読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器公式ブログ

全国展開している総合楽器店のスタッフが、音楽や楽器の楽しさや、楽器店にまつわるお話をお伝えします。

2010秋 ローランド新製品発表会に行ってきました!その1

こんにちは。バイヤー タナカです。

お待たせしました!秋の新製品情報第3弾です。
今回はローランドさんの新製品発表会にご招待いただきました。

では、早速レポート!


今回の会場は表参道ヒルズの特設会場。
ローランドさんの発表会の特徴は、ステージ上の発表会を見て気になった新商品が会場内のブースで実際に体験できること。各ブースには説明員がいるので、その場でいろいろと質問できるのも魅力ですね!

ここからは、発表会の模様を商品別に動画とともにお届けいたします。
サウンドも是非チェックしてみてください。

BOSSコンパクトエフェクターのラインナップにNEWモデルが追加!

BOSS「Harmonist PS-6」&BOSS「Power Stack ST-2」

ギタリストにおなじみのエフェクターブランドであるBOSS。
今回、新たに2モデルが発売されます。

「Power Stack ST-2」は・・・

BOSSの中でも1番豊富なラインナップが揃う歪み系。そのNEWモデルです。
まずは発表会でのデモンストレーションをご覧ください。

ST-2の最大の特徴は、ゲインとサウンド・キャラクターを同時に変化させる「SOUNDつまみ」。
クランチからハイ・ゲインまで様々なジャンルにあわせた幅広い音作りができます。
そして「Power Stack」の名の通り、スタック・アンプ独特のパワー感があります。

王道の某アンプメーカーを彷彿とさせるカラーリングが施されており思わずニヤリとしてしまう遊び心あふれる外観。
スタック・アンプサウンドということもありライブはもちろん、レコーディングでも活躍できる1品ですね。

サウンドキャラクターが幅広いので、最初に使う歪みコンパクトエフェクターとしてもおススメです。
自分の好みのサウンドを見つけてみてはいかがでしょう?

「Harmonist PS-6」は・・・

前機種「SUPER Shifter PS-5」の後継機種にあたる定番ピッチ・シフタータイプ。
新機種はスーパー・シフターからハーモニストと冠を変えて登場です。
それではこちらの動画をご覧ください。

前機種では2声までだったハーモニー機能を3声に強化し、ハーモニストの名にそぐわぬ1品に仕上がっております。
前機種同様、キーを指定することで最適な和音を選択できるのですが、操作しやすいようにフロントパネルのデザインを一新。タナカ的には、このような細かな心遣いが非常に好印象です。
また-3オクターブから+4オクターブまでの幅広いピッチ・シフトを可能にした新開発の「スーパー・ベンド」が搭載。
この機能により超高域音から、ベースを超えるファットな重低音まで表現できます。

ピッチ・シフターを使うことはギタリストにとって演奏の幅を広げる便利なエフェクター
しかし、いまいち使い方がわからず敬遠してしまっていた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
動画を見ていただければ、活用方法のヒントがありますので、是非、足元に加えてみてはいかがでしょう?

発売は両機種ともに9月17日予定。
販売価格は、

ST-2 ¥10,500(税込)
PS-6 ¥15,750(税込)

を予定しております。

ROLANDのアンプCUBEシリーズが歪みサウンドをさらにパワーアップし「CUBE XLシリーズ」へ進化!

自宅練習用からステージ用まで幅広いラインナップを持ち、サウンドの良さと搭載エフェクトに非常に定評があるCUBEシリーズ。前機種「CUBE Xシリーズ」を踏襲しながら、サウンド面だけでなく、音を追求したキャビネット設計までも一新し、今回の「CUBE XLシリーズ」へと進化を遂げました。

前機種のラインナップにあった30Wモデルがなくなり、40Wへと変更になりました。
15W/20W/40W/80Wの計4種類。「CUBE-15XL/20XL/40XL/80XL」が発売になります。

今回デモンストレーションで使用しているのはライブ・ステージでのパフォーマンスも可能な80Wモデル。
まずはそのサウンドをお聴きください。

今回着目すべきはなんといっても、極限的なハイゲイン・サウンドの中に粒立ち・キレの良さが光る新しい歪み系エフェクト「EXTREAM」を全機種に搭載していること。
また「CUBE-20XL/40XL/80XL」には、自身の演奏している音に加え、更に1オクターブ下の重低音が追加される一風変わったエフェクト「HEAVY OCTAVE」を追加。「EXTREAM」と組み合わせれば、重低音で迫力のある極上の歪みサウンドに仕上がります。

ローランドのアンプといえば、クリーン・サウンドに定評のある「JC-120」が有名ですよね?
しかし「CUBE XLシリーズ」はそれとは対照的な歪みサウンドにこだわりぬいた印象です。
開発者の方の「歪みもまかせとけ」という強い意志が伝わってきますね!

待望の発売は
CUBE-15XLは9月17日
CUBE-20XL/40XL/80XLは10月下旬
販売価格は、

CUBE-15XL ¥13,800(税込)
CUBE-20XL ¥17,900(税込)
CUBE-40XL ¥23,800(税込)
CUBE-80XL ¥39,900(税込)

を予定しております。

ここでちょっと番外編

新製品発表会の中で、ローランドさん主催のイベント「BOSSループ・ステーション・ワールド・チャンピオンシップ」の紹介がありました。

ループステーションとはギターやヴォーカルなどのさまざまな音をリアルタイムに録音し、それを再生しながらフレーズを重ね、最終的に重厚なアンサンブルや曲をリアルタイムにつくるフレーズ・レコーダーで、現在、3機種のラインナップが発売されております。


コンパクトエフェクタータイプの「RC-2」



ツインペダルタイプの「RC-20XL」



ボードタイプの「RC-50」


そしてこのループステーションを使ったパフォーマンスを世界規模で競い合うイベントが
「BOSSループ・ステーション・ワールド・チャンピオンシップ」です。
楽器やジャンルに問われず、様々なプレイヤーが参加するこのイベントは、今までの楽器演奏の常識を覆すほどの衝撃!

今回の新製品発表会では特別に中西俊博さんによる
ヴァイオリンでのループパフォーマンスが披露されました。

当日の映像はこちら

どうでしょう?
主旋律に和音を重ねたり、エフェクターを使って効果音を加えたりと
様々な演奏スタイルが重なりアンサンブルが構成されております。

ループステーションがBOSSから発売されていることもあり、
ギタリストやベーシスト向けの商品というイメージがあったのですが、
今回のヴァイオリンの演奏を見ていると、どんな楽器でもパフォーマンスができそうですね。

無限の可能性を感じるループステーション。
全てのミュージシャンにとって挑戦しがいのあるテーマだと思います。

本年度の日本予選は終了してしまいましたが、
次大会に備え、今から練習をはじめてみてはいかがでしょう?

ループステーションは

RC-2 ¥19,500(税込) 島村楽器オンラインストアへ
RC-20XL ¥29,800(税込) 島村楽器オンラインストアへ
RC-50 ¥49,900(税込) 島村楽器オンラインストアへ

にて好評発売中です。

新製品はまだまだございますが・・・

今回の記事はローランドさんの新製品発表会の中からギター関連商品を中心にご紹介しました。
次回は「2010秋 ローランド新製品発表会に行ってきました!その2」と題しまして
デジタル機器関連を中心にお届けしたいと思います。

今回紹介しました新商品は全国の島村楽器で予約受付中!
島村楽器は、みなさんのご来店を心よりお待ちしております。

それでは次回の記事をお楽しみに!

© Shimamura Music All rights reserved.