読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器公式ブログ

全国展開している総合楽器店のスタッフが、音楽や楽器の楽しさや、楽器店にまつわるお話をお伝えします。

出荷直前のヒストリーをセットアップする「匠の物語」ギターリペア工房潜入レポ

みなさんこんにちは、そしてはじめまして。
商品開発課のヒストリーエレキ&ベース担当のヨシザワです。

今回は、ヒストリーシリーズが店頭に並ぶまでの過程をストーリー仕立てでお伝えしたいと思います。
ヒストリーは生産工場からそのまま店舗に納品されるのではなく、実は熟練のギターリペア技術者が丹念に精魂込めて仕上げたものを出荷しています。

それではさっそく、
「ヒストリーを愛しそのセットアップに生涯の全てを捧げたある男の物語」をご紹介しましょう。

GH-LSVの場合

まさに1対1の真剣勝負が始まった。

それはギターとの対話

光に反射させて、隅々までくまなく凝視している。キズや汚れは無いようだ。


「ストラップピンが抜けたり、ジャックが緩むと大変だ。僕が全部見てあげるよ」
 そんな事をつぶやいているような・・・気がした。





劇的すぎるビフォーアフター

「おお、君のナットはダイヤモンドの原石だ。僕が世界一のセレブにしてあげるよ!」
彼は心の中でそう誓って、ナットやすりを取り出しオペを開始した。

1.まず牛骨ナットの溝の深さと底面形状を整えている。

ナットはチューニングの安定性や弾き心地などギターの肝ともいえる最も重要な部分だ。
・・・そして彼は、謎の青い物体を6弦の1フレットと弦の間に挟んだ。


あれは何だ!真剣勝負真っ只中ではあるが、意を決して彼に聞いた。

匠の秘密兵器
1F上で弦とフレットの隙間を測るゲージ。彼が夜なべして自作したらしい。
赤い部分の厚さを4種類も作っている。ヒストリー設定値6弦は0.55mm、1弦は0.5mm。
6弦では0.6mmがきつくて、0.55mmが挟まる、0.5mmはややゆるい位がベストとのこと。
もう目視では見分けの付かないレベルだ。

2.弦の太さごとにナット上面をサンドペーパーで削る。適切な弦の沈みになるよう形状を修整。

躍動感溢れる研磨の様子は見るものに感動さえ与える。

3.最後はコンパウンドで手磨き。粗さは3段階あり次第に艶が出てきている。

指の関節がありえない方向に曲がっても彼の手が休む事は無い。ハブラシで溝の清掃をし終了。


<ビフォー>GHはオイル漬け牛骨ナットだ、問題無いのでは? 弦高0.7mm位か、やや高いな。


<アフター>おお、何と美しい輝きだ! 弦高は6弦1フレット0.55mm・・・精度が出ている!

最高のサウンドを追求

彼はおもむろにピックアップの保護シールを剥がしだした。(・・・せっかく貼ってあるのに何をするんだ!?)
たまらず彼に説明を求めると「1弦から6弦までベストな出力バランスにする」ということだ。
そう言うと、彼はアンプに繋いで各弦一本ずつ音量をチェックし、全てのポールピースを調整し始めた。
フロントは指板Rに合わせ、リアはシングルコイルのスタガードのようにし弦自体の出力差を考慮している。(作業の手を止めてしまいちょっと不機嫌そうにも思えるが気のせいだろうか・・・)


弦のテンション調整からオクターブ、各ピックアップの高さを調整し前後の出力バランスを整えている。


剥がした保護シールを貼りなおし、指板オイルを塗って総仕上げのようだ。
彼は仕上がったそのギターを良品置場に置いたかと思うと、ストイックに次のギターに取り掛かった。

私はどうしても、その仕上がり具合が気になり、完成したギターを弾かせてもらう事にした。
Aのコードのまま、5Fから12F、15Fと移動させて弾いてみる。ジャラ〜ン♪
・・・ああ、ハイポジションまで全くコードが揺れない。素晴らしいバランス。しかも弾きやすい。

一本のギターを出荷するまでにここまでやるのか!こんなメーカーなかなか他には無いだろう。
しかもここにある全てのギターのセットアップをするのか。100本はあるぞ・・・凄いスタミナだ。


もうこれ以上、彼の手を止めることは出来ない。(尖った工具類もある、きっとただでは済まないだろう)
私は身の危険を感じ、やむなくその場を立ち去ることにした。

そうだ、最後にこの言葉を彼に残そう。
‥‥「精度出てるね!」
それは彼にとって最高の賛辞だったのだろうか・・・彼の背中がかすかに微笑んだ気がした。

‥‥Fine

ストーリーは事実をもとに構成しています。(登場人物のキャラクター設定のみフィクション)

作業工程の順序は実際とは多少異なりますが、セットアップする内容はヒストリー2010モデルから全て実際に行っているものです。
※ナットのコンパウンド手磨きによる艶出し、PUポールピース調整はGHグレードの特別仕様

調整されたヒストリーのポテンシャルを体感してみてください。

今回のストーリーは一例ですが、このようにヒストリーは出荷前に手作業で一本一本調整を行い「持った瞬間にベストな楽器」を目指しています。
また、ヒストリーシリーズは、多くのプレーヤーのニーズに応えたさまざまなモデルをラインナップしています。

2010年から新しくなったヒストリーをぜひ店頭でお試し下さい。みなさまのご来店を心よりお待ちしています!

© Shimamura Music All rights reserved.