読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器公式ブログ

全国展開している総合楽器店のスタッフが、音楽や楽器の楽しさや、楽器店にまつわるお話をお伝えします。

2012年 秋 弦楽器買い付け旅行記 その13

弦楽器の話

皆さまBuon giorno島村楽器 ビビット南船橋店 弦楽器アドバイザーの糸山です。

それでは、Maurizio Tadioliの最新作、その全貌を公開いたします!

Maurizio Tadioli, Cremona, 2012
Model; Antonio Stradivarius 1722 "Rode"

Antonio Stradivarius 1722 "Rode"

Antonio Stradivarius 1722 "Rode"

Antonio Stradivarius 1722 "Rode"

最新作は、ストラディヴァリウスの装飾楽器、1722年の"Rode"を現代に蘇らせました。

Antonio Stradivarius 1722 "Rode"

Antonio Stradivarius 1722 "Rode"

オリジナル同様、パフリングには丁寧に切り取った象牙が埋め込まれています。

Antonio Stradivarius 1722 "Rode"

Antonio Stradivarius 1722 "Rode"

側板には犬、鳥や蛇など、様々な動物達が描かれています。

いつまでも見飽きることのない、非常に美しい作品です。

Antonio Stradivarius 1722 "Rode"

Antonio Stradivarius 1722 "Rode"

Antonio Stradivarius 1722 "Rode"

肝心のサウンドですが、こちらもストラディヴァリウスの「ゴールド・トーン」と呼ばれる名器の音を見事に再現。

偶然ブースに居合わせたTadioliの愛用者であるヴァイオリニストMatteo Fedeli氏がこの楽器を弾いて下さいました!!(彼は本物のストラディヴァリウスも所有しています・・・。)

Antonio Stradivarius 1722 "Rode"

Bravo!!!!!!!!!!

『出来上がったばかりの新作楽器とは思えないサウンド。ストラディヴァリのゴールド・トーンが良く再現されているよ!』と最大級の賛辞を頂きました。

Antonio Stradivarius 1722 "Rode"

Matteo Fedeli氏も大絶賛、名器ここに復活です。

皆様もぜひ一度ご覧下さい!

Ciao!

第13回 弦楽器フェスタ

2012 秋 買付旅行記 関連エントリー

© Shimamura Music All rights reserved.