読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器公式ブログ

全国展開している総合楽器店のスタッフが、音楽や楽器の楽しさや、楽器店にまつわるお話をお伝えします。

調律師のとある1日Vol.12 「ピアノの仕組み その2 部品の名前」

ピアノの話 リペアの話

みなさんこんにちは。島村楽器ピアノセレクションセンター調律スタッフのイイダです。

いきなりですが、「鍵盤」とか「ペダル」はみなさんご存知ですよね。
ピアノは約8000点もの部品から出来ていますが、ひとつひとつに名前がついているんです。

そこで今回は、一番目にするピアノの外装の名前をご紹介します。

前回はピアノに使われている材料についてご紹介しているので、一緒に読んでいただくと面白いとおもいます。

まずは鍵盤の周りから


フムフム
腕木に口棒など、体の名前から取ったものはなんとなく想像しやすいですね。
鍵盤横の拍子木ですが、ピアノ工場の職人さんたちは下駄(ゲタ)と呼んだりもします。
( ノ゚Д゚)「おーい!そこのゲタ取ってくれぃ!」
(`・ω・´)ゞ「へい!親方!」



鍵盤を外し、拍子木を横から見たところですが、たしかにゲタに似てますね。
見た目から付けられた呼び名のようです。



続いては親に妻・・・
家族構成のような名前ですね。



やはり支える部品には「柱」や「台」が定番です。




ピアノが一軒の家みたいです。屋根に柱に土台ですからね、家です。
そしておなじみのペダルがようやく登場です。
見知らぬ場所で古くからの友人に出会ったような安心感です。

いかがでしたでしょうか?

見慣れたピアノの外装にもそれぞれ名前が付いています。
これからは、ちゃんと名前で呼んであげてくださいね。
ちなみに、わたしの好きな部分は下袖柱(しもそでばしら)です♪

今回はこれでおしまい。次回もイイダがお送りします。どうぞお楽しみに!

島村楽器ピアノセレクションセンターについて

ピアノセレクションセンターは、専用工房を併設したアコースティックピアノ専門のショールームです。

フロアには、新品・中古ピアノ、アップライト・グランドピアノを合わせて常時100台以上を展示しております。また、専用工房ではピアノの調整・点検・修理を行い、アフターフォローにもお応え致します。

「調律師のとある1日」他の記事はこちら」

© Shimamura Music All rights reserved.