島村楽器公式ブログ

全国展開している総合楽器店のスタッフが、音楽や楽器の楽しさや、楽器店にまつわるお話をお伝えします。

試聴・聴き比べ可能!弦交換とフレット掃除で音が変わる!

みなさん、交換してますか?!

ギター(ベース)の交換は弾いていく上で避けて通れないイバラの道。(最初だけです、慣れれば舗装道路です。)
知っておかないと後でイタイめをみてしまうかもしれません。

とは言っても、ここではやり方については触れません!(驚?!)
やり方については教則本やあとで紹介する教則DVDで知ることができますので…

今回は交換の必要性やその効果、さらに交換の際に行うべき「フレット掃除」の効果についてもサウンドサンプル付きでじっくり見ていきます!

交換前の状態

交換していない悲しい状態がこちらの画像。
ここまで汚れるのに、なんと1ヶ月しかかかっていません。
梅雨~夏にかけては1ヶ月の交換サイクルでは足りないかもしれません(汗)

遠目で見れば「少しがくすんでるかな?」程度ですが…

よ〜く見ると、かなりのサビ!!

横から見るとこんな感じ。


これはマズイです。

交換しないと起きる症状

上記の画像のように交換を行わないと、弊害が出てきます。

  1. チューニングが合いづらくなる
  2. サスティンが短くなる
  3. 音が曇ってギター本来のトーンが発揮できない
  4. がひっかかってチョーキング、ビブラートがうまく出来ない
  5. 錆びたでフレットを削りやすくなる

キャ~~! こんなにたくさん弊害があるんですね~~!

特に「5」! 新品ので弾いていてももちろんフレットは削れるのですが、やはり錆びただと削る量は大きくなりますよね。

図で見るとこんな感じ。

右側の赤い部分がサビです。
表面は指で押しているので、ざらつきが少し平らになりますが、裏側はギザギザしていてフレットに悪そう(涙)
サスティンが短くなるのもこれが理由の一つですね。
とフレットの間に布を挟んだら振動が止まります。
布でなくても邪魔なものがあったら振動に良い影響は与えませんね。
邪魔なものがサビということになります。

サウンドチェック

では実際に交換してない状態のギターの音をお聴き下さい。

これだけだとサスティンが短いのか、トーンがどうなっているのか分かりませんので、実際に新しいを張って比べましょう!

交換後の状態

では新しいに張り替えます。
使用するのはこちらの。もともと張ってあったもコレです。

D’Addario / ダダリオ
EXL120/3D
販売価格¥1,680(税込)

ちなみにこの3パック、値段は通常の¥1,680ですが、PlanetWavesのペグワインダーが付いてくるからオ・ト・ク!!
島村楽器だけの数量限定商品です。
ご購入は島村楽器オンラインストアか、島村楽器各店までどうぞ。

っと、話がそれました。ゴメンナサイ。
を張り替えたギターはこんな感じ。

遠目じゃわかりませんか?

キレイになりました。弾きやすさも上がっています。

サウンドチェック

ではを張り替えた後のサウンドをお聴き下さい。

どうでしょうか?
サスティン伸びてますね。
古いでは17〜18秒あたりで減衰しきっていますが、新しいでは20〜21秒まで持ちます。

音もクリアになっていますね?

比較チェック

それでは、音色を変えながら比べてみます。

クリーントーン・カッティング

まずは古いクリーントーンカッティングです。

続いて新しいで同じフレーズ。

どうですか?

新しいの方が音のエッジが立っているのがわかりますね。

ディストーション・リフ

まずは古いから。

そして新しい

中音の厚みがしっかり出てきました。
音が前に出てくる感じです。

ディストーション・単音フレーズ

まず古いで。

新しいです。

これは分かりやすいですね。
一発目の音からハリがあって、クリアな音質なのが分かりますね。


音がここまで変わるなら、ぜひ新しいで練習したくなります。

フレット掃除のすゝめ

さて、ここでフレットに目を移してみましょう。
みなさん、フレット掃除はしてますか?
にサビがつくのと同様、フレットにもサビがつきます。さきほどのギターを見ても、新品の状態とはほど遠い…

フレットにサビが付くと、にサビが付くのと同様の弊害が出ますので、フレット掃除は交換の際にぜひ実施して下さい。
フレットを実際に掃除してみると…

そうですね。要接写ですよね。

どうぞ。

どうですか、この輝き!
そして弾き心地ももちろんGood!

輝きを最初の「汚ギター」と比べちゃいましょう。

どっちが掃除後のギターか、一目瞭然ですよね?

サウンドチェック

フレットを掃除したギターはサウンドも良質なものに戻ります!
実際に聴いてみて下さい。

音に艶が増してサスティンも向上しましたね。
なにより、弾きやすさがケタ違いです。
さきほどのクリーントーン・カッティング、ディストーション・リフ、ディストーション・単音フレーズの3つも鳴らしてみましょう。





どうです?
それぞれ、ストラト「らしい」音になりましたよね?

クリーンはハーフ・トーン独特の繊細な感じ。
ディストーション・リフでは音量UPさえ感じられます。中域が前にしっかり出てますよね。
単音フレーズでは音の立ち上がりが増しています。
ストラト・サウンドの本領を発揮させるためには、この状態が望ましいのですね!


初心者の皆さん、上達にはメンテナンスが不可欠ですが、ここまでやれば上達に近づきますよ!
だって弾きやすいんですから。
中~上級者のフレット掃除をしていない皆さん「知らなかった」「メンドクサイ」など理由は様々だと思います。
でもぜひ行って下さい!キレイになるだけじゃなく、音も甦ってギターに愛着も湧きまよ。

メンテナンス方法

今回行ったメンテナンスはなにも特別なことはありません。
島村楽器の店舗でも店頭のギターを日常的にメンテナンスして状態を維持しています。

フレット掃除&交換の所要時間は、最初のうちは1時間くらいかかるかもしれません。
でも慣れれば20分でできます!

やり方については、こちらにDVD、および教則本で詳しく解説していますので、ぜひともご覧下さい!

store.shimamura.co.jp

販売価格¥500(税込)


掃除後のセットアップまで詳しく解説していますので、中~上級者の方も改めて復習してみると発見があるかもしれません。

交換&フレット掃除の実施タイミング

冒頭に1ヶ月でボロボロになった&サビサビフレットギターをお見せしました。
ギターは(アコギも含め)最低でも1ヶ月に1度は交換&フレット掃除を実施しましょう。
梅雨時期~夏にかけては2週間に1度、必要かもしれません。
「音がこもった」「チューニングが合いづらい」「音が伸びない」「チョーキングしづらい」などはが古い、フレットが汚れている合図です。

ベースであれば、1~2ヶ月に1度を目安にすると良さそうです。
ちなみに、今回新しいを張ってからサウンドサンプル録りを含めて1時間強、ギターを弾いてみました。

そうすると…

ショック!すでに2と3の3フレットあたりに赤っぽい変色が…
もちろんギターを弾いたら乾いたクロスでしっかり油分をふ拭き取りましょうね。

やはり夏場は汗をかきやすいし湿気もあるので、早めの交換が必要だと痛感した実験でした。

ギター・ベース関連商品のレビューは「ギタセレ」でチェック!


「ギタセレ」は島村楽器のギターが探せる、見つかる情報発見サイトです。

ギターやベースの新製品情報やイベント情報、楽器や機材にまつわる役立つ話を随時掲載しています!
全国の島村楽器100店以上に展示されているギター・ベースの中から、各担当者がオススメする商品をご紹介。その中からお気に入りの一本を見つける事ができます!

© Shimamura Music All rights reserved.