読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器公式ブログ

全国展開している総合楽器店のスタッフが、音楽や楽器の楽しさや、楽器店にまつわるお話をお伝えします。

帰ってきたサガテン君の「ベリンガーこんなのありますよ」Vol.0

ギター・ベースの話 デジタル楽器の話 レコーディングの話

オンラインストアのサガテンです。最近すっかり記事の更新が出来ておりませんでしたが、装い(中身)も新たに帰って参りました!

タイトルに「帰ってきた」と付いていますが、中身は別人です。

ウルト●マンと帰ってきたウルト●マンが別人って言うのと同じですね(o|o)シュワッチ

帰ってきたサガテン(の中身)はデジタル商品関連に偏重したデジタリアンなので、デジタル商品ばかりに記事が偏るかもしれませんが、生温かい目で楽しく読んで頂ければと思います。

今回よりスタートするシリーズ「ベリンガーこんなのありますよ」では、コストパフォーマンスに優れ、初心者からプロまで幅広い愛用者の多いブランド「BEHRINGERベリンガー)」の中から、アイディア次第で使い方色々な機材をご紹介していきます。

今回は今後の為に、まずは「ベリンガーとはどんなメーカーなのか?」をご紹介したいと思います。

歴史ある音響機器メーカー


ベリンガーの誕生は1989年。20年以上の歴史を誇る老舗メーカーです。

創設のきっかけは創業者であるユーリ・ベリンガーさんがロベルト・シューマン大学でピアノを学びつつプロの演奏家として活動していた頃、大学の音響機材の貧相さに呆れ、試しに機材を分解してみた所、「1000ドルで購入していた機材の原価が100ドル程度しかかかっていない」事を発見し、エフェクターの自作に取り組むようになりました。

販売してみると、安価で性能の良いエフェクターは好調に売れ、より本格的に販売を行う為に会社の設立をする事になりました。

1997年により高い品質の商品を提供する為に、ユーリ氏自ら工場のある香港に移住し、製造ラインの指揮に当たる様になりました。

2002年より中国中山市に自社工場「ベリンガー・シティ」を建設し、商品の生産を行っています。

ちなみにロゴマークは創業者のユーリ・ベリンガーさんのニックネーム(The Ear)に由来する耳をモチーフにしています。

どのような商品を扱っているのか

ベリンガーは音響機器全般を取り扱っているため商品は多岐に渡ります。

代表的な機材は以下のような物が挙げられます。

シグナルプロセッサー(ハウリングを防ぐアンチフィードバッカー等)


凄い種類ですね!
ベリンガーは他にも様々な機材(エレキギターや電子ピアノ等)も制作しています。
上記リストの様な機材の導入を検討されている方は、是非一度ベリンガーを検討していみると良いと思います。
その理由はベリンガー社の掲げるコンセプトにあります。

ベリンガーのコンセプト「Double the features at Half the price」

上記の言葉はベリンガー社のコンセプトなのですが、訳すと「性能は倍に、価格は半分に」と言う意味になります。

創設者であるユーリ氏がエフェクターを自作したきっかけがそのまま現在も受け継がれているんですね。

コストパフォーマンスは機材選びで重要な要素です。

例えば・・・

ギター用のコンパクトエフェクターは通常8,000円以上しますが、ベリンガーでは2,000円台から購入が可能です。

ベリンガーなら1台と言わず2台3台とエフェクターが導入が可能になります。

ラック式のコンプレッサーは専門的なメーカーの商品だと10万円を超えてしまい、なかなか導入の敷居の高い機材ですが、ベリンガーなら2万円程度から導入が可能です。

使用機会が少ない機材の導入は二の足を踏みがちですが、ベリンガーなら気軽に導入が出来ますよね。

次回予告

最後まで読んで頂き誠にありがとうございますm(__)m

少しでもベリンガーの魅力を感じて頂ければ幸いです。

次回より「ベリンガーこんなのありますよ」本格スタート致します!

第1回はヘッドホンアンプ「HA400」をご紹介致します。お楽しみ!

© Shimamura Music All rights reserved.