読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器公式ブログ

全国展開している総合楽器店のスタッフが、音楽や楽器の楽しさや、楽器店にまつわるお話をお伝えします。

2012年 秋 弦楽器買い付け旅行記 その14

弦楽器の話

皆さまBuon giorno島村楽器 ビビット南船橋店 弦楽器アドバイザーの糸山です。

下の写真は、巨匠レナート・スコラヴェッツァ(写真右端)に凝視されながら極度の緊張状態で試奏中の私です。(笑)

Moudomusica2012 展示会場

そして、Paris買付で訪問したサンドリーヌとクレモナで再会!

会場内では私たちが購入した、あのSandrine作の新作弓が話題をさらっていました。彼女のブースも毎日大盛況だったようです。

Moudomusica2012 展示会場

私たちが訪れている国際弦楽器見本市「Moudomusica2012」は、大小様々なメーカー各社のブースや、個人製作家のブースが200社以上並んでいます。ものすごく広い会場内では、あちこちのブースからバイオリンやチェロの音が聞こえてきます。さらに、お喋り好きなイタリア人の会話やら何やらで会場は騒音の渦中・・・。この環境での買い付けは、いつも以上に体力と集中力が必要です。

Moudomusica2012 展示会場

さて、そんな中で見つけ出した掘り出し物。Mondomusicaに出展していたフランスのディーラーから入手した極上ヴァイオリン弓をご紹介致します!

Charles-Alfred Bazin, France - Mirecourt, 1945

Charles-Alfred Bazin, France - Mirecourt, 1945

Charles-Alfred Bazin, France - Mirecourt, 1945

Bazinファミリー最後の末裔、そして現代弓製作の名人Pierre Guillaume氏(ピエール・ギヨーム)の師匠でもあるシャルル・アルフレッド・バザン(1907年 - 1987年没)のバイオリン弓です。1945年製作というのは、アルフレッド・バザンが一人前として認められ、ひとり立ちして間もない頃の作品。美しいフォルムと、現代弓ではなかなか再現できない独特のコシのある粘り強さが特徴的なオールド弓。バイオリン本体のポテンシャルをより一層引き出してくれるでしょう!

んっ、居ないと思ったらこちらでクラシックギターのリサーチ中。(笑)

何を隠そう照井はクラシックギター奏者なのです。ギャラリー集まってきてますよ〜。(汗)

Moudomusica2012 展示会場

クラシックギターつながりの余談ですが・・・

クラシックギター奏者Stefano Grondona氏との記念写真

その夜、クレモナのレストランでバッタリお会いしたクラシックギター奏者Stefano Grondona氏と記念撮影をさせていただきました。そして、なんと素晴らしい彼のCDを頂いてしまいました。Grazie!!

次回はちゃんと最後までバイオリンのお話をします!(笑)

第13回 弦楽器フェスタ

2012 秋 買付旅行記 関連エントリー

© Shimamura Music All rights reserved.