読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器公式ブログ

全国展開している総合楽器店のスタッフが、音楽や楽器の楽しさや、楽器店にまつわるお話をお伝えします。

充電式&世界最小クラスエフェクター RED WITCH「セブンシスターズ」日本上陸!

商品開発の話 ギター・ベースの話

こんにちは。レッドウィッチ担当 商品開発課のカンノです。
島村楽器が代理店をしているニュージーランドのプレミアム・エフェクト・ブランド「RED WITCH(レッドウィッチ)」から、構想〜実現まで7年の時間を要したエフェクトペダル、「セブンシスターズ」を発売いたします。

別名7人の魔女とも呼ばれるセブンシスターズは、7人姉妹の名前を冠した7種のペダルで、今までのエフェクター概念を覆す革新的な商品です。
4月中旬発売予定で、全機種\12,800(税込)となっております。


どんなラインナップかと言いますと↓

写真左から、、、

  • Violet(ヴァイオレット嬢)---DELAY
  • Scarlett(スカーレット嬢)---OVERDRIVE
  • Grace(グレース嬢)---COMPRESSOR
  • Lily(リリー嬢)---BOOST
  • Ruby(ルビー嬢)---FUZZ
  • Eve(イヴ嬢)---TREMOLO
  • Ivy(アイビー嬢)---DISTORTION

と並んでいます。

勝手に「嬢」をつけて呼んでしまいましたが、気品溢れるイラストを見ていると、やっぱり「ヴァイオレットちゃん」、じゃなくて「ヴァイオレット嬢」の方がカンノ的にはイメージに合ってると思います。

また、画期的なのはその電源で、電池ではなく「充電式」を採用していることです。ノートパソコンや携帯に使われているリチウムイオン電池が使われていて、一度の充電で1〜2週間の使用が可能です。(モデルにより使用時間は異なります)

エフェクトボードの隙間に組み込めるコンパクトサイズ

サイズはカタログ写真からもわかるように手の平サイズです。

・・・実際に撮ってみました。

いかがでしょうか・・・めちゃくちゃ可愛くてチャーミングじゃないですか?
こうしてみると手の平というよりも指先サイズといっても過言ではありませんね!


実際にエフェクトボードに組み込んでみると・・・

ちょっとした隙間があれば収まってしまうコンパクトさです。

果たしてそのサウンド・ポテンシャルは如何に!?

見た目の可愛さだけでは実際に使ってみようとは思わないかも知れませんね。
そこで今回は発売に先駆けて、4モデルの試奏を映像でご紹介したいと思います。

まずは、Scarlett[ OVERDRIVE ]


バイパス〜エフェクトオン、フラットピックとフィンガーピッキング、それぞれのニュアンスの違いが表現できるオーバードライブ・サウンドです。粘りがあってとても弾きやすいです。

次は、Ruby[ FUZZ ]


リアピックアップで弾いているとは思えないほどの骨太サウンドです。ファズにありがちな単音になると細くなるというクセもないので、バッキングからリードギターまで余裕でカバーできますね。

そして、歪系の最後を飾るのは、Ivy[ DISTORTION ]


パワフルな歪み感がありながらも切れのあるサウンドが特徴的で、コントロールもしやすいですね。この小さな筐体から出てくるサウンドとは思えないポテンシャルの高さを感じます。

最後に空間系のViolet[ DELAY ]をご紹介


アナログっぽいテイスト感を持ちながらも音抜けが良く弾きやすいのは、音にまとわりつかないように設計されているからでしょうか。エフェクトをオンにしたままで、アルペジオやカッティングなどのバッキングも弾けちゃいますね、凄い!

次回は、残り3種を紹介いたします。

いかがでしたでしょうか?
今回は、エフェクト音がわかりやすいように、個別にアンプにつないでそのまま弾いてみましたので、大体のサウンドイメージは伝わるのではないかと思います。
また、音色以外にエフェクターのもう一つの大切なポイントは、弾き心地(いわゆる試奏感)です。
こちらもとても良い感じですので、ぜひ、お店で体感していただければと思います。
この他、コンプレッサー、ブースター、トレモロの試奏は、後日あらためてご紹介したいと思います。
それでは、また!

※申し訳ございません※
発売は4月中旬です。試奏は今しばらくお待ちください。。。m(_ _)m

© Shimamura Music All rights reserved.