • 豊富なディスプレイ・モード
  • 電源供給可

こんな場面で活躍

スタンダードなチューナー機能とコンパクトボディを求める方におススメ

この価格で、TrueBypass仕様というのは、ポイント高いですね。

クロマチックモードのみ、またフラットチューニングには未対応ですので
レギュラーチューニング機能のみで大丈夫という方には良いんじゃないでしょうか?

また機能面を差し引いても、このコンパクトなボディは魅力的です。

カラーバリエーションが多いのも良いですよね~。

store.shimamura.co.jp


販売価格 ¥6,156(税込)


KORG pitchblack+ PB-02

pitchblack+の最大の特徴は、測定精度±0.1セントという厳密なチューニングが可能ということ。
大半のチューナーが測定精度±1セントですので、その精度は他機種の約10倍です。

またチューニングモードも非常に豊富です。
クロマチックモード以外に

  • ギター・レギュラー・チューニング(7B,6E,5A,4D,3G,2B,1E)
  • ベース・レギュラー・チューニング(LB,4E,3A,2D,1G,HC)
  • ギター・オープンD・チューニング(6D,5A,4D,3F#,2A,1D)
  • ギター・オープンE・チューニング(6E,5B,4E,3G#,2B,1E)
  • ギター・オープンG・チューニング(6D,5G,4D,3G,2B,1D)
  • ギター・オープンA・チューニング(6E,5A,4E,3A,2C#,1E)
  • ギター・DADGAD・チューニング(6D,5A,4D,3G,2A,1D)

上記の通り、多彩なチューニングに対応します。
また、同時に最大7音半のフラット・チューニングにも設定可能です。

pitchblackシリーズ特有の豊富なディスプレイモードは、pitchblack+でも顕在。
pitchblackの4つのディスプレイ・モードに加え、2つのディスプレイモード(フォーカス1 / フォーカス2)が追加です。

pitchblack+の他機種と大きく違う点は、INPUT端子が2つあるところ。
2つの楽器を同時に接続し、INPUT SELECTスイッチを押すことで、2つの楽器のチューニングの切り替えが可能です。

また各INPUTごとに、キャリブレーション(基準ピッチ)、チューニング・モード、フラット・チューニング、ディスプレイ・モードを個別に設定できるので、ライブ中の持ち替え時もスムーズに行きますね。

もちろん、他のエフェクト・ペダルへ電源供給も可能。
DCケーブルが付属なのも、うれしいポイントですね。

まとめますと・・・

おススメポイント

  • 測定精度±0.1セントという厳密なチューニング
  • 音質重視のTrue Bypass OUT
  • 8つの多彩なチューニング・モード
  • 最大7音半のフラット・チューニング
  • 6つのディスプレイ・モード
  • 2つのINPUTを切り替え可能
  • 電源供給可でDCケーブルも付属

こんな場面で活躍

唯一無二の機能、2つの楽器を切り替え、ライブ時の持ち替えも楽チン!


2つの楽器の切り替えができるので、ライブ中に楽器を持ち帰る必要のある方にとっては、非常に便利!
そして忘れてはならないのが測定精度±0.1セントという厳密なチューニング機能でしょう。

今までのチューニングに不便を感じていた方は、pitchblack+に乗り換えてみてはいかがでしょうか?


販売価格 ¥10,087


SONIC RESEARCH ST-200

遂に、高精度のチューナーもここまで来ましたか!
なんと、その精度±0.02セント以下。

普通のチューナーと比較すると、なんとその精度は50倍!!
高精度なpitchblack+やPETERSONのチューナーと比べても、5倍の精度を誇っています。

チューニングをした時の最初の印象は、とにかく早い!
音を入力した時の反応が非常に早く、即、検知してくれます。

高輝度LEDストロボディスプレイのため、離れていてもわかりやすいですね。

音質もこだわりのTrue Bypass仕様です。

チューニング・モードは、クロマチック / ギター / ベースの3パターン。
3音(6半音)までのドロップチューニングに対応しています。

なんと、ユーザーのオリジナルチューニングを5パターンまで登録可能。
0.1セント単位でオープンチューニング/オリジナルチューニングをプログラム可能なんです。

まとめますと・・・

おススメポイント

  • 精度±0.02セント以下の高精度
  • 高輝度LEDストロボディスプレイ、ルーレット式のディスプレイのため視認性良好
  • 0.1セント単位でオープンチューニング/オリジナルチューニングを5パターンまで登録可能
  • 音質もこだわりのTrue Bypass仕様

こんな場面で活躍

より厳密なチューニングの精度を求める方におススメ!

微妙なチューニングの違いにもしっかりと反応してくれますね。
使っていて音がピタッと合った感覚が非常に気持ちの良いチューナーです。

プログラム機能も搭載しているので、様々なチューニングパターンを使い分ける方はおススメですよ!
ただプログラムの仕方が慣れるまでは、難しい印象ですね。
不慣れな英語の説明書をなんとか解読しながら、なんとかプログラムできました。
(自分が英語を勉強しろよって話ですよね? すいません。)

販売価格 ¥27,000(税込)

さて、ここからはペダル・チューナーの中でも特殊なポリフォニック・チューナーにスポットを当てていきましょう!


tc electronic PolyTune

チューナーの歴史に大きな変革を起こしたと言っても過言ではないポリフォニック・チューナー
これが世界初のポリフォニック・チューナーであるPolyTuneです。

PolyTuneは「MonoPoly」特許アルゴリズムを内蔵し、入力が単音/和音のどちらであるかを瞬時に判断、
ポリフォニック/クロマチック・モードを自動的に切り替えます。

そのチューニング精度はポリフォニック時で±1セント、クロマチック時で±0.5セントです。
PolyTuneは、ドロップ・チューニング・モードは最大5セミトーン、カポ・モードは1~7フレットへのカポ装着に対応。

音質もこだわりのTrue Bypass仕様。

他のエフェクターへの電源供給も可です。

まとめますと・・・

おススメポイント

  • 世界初!ポリフォニック・モード搭載。
  • 高光輝LEDを配列により高い視認性
  • 音質もこだわりのTrue Bypass仕様
  • 他のエフェクターへの電源供給も可

こんな場面で活躍

チューニングの時間を短縮したい方におススメ!

