読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器公式ブログ

全国展開している総合楽器店のスタッフが、音楽や楽器の楽しさや、楽器店にまつわるお話をお伝えします。

「NAMM Show 2013」レポート 取材後記編

みなさんこんにちは、サカウエです。
NAMM Show 2013」の4日間の取材を終えて完全燃焼モードで帰国の途についているバイヤー・ミツイに代わって、今回個人的に気になった製品を振り返ってみましょう。


NAMM Show 2013」新製品情報のダイジェストは、過去のエントリ、および下記まとめサイトをご覧下さい。


また、TwitterまとめサイトTogetterで各メーカーさんが発表された新製品についてまとめ中ですので、こちらもぜひチェックしてみてください。

アナログ・シンセサイザー

このデジタル全盛時代において、今回会場でも注目を浴びていたのは「アナログ・シンセサイザー」の新製品

なんといってもまずはコレです。

KORG / MS-20 mini

銘機MS-20の86%にダウンサイズされたMS-20 mini。MS-20の価格は1978年当時は¥98000。しかしminiはサイズ以上に思い切った価格になるかもしれません。

それはともかく現代でこんなアナログシンセを量産するコルグさんの決意と信念は素晴らしいと思います。

Moog Music / Sub Phatty

シンセサイザーといえば「モーグ」でございますが、この「Sub Phatty」とにかく音が太い!これぞアナログの王道といった印象でしたが、しかし先進的なテクノロジーを搭載し、非常に先進的なサウンドも生み出す「現代のシンセ」です。アンチ・レトロ・・という精神が素晴らしいです。

Dave Smith Instruments / Prophet-12

おじさんにとってはポリシンセの代名詞は「プロフェット」。Dave Smith Instrumentsのポリフォニック・シンセ最新作「Prophet-12」。いやーやはり分厚いサウンドです。Drive, Hack, Decimation, Girth, Air といった(謎の)音色パラメーターを搭載し、コレまでにはなかったサウンドを実現しています。ちょっとお高い(30万程度?)

Korg / King Korg

番外編ですが「NAMM Show 2013」で注目を浴びていたのシンセのひとつが「King KORG」。これはアナログ・モデリングではありますが試奏コーナーは常に黒山の人だかりでした。


iOS関連

iPadiPhone関連のアプリ、組み込みハードは特にミキサー、PA関連ではもう当たり前・・・各メーカー通過儀礼の感もあったりします・・

Behringer / DIGITAL iPAD/TABLET MIXER iX16

mackie DL806


昨日ヤマハが発表した、場所を選ばず曲のイメージをスケッチ、感覚的に楽曲制作が可能なiPad向けアプリケーション「Yamaha Mobile Music Sequencer」

Behringer / iSTUDIO iS202

iPadドック装備のCoreオーディオ/MIDI対応ミュージック・プロダクション・ツール

USBマイク

AUDIO-TECHNICA / AT2020 USB

オーディオI/O内蔵。本体のヘッドフォン端子からコンピューター内のバック・トラックなどをモニターしつつ歌入れなどができる。

APHEX / microphone X

Mac OSX Core Audio、Windows XP+Vista+7、ASIO 2.0、24bit / 96k対応。

Blue Microphones / Nessie

ちょっとレトロな感じのマイク。確かにネス湖ネッシーそっくりですね。Ustream等のストリーミング放送とかにもマッチしそうです。


一昔前なら数千万かかった本格的なレコーディングスタジオも、こうした機材の台頭でいまでは非常に身近な存在になって来ました。特にパーソナルレコーディングシステムのPCからモバイルへの移行は顕著です。これからも目が離せませんね。


さようなら〜NAMM、また来年!

© Shimamura Music All rights reserved.