読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器公式ブログ

全国展開している総合楽器店のスタッフが、音楽や楽器の楽しさや、楽器店にまつわるお話をお伝えします。

中国の楽器フェア、上海ショーへ行ってきました!

商品開発の話

皆さん、開発担当ゴータローブログ・・・久々の登場です!
今回は、先ごろ開催された上海ショー(music China 2012 中国国際楽器展覧会)をレポートします☆

ニーハオ えびばでっ!


いまさら感たっぷり
物すごく久しぶりに登場の
ゴータロー
です。


さてさて。
上海ショー? ナニソレオイシイノ?
という方の為に。
まずは予習です。

上海ショーとは

ググるべし。。。


ではなくて。
LA で行われるNAMMショー
フランクフルトで行われるミュージックメッセと並んで、
世界3大楽器ショー と呼ばれるようなビッグショーなのです。


良く分からないですか?
そんな方! 朗報です!
ゴータローがレポートしますよ!

初日 上海着。

いろいろあって、上海に着きます。
空港から、まずはホテルに移動。
リニアモーターカーに乗ります。
速いです。



じゃじゃん。

ナンデスカコレ?
手ブレばっちりですが、気にしない。
見えますか? 時速431kmです。
地下鉄だと25分くらいかかるところを リニアだと8分くらい。
速いです。

通常の3倍・・・ と思ったらうれしかった!
でも、まわりはたぶん誰も知らないとおもったので
口には出さず心の中でだけ呟きました。

ホテルに着いたら、さっそく会場へ。

地下鉄で移動です。
ショーは明日からです。
まだ工事してました。



只今時刻、夕方4時。


会場内、全然なんですけど...
間に合うんでしょうか?


不安を抱きつつ、今日はもうホテルに帰ります。



明日からのお仕事に備えて
ショーロンポー 食べて
ビール飲んで
早めに寝ちゃいます。
ぼっち in 上海 だけど
さびしくなんかないよ、ほんとだよ・・・

ショー本番


でぇやっ!


会場です。開場しました。
広いです。
規模なら、たぶんこのショーが世界一では?


外にいてもお仕事にはならないので
潜入します。



潜入っ!
あれ、こんなところに JAPAN の文字が。
今年は JAPAN パビリオン なる物が 出ています。
まだ開場直後なんですが...
ものすごい人の数!
Made in Japan 大評判です。


さてこの上海ショー。
ヤマハなどに代表される日本発世界的企業も
お馴染のフェンダーやマーティンも
老舗スタインウェイのピアノも
ドカーンと並んでいます。


その他にも世界中から
大小問わず様々なメーカーが出展していますが


楽器メーカーってこんなにいっぱいあるの?
ってくらいいっぱいあります。

そして、会場が広いっ!!

どのくらい広いかと言いますと。
ゴータローの歩測によると

タテ 216歩
ヨコ 104歩

のホールが全部で10と1/3有ります。

216歩、歩いてみましょう。
結構な広さですよね?
これが10個です。
その中全部楽器です。

生きててよかったぁ!
楽器好きにはたまらないエリアですよ!

中国開催ならではの・・・楽器もいろいろです

さてさてこの上海ショー
NAMM などと違う
大きな特徴としては


中国の民族楽器もどっさり


でしょうか。
ちょっと前に流行になりました
女子十二楽房の皆さまが抱えていた楽器
すべて揃いますよ!



こんな感じです。
また、こんな感じの凄いのが
さりげなく並んでいるのも上海ショーならでは。



ばばん。
なんか、
三国志チックなお方が。
これ、よく見ると
ペイントではなく、彫刻された上に色づけされています。
3D です。
ものすごい技術力ですが・・・
ギターでこれは・・・


才能の無駄遣いかもしれない。


はたまた、こんなのもあります。
オールフラワーペイントのグランドピアノです。
ロープに囲まれて、「お手を触れないでください」です。



きれいな色、してるだろ・・・ 弾けないんだぜ、これ...
とか思ったけど
こっちはもっと誰もわからないかもと思ったので
心の中だけにしときました。


で、このピアノ。
あー、やっちゃったなー
とか思っていたのですが
なんとスタインウェイ社の特別展示。


ゴータロー、楽器屋さんのくせに
楽器見る目が無いみたいでした。

もちろん”BurnsLONDON”ギターも!

ところで皆さま
全国の島村楽器各店にて
絶賛大好評ウルトラ販売中のバーンズロンドンギター
もうご覧になられました?


ここ上海ショーでも
当然のようにブースがありまして
プロモーション・ミニライブが
行われてました!



どどん!


彼らは
べイジン(北京)ビートルズ
と言うバンドで
中国で人気のあるビートルズ・フルコピー・バンド
だそうです。

バーンズロンドンを知らなかった と言う方
是非全国の島村楽器でお試しください!(宣伝!)


さてさてそんなこんなの
楽しくもあっという間の3日間でした。
上海はパワーにあふれていますね!

上海の雰囲気がわかる建造物もご覧ください・・・

では、折角ですから
そんな上海の 街角写真をご紹介して
見ようと思います。



東方明珠: 日本でいうスカイツリーとか東京タワーのような位置づけのブツです。夜のライトアップがハデ! 近未来的でカッコイイです。



高層ビル群。地震の心配が無い性もあってか、びっくりするようなビルが平気な顔して立っています。



ここ、駅です。地下鉄からリニアへの乗り換え。広い・・・



謎の生き物のお土産品。 あれ・・? ドラ・・・ いや、なんでもないっす!


・・・とりあえず
思ったことをなんでもやっちゃう中国のスゴさ、、
感じていただけましたか?

元気がないと言われている昨今の日本もそろそろパワー全開でいきたいですね!
それでは、今回はこんなところで!

© Shimamura Music All rights reserved.