読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器公式ブログ

全国展開している総合楽器店のスタッフが、音楽や楽器の楽しさや、楽器店にまつわるお話をお伝えします。

クラシックギター「レイモンド」開発の旅 - スペインからその後

商品開発の話 ギター・ベースの話

こんにちは、商品開発課ブログ担当のゴータローです。
そんなわけで スペインにやって来ました。
(もう帰国してますけど…)
せっかくですから、楽器の話だけではなくて
少し、スペインの様子をご紹介しましょうか。

バレンシアです

そうそう、スペインと言っても広いですね。
ゴータローが来たのは
バレンシア
です。
バレンシアオレンジ
で有名ですね。

仕事が終わって、夜ごはんに行きます。
ついでに、町の楽器屋さんをのぞいてみました。
スペインの楽器屋さんて…
う〜ん、さすが!
日本の楽器屋さんだと
エレキが並んでいるようなところに
ずら〜っとクラシックギターが。
あとはピアノがあって
ドラムがあって…
割と普通です。
日本メーカーの製品も並んでました。
海外で身近にある日本の物を見ると
なんか嬉しい気がします。

後で聞いてみると
やっぱりスペインの若者にとって
エレキギターはそれほどメジャーでは無いそう。
お国柄 なんでしょうね。

おなかがすいてきたので
表に出ます。
ご飯を食べて
散歩がてらホテルまで歩いていると。

こんなのでてきました。


じゃじゃん。

レストランの近くにありました。
バレンシア大聖堂 と言うそうです。
かなり有名な所らしいので
旅行などで行かれたことのある方、いるかもしれませんね。
普通の街並みから、いきなり現れたので
ちょっとびっくりしました。
“聖杯”が保管されている場所
として有名だそうです。
インディ・ジョーンズもびっくりです。

こんな所もありました。

ででん。

なんという建物なのかはわからないのですが
由緒正しそうな感じです

なぜ夜の写真かといいますと
昼間は仕事中だから 仕方ないのです。
スペイン というと
真っ赤な太陽 とか。
情熱的なイメージがある気がしますが
夜は夜でまた情熱的なのかな、と。

さてさて2回に分けてお送りしてきたスペイン篇
今日はそろそろお別れですが…
次回、完結篇へと続くのです。
ってなわけで、また!!

© Shimamura Music All rights reserved.