読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器公式ブログ

全国展開している総合楽器店のスタッフが、音楽や楽器の楽しさや、楽器店にまつわるお話をお伝えします。

夜間だから昼間より学べない‥‥にはなりません!代官山音楽院 夜間部レポート

代官山音楽院の話

皆さん、こんにちは。
代官山音楽院 運営事務局のミヤザトです。

街の中もイルミネーションで色付き始めている中、
代官山音楽院もクリスマスの装飾で華やかな雰囲気です。
f:id:daikanyama-ongakuin:20131121181034j:plain

前回は、「夜間部のポイント」を4つお話させていただきました。

  • 本当に通えるのかな・・・
  • 興味はあるけどできるか不安で・・・

など、皆様の不安を少しでも解消できるようによくあるご質問の中から4つのポイントをご紹介しました。

  1. 授業時間は何時から何時まで?
  2. 年齢制限はありますか?
  3. 本当に就職できるの?
  4. 楽器経験がなくても技術者になれるの?


今回は、ピアノ調律科を中心に実際の夜間部の授業の様子をお届けいたします。

社会人の方・ダブルスクールの方も通いやすいコース

ピアノ調律科の夜間部には3つのコースがあります。

  1. 総合技術専攻
  2. アップライトピアノ専攻
  3. グランドピアノ専攻

週2日〜週5日とコースによって授業日数は異なりますが、
ご自身のライフスタイルや目標に合ったコースを選ぶことができるので
働きながらでも無理なく通うことができます。

国家資格対応した授業

本科と同様に、夜間部の学生もピアノ調律技能検定(国家資格)取得を目指し日々勉強しています。
実はつい先日、筆記試験を終えたばかりです。

筆記試験の次は、いよいよ実技試験となります。
そのため、夜間部でも実技試験対策の授業が行われます。

f:id:daikanyama-ongakuin:20131120193250j:plain
国家資格に対応したカリキュラム授業
f:id:daikanyama-ongakuin:20131120193402j:plain
国家資格を持った講師から学ぶ事ができますし、在学中から国家資格の試験を受けられるので、卒業時に資格を持って仕事に就くこともできます。


初心者でも安心して学べる環境

f:id:daikanyama-ongakuin:20131125204200j:plain
(ギタークラフト&リペア科の様子)
20代から60代の方まで幅広い年齢層の方が通う夜間部ですが、
少人数制での授業のため、先生が一人一人に丁寧に指導いたします。
代官山音楽院の夜間部には技術未経験でご入学される方がほとんどですので、ご安心ください。

落ち着いた雰囲気の授業

f:id:daikanyama-ongakuin:20131120192254j:plain
(バイオリンクラフト&リペア科の様子)
東京・渋谷とは思えないほど、代官山音楽院の近隣はとても静かで、
仕事が終わって疲れていても、落ち着いた環境で授業を受けることができ、
一人一人が集中して技術や知識を学べます。
しかし、ただ落ち着いているだけではありません。
同じ楽器技術者への夢を持った人たちと、時には刺激し合い、また、時には助け合いながら
みんなで楽しく技術を磨いていくことができます。

夜間部の学生も本科と同様に学園祭に参加したりと楽しい学生生活を送っています。
f:id:daikanyama-ongakuin:20131019132347j:plain

いかがでしたでしょうか。
代官山音楽院のホームページには、カリキュラムの説明はもちろん、各学科による授業レポートや特集記事がたくさん掲載中です。
夜間部の授業風景やカリキュラムなど、もう少し見たいという方は、こちらから是非ご覧ください。

授業を見学・体験をすることで不安を解消しましょう!

また、実際に授業を見学したり、体験することもできます。是非ご参加ください。
お申し込みはコチラまで。

次回予告

次回は、代官山音楽院で開催しているイベントについてご紹介いたします。
なんと、代官山音楽院にご入学いただいた方の98%の方がオープンキャンパスなどのイベントに参加してします。実際に技術を体験したり、講師や在学中の学生と直接お話できるチャンスでもあります。楽しく充実した学院生活のスタートとして、是非イベントにご参加ください。次回、乞うご期待!!

代官山音楽院について

代官山音楽院は、島村楽器株式会社が音楽に携わるプロフェッショナルの育成を目的として設立した学校です。
当音楽院では、豊富な専門知識・高いスキルの習得はもちろん、社会性も持ち合わせた音楽職業人の育成を目指し、様々な制度やカリキュラムを用意し、受講生の皆様の要望にお応え致します。

© Shimamura Music All rights reserved.