島村楽器公式ブログ

全国展開している総合楽器店のスタッフが、音楽や楽器の楽しさや、楽器店にまつわるお話をお伝えします。

「NAMM Show 2011」レポート 初日おまけ?編

こんにちは。バイヤー タナカです。

NAMMの醍醐味の一つとして新製品情報をチェックするのも楽しいのでですが、ここでしか見れないような奇抜な楽器や光景などが見れるのもNAMMの楽しみ方の一つですよね。

という訳で初日に見つけた面白い楽器などをご紹介します!

NAMM会場の屋上からの風景


まずはこちら。NAMM会場の屋上(?)からの風景です。

遠くに雪山は見えるし、 ディズニーランドは見えるし、やっぱり風景は「アメリカ」です。

もの凄い12弦ベース


次はこちら。ものすごい12弦ベースです。
弦と言い、パーツと言いどうやって手に入れてどうやって作っているんでしょうね。



そしてこの方、どうやって弾いてるんでしょう?

近未来的なジルジャンのシンバル



そしてこちら。「2001年宇宙の旅」を思い起こすような姿ですが、ジルジャンの新しいシンバルです。
インパクトばっちりですが、詳細は良く分かっていません…

もし開催期間中に情報が入手できたらまたお知らせします。

派手なDWのドラムセット


更にこれ。DW社のドラムセット、ショー展示用モデルです。
写真だと伝わりづらい細部まで作り込み凄いです。映画「スチームボーイ」を思い起こしました。

超アナログシーケンサー(?)


箪笥のような機械にセットした本物の楽器が自動演奏されるものです。
ギターやバンジョー、様々な打楽器などがあるようでした。
島村楽器のお店でも販売するとしたら展示場所が凄いことになりそうですね。

どうやって使うか説明を受けないとわからないアイテム


ギターのプラクティスマシーンだそうです。
ギターにセットしてから赤や青のボタンを押すと、一つのボタンを押すだけでコードが抑えられることができ、だれでも簡単に演奏できる、というアイテムのです。
ボタン4つなので、演奏できるコードも4つのみ!
面白い事は面白いのですが、ギターが弾けるようになるかどうかは謎です。

セレブ限定?のフレット


これ、キラキラしていて綺麗なフレットだと思っていたら、ナント天然のクリスタルで作ったフレットだそうです。
「フレットをクリスタルにすることで一体誰が得をするんだろう・・・」という謎は一切解けないままだったのですが、見た目はとても綺麗で、ゴージャスな感じがしました。

以上で初日のレポートは終了です。
明日以降も出来るだけ多くのレポートをこのブログで発信していくので、どうぞご期待ください!

© Shimamura Music All rights reserved.