島村楽器公式ブログ

全国展開している総合楽器店のスタッフが、音楽や楽器の楽しさや、楽器店にまつわるお話をお伝えします。

「NAMM Show 2011」レポート AKAI・ZOOM編

こんにちは、バイヤー・コンノです。
最近、寒い日が続いているので、なんだかちょっと風邪気味で鼻水が絶えません・・・。
皆さんも、風邪をひかないようにご注意ください!!
では、今回は「AKAI・ZOOM」編です。

これは!!ZOOMから新しいMTR「R8」が発売予定!


Q3HDで勢いに乗っているズームから新しいMTRが発表されました!

近年、作曲と録音を一役でこなしてしまう、DAWの登場により、肩身を狭くしてヒッソリと存在していたMTRですが、昨年あたりから人気復活のきざしが見え始めています。

確かに、パソコンとオーディオ・インターフェースを持ち歩いて録音するより、小型ハードで録音するほうが手軽に録音でき、持ち運びも楽ですからね!


気になる機能ですが、2トラック同時録音、24-bit / 48kHz、全8トラックでの録音が可能で、32GBのSDHCメモリーカードに対応し、長時間録音する事ができます。

また、豊富なエフェクトを搭載し、本格的な録音ができるようです。

さらに、単三電池4本で使用できるそうなので、電源がない場所での録音も安心ですね!


この「R8」によって、MTR人気復活に勢いがつきそうです!


AKAI Professionalの新製品は、なんとギターエフェクト!

DJ出身の私としては、「AKAI」のブランドは“カリスマ”で、「AKAI」ブランドのサンプラー持っている友人は、身内の中でも一目置かれる、憧れのブランドでした。
そんなアカイから、まさかのギターエフェクター!
アカイのサンプラーはその音質の良さで有名になりましたが、ギターエフェクトでも「AKAI」らしい音質を期待したいですね!

 

レコーディングの老舗AKAIが発表する、オーディオ・インターフェース!


サンプラー」で培われた録音技術。レコーディングの老舗アカイが出す、オーディオ・インターフェースの音質が非常に気になります!

4イン(XLR/TRS) / 4アウト(TRS)で、なんと背面にはUSBポートが3つも搭載されています。USB接続のMIDIキーボードやドングルのために別途USBハブを用意しなくても良いのが便利ですね!

外見もAKAIならではの特徴的なボディで、ずっしりとした質感である事が伝わってきます。各所に見られるトグルスイッチや、青く光るVUメーターが気になりますね。

アカイの高い録音技術は、オーディオ・インターフェースに生かされるのでしょうか。

画面デカッ!!iPhoneでは無く、“iPad”専用コントローラ「SynthStation49」


この大きさの画面はさすがに圧巻。驚きです!

iPhoneiPod touchを搭載できる、SynthStation25と比べると、
PADが9つ付いたうえ、右側にはシーケンスのコントロールの録音・再生ボタンが!今度のアプリは、シーケンサー内蔵になるんでしょうか?
「SynthStation25」の時には、それほど衝撃は受けませんでしたが、やはり“iPad”が載ると圧倒的に印象が変わりますよね!
SynthStation25に対応していた「NanoStudio」や「NLog MIDI Synth」などの各社アプリがSynthStation49でも対応されてくると、かなり人気が出そうですね!
SynthStationとiPadアプリを色々組み合わせて、シンセを楽しんでみてはいかがですか?


NAMM Show 2011新製品レポートはまだまだ続きます!次回はどんな新製品が出てくるのでしょうか!?

© Shimamura Music All rights reserved.