読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器公式ブログ

全国展開している総合楽器店のスタッフが、音楽や楽器の楽しさや、楽器店にまつわるお話をお伝えします。

速報! 超軽量シンセサイザーYAMAHA『MX49』『MX61』試奏レポート

こんにちはサカウエです。

このところローランドさんのINTEGRA-7コルグさんのKROMEといい、ハードシンセ界隈が熱いですね。

ところでヤマハさんはどうしたのかなあ?と思っていた矢先、ついに出ましたミュージック・シンセサイザー『MX49』&『MX61』

待ってました(!)というわけでヤマハ様に無理を言って、「日本にはまだ数台しかない」という貴重な『MX49』を試奏させていただく機会をいただきました。

今回はそのレポートをお送りさせて頂きます。

軽量・コンパクト、持ち運びしやすいデザイン

ジャーンこれです

『MX49』と『MX61』は鍵盤数が違うだけでその他の機能は全く同等です。

MXシリーズののキーワードは

「気軽に持ち運ぶ即戦力シンセサイザー

ということで、そのファーストインプレッションは

「とにかく軽い!コンパクト」です

なんと『MX49』は3.8kg『MX61』4.8kg、ちょっと前のラップトップ・コンピュータ並ですね。

ヤマハさんいわく「ミニチュア・ダックスフント並」とのことですが、犬を飼っていないワタクシにはイマイチ実感わきませんが、軽いんだという気持ちは伝わってきました。

チワワとかラブラドール・レトリバーって何キロくらいあるのか気になりますが、
・・ともかく、これなら女子高生の方も気軽に練習やリハスタに持って行けますね。
毛も抜けないし。

でも「超軽量」は良いけれど肝心の音はどうなんでしょう、気になりますねー

バンドで即戦力となる1,000音色を内蔵

ということで早速試奏。
今回は限られた時間でしたので、MXサウンドのほんの一部のご紹介になりますがお許しくださいませ。

MX49を弾いてみました

いかがでしょうか?
MXシリーズはピアノ、エレピ、オルガン、といったバンドアンサンブル定番のキーボードサウンドから、最先端のシンセサイザーサウンドまで、ヤマハのフラッグシップシンセ「MOTIF」譲りの高品位サウンドをなんと1000音色も搭載しているのです。

音色もさることながらエフェクターのクオリティーも素晴らしいですね。
特に艶のあるリバーブはさすがヤマハさんという印象を持ちました。

簡単で使いやすいユーザーインターフェース

『MX49』『MX61』の使い方はとにかく超カンタン。

楽器の種類や音のキャラクター別に 分類された16個のカテゴリーボタンで
目的の音色を簡単に選択できます。

非常に使いやすいユーザーインターフェースですね。

動画でもご紹介しましたが、2つのボイスを重ねて鳴らすレイヤー機能や、鍵盤の音域によって分けて鳴らすスプリット機能をワンタッチで設定できます。

さらに、4つのノブを使うことで、全部で12種類の機能をリアルタイムにコントロール可能です。
シンセらしいパフォーマンスもバッチリ。

シーケンサーは内蔵していませんが、リズム・パターンやアルペジエーターを使ったセッション・プレイも可能になっています。

USB Audio/MIDIインターフェースを搭載、DAWソフトウェアを使った音楽制作に対応

さてこのMXシリーズですが、背面にはちゃんとUSB端子が備わっています。

MXシリーズとパソコンをUSBケーブルで接続することで、MIDIデータだけでなく本体のオーディオデータもコンピューター上のDAWソフトウェアとやりとりすることができるようになります。

つまりMXシリーズは音楽制作に最適なMIDI音源として使えると同時に、MIDI/オーディオ・インターフェースとしても機能するわけですね。

DAWソフトウェア「Cubase AI 6」も同梱されていますので、パソコンがあればMXシリーズだけで音楽制作をはじめることができるというわけで、まさに至れり尽せり。

「気軽に持ち運ぶ即戦力シンセサイザー

というわけでMXシリーズは

  • ライブやリハーサルでシンセを気軽に持ち運びたい⇒超軽量・持ち運びラクチン
  • 軽音サークルに入ったピアノ経験者⇒イージーオペレーション・高品位サウンド

といった方には特にお勧めのシンセサイザーではないでしょうか。

気になるお値段ですが
なんと「MX49」が49,800円、「MX61」が69,800円(市場予想価格)

なんと「ヨンキュッパー」でこのスペック!

ファースト・キーボードとしてはもちろんのことステージピアノに乗っけて二台目シンセとしても最適ですね。

きっとバンドの新戦力となること間違いありません。


今回紹介しましたMX49とMX61は2012年11月下旬発売予定です。
全国の島村楽器島村楽器オンラインストアで発売・予約受付中!
島村楽器は、みなさんのご来店を心よりお待ちしております。


それではまた。

島村楽器の商品担当Twitterがスタートしました!

島村楽器 商品担当ツイッター」がスタートしました!商品担当のスタッフが発表会レポート、レビューなどを中心につぶやきますので、是非チェックしてみてくださいね!

© Shimamura Music All rights reserved.