ポリフォニック・チューナーの利点は、6同時にチューニング状況がわかること。
チューニングを合わせたはずなのに、不協和音に聴こえるな~、とか
フローティング・トレモロで、なかなか全のチューニングが合わせられない、なんてお悩みの方は一度、使用してみてはいかがでしょうか?

販売価格 ¥10,389(税込)


tc electronic PolyTuneMini

先ほどご紹介しましたPolyTuneのウルトラ・ミニサイズバージョンです。
PolyTuneと比較すると、

  • ディスプレイ・モードがニードル・ビューで固定(クロマチック・モード時)
  • 基準ピッチ 440Hz固定
  • 電池使用不可(外部パワーサプライのみ)
  • ベースはクロマチック・モードのみ対応

上記の機能面がスケール・ダウンと言ったところでしょうか?

こんな場面で活躍

エフェクト・ボードのちょっとすき間に入るウルトラ・ミニサイズ!

PolyTuneと比較すると、機能面のスケールダウンはありますが、
やはりこのサイズは魅力的!

様々なエフェクターを詰め込みすぎて、ギチギチになりがちなエフェクト・ボードですが、
このサイズは正直助かりますよね。

ただ、ディスプレイが小さくなった分、遠くからだと見づらいのでその点は注意してくださいね。

黒バージョンのPolyTune Noirも出てますよ~。


販売価格 ¥8,208(税込)


KORG pitchblack Poly PB-03

チューナーといえばKORG、そんなKORGからもポリフォニック・チューナーが発売しています。

ポリフォニック時には、下から6→1というように表示されます。
クロマチック時もディスプレイに大きく表示されるので見やすいですね。

最大5半音のフラット・チューニングと最大7半音のカポタスト・チューニングに対応しています。

クロマチック時には、KORGチューナーお家芸ともいえるディスプレイパターンも4つと豊富です。
音質もこだわりのTrue Bypass仕様です。

まとめますと・・・

おススメポイント

  • 大きいディスプレイで視認性良好
  • 豊富なディスプレイ・モード
  • 他のエフェクターへの電源供給可
  • 音質もこだわりのTrue Bypass仕様

こんな場面で活躍

小型ボディながら見やすいディスプレイ

PitchBlackの筐体をベースにポリフォニック・チューナーとして誕生したpitchblack Poly。
KORGの小型チューナーの良さの一つが、コンパクトながら見やすいという点ではないでしょうか?

実際、足元に置いて見るものなので、この心配りは助かりますね。
小型なのでエフェクトボードに配置しやすいのも利点です。


販売価格 ¥7,182(税込)


Digitech HT-6

こちらはDigitechより発売されたポリフォニック・チューニング対応のペダルチューナー
一般的なシングル・ノート・チューニングとポリフォニック・チューニングは、切り替えが必要ではなく、発音方法の違いだけで自動的に切り替わります。

他のポリフォニック・チューナーと比べると筐体は大きいのですが、その分、ディスプレイは非常に見やすいです。

上の画像の通り、左にはギター時のチューニング、右にはベース時のチューニングが表記されているので、他のチューナーよりも表示がわかりやすいですね。

シングル・ノート・チューニング時は、ノーマル・モードとストロボ・モードの2つの表示モードを選択可能。

他のペダルへ電源供給も可能。
推奨されているHarman PS200Rパワーサプライが接続されている場合は、他のペダルへ250mAの電力供給が可能です。

音質もこだわりのTrue Bypass仕様です。

まとめますと・・・

おススメポイント

  • 大きく見やすいディスプレイ
  • 2つの表示を選択可能
  • 他のエフェクターへの電源供給可
  • 音質もこだわりのTrue Bypass仕様

こんな場面で活躍

ポリフォニック・チューナーの中では一番高い視認性、ステージ上でおススメ!

やはり一番のポイントは見やすいディスプレイ。
他のポリフォニック・チューナーで感じた表示のわかりづらさが解消されていました。

筐体の小ささをとるか、ディスプレイの大きさをとるか・・・これは選択が難しいとことですね。

販売価格 ¥11,988(税込)


まとめ

さて、長々とお送りしてきましたペダル・チューナー特集。

今回比較してみて、ペダル・チューナーは視認性の良さが重要なポイントだと気付かされました。

各社、様々なディスプレイ・モードを用意していますが、それもいかに見やすくするかをポイントとしていますね。

でも、エフェクターボードに組み込むことを考えると小型な方が・・・どちらをとるか悩みどころです。

今回特集したチューナーをすべて並べてみました!

大きさやディスプレイの比較をしてみるとおもしろいですよ。

各社仕様比較表

f:id:shimamura-music:20140728143652j:plain
各社チューナーの仕様を比較・まとめましたのでご参考にしてみて下さい。

ギター・ベース関連商品のレビューは「ギタセレ」でチェック!


「ギタセレ」は島村楽器のギターが探せる、見つかる情報発見サイトです。

ギターやベースの新製品情報やイベント情報、楽器や機材にまつわる役立つ話を随時掲載しています!
全国の島村楽器100店以上に展示されているギター・ベースの中から、各担当者がオススメする商品をご紹介。その中からお気に入りの一本を見つける事ができます!

© Shimamura Music All rights reserved.