読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器公式ブログ

全国展開している総合楽器店のスタッフが、音楽や楽器の楽しさや、楽器店にまつわるお話をお伝えします。

2013年春 弦楽器買付け旅行記 ニューヨーク編その3

Hello!皆様こんにちは!

島村楽器 弦楽器アドバイザーの糸山です。

ここはNYにあるゴムの測り売りの専門店。世界中の様々なゴムやチューブが揃っています。

当社バイオリン工房で使用する資材を調達しにお買物です。

ニューヨーク買付

ラテックスと呼ばれるゴムシートを数メートル購入したのですが、"Latex"という単語が全く思い浮かばず・・・。職人さんのご配慮で無事購入。このラテックスは、日本国内で販売している小売店が見つからないそうですね。

ニューヨーク買付

さて、今日訪れるNYの弦楽器工房は、あのLady GaGaのお父様が経営するレストランが隣にあるという・・・、ニューヨークならではの立地です。

ニューヨーク買付

店内で真剣に楽器を選定していると、マイスター茂木がニヤニヤしながら私に近づいてきて「ねぇ、ちょっとこれ弾いてみて」「ねぇねぇどうだった?」・・・と執拗に絡んでくるので「この楽器なんですか?」と聞いてみると、なんと、本物のStradivariusでした(大汗)

ニューヨーク買付

Guarneri del Gesuもありました!

ニューヨーク買付

ここの工房を取り仕切るマイスターDavid Segel氏は、クレモナのバイオリン製作を学んだのちに、Rembert Wurlitzer(ウーリッツァー)の工房でイタリア名器の研究を続けていたSimeone Fernando Sacconi (サッコーニ)にNYに呼ばれ、オールドイタリーのレストアなどを中心に研鑽を積んだマイスターです。

ニューヨーク買付

サッコーニとは、バイオリン製作者の聖書となっている著書「The Secrets of Stradivari」を出版した製作家・研究者。

現代で活躍するアメリカン・コンテンポラリー・バイオリンメーカーの黄金世代(60代ぐらい)は、皆このサッコーニの影響を受けていると言っても過言ではありません。

ニューヨーク買付

では、私達がSegel氏の工房で買い求めた、アメリカン・コンテンポラリー・メーカー黄金世代の一人をご紹介致します。

Edward R. Curtz, New York, 2010,

Model; Guarneri del Gesu

Edward R. Curtz, New York, 2010, Model; Guarneri del Gesu

Edward R. Curtz, New York, 2010, Model; Guarneri del Gesu

ニューヨークで製作をしているカーツは、VSA(Violin Society of America)のコンペティションにおいて1996年と2000年の2度、音響部門でCertificateを獲得している実力派マイスターです。

グァルネリ・デル・ジェスのおそらく「Cannon」であろうと思われるこの作品は、とてつもないパワーと遠鳴りを実現させたソリスト向きの逸品です。

さらに、至高のレストアとして知られるシーゲル氏の調整により、いとも簡単に鳴らせ、かつ均一で深みのあるプロフェッショナルなフィニッシュを施しております。

特に、シーゲル氏のサウンドメイキングは、「G線」のディープな音色にニューヨーカーから定評があります!ぜひ一度ご覧下さい。

写真はニューヨークで活躍する中国系アメリカ人製作者に推薦頂いた、チャイナタウンでのランチ風景です(笑)

ニューヨーク買付

ニューヨーク買付

それでは今日はこの辺で。

See you later!!

第14回 弦楽器フェスタ

買付け旅行記 関連エントリー

© Shimamura Music All rights reserved